心理学や日本文学に精通しているnonoのおすすめ記事

本とコーヒー

この記事は約 3 分で読むことができます。

 かつてAKARIのライターとして活躍していたnonoさんのおすすめ記事を紹介します!
 nonoさんは心理学や日本文学に精通し、今でもキーワード検索で上位に入る、質の高い記事をたくさん残して下さいました。今回はそれらの記事から厳選したものを紹介させて頂きます!

心理学をテーマにした記事

 これらの記事は心理学に関心の強いnonoさんが書かれた記事になります。一番上のペルソナとシャドウの記事は今でも検索上位に入り続けています。よければ他のとも合わせてご覧になって下さい。

私の中にいる違った私、「ペルソナ」と「シャドウ」って?

データへのバイアスと偏見

「バーナム効果」何でも言い当てられているように思えるマジック

「ステレオタイプ」は先入観の元

【傍観者効果】困っている人を助けられないのはなぜ?

集団浅慮の落とし穴~みんなで考えた方が間違いやすい?

文学作品をテーマにした記事

 nonoさんは日本文学の考察も得意分野としてありました。1つはAKARIの記事ですが、もう一つの地獄変に関する記事はpotariという佐賀のアートなどの情報サイトに投稿されたものです。こちらもサイト内でアクセス数が非常に高い記事の一つです。

芥川龍之介『河童』の考察―他人をうらやむ心理と現実逃避について

『地獄変』に見る芸術至上主義の極致

最新の情報や社会問題をテーマにした記事

 nonoさんは最新の情報や社会問題にも敏感でした。こちらも併せてご覧ください。

分身ロボット「OriHime」の挑戦―「分身」でできることを増やす―

未来の義手・義足は何ができるか―広がる『義肢』の可能性

VR技術でつくる「バリアフリー社会」

闘病コメディ漫画「腸よ鼻よ」指定難病と闘う漫画家の記録

その噂、本当ですか?「フェイクニュース」に要注意

新しい遺伝子技術「ゲノム編集」って何だろう?

AIはどこまで賢くなれるのか?シンギュラリティとAIの未来

誰でも見やすい「カラーユニバーサルデザイン」のススメ

私のASD(自閉症スペクトラム)について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です