関節リウマチの発病で起きた気持ちの変化

荒波

この記事は約 4 分で読むことができます。

 前回の記事は病気の発病と初期症状まで書きました。

発病したことで、それまでしていた仕事には就けないだけでなく、仕事の選択肢が限られたことを意味していたのです。

病気になってから・・・

その頃の私は、ハローワークの職業訓練の内容を見て応募していました。
受かった時は短期でも3ヵ月間でも、ありがたかったのです。

監視・干渉してくる家族のいない家にいなくてもいい、逃れられるという思いでした。

就職には繋がりませんでしたが、その間は資格を取るという目標ができました。

職業訓練も続けて受けれたのか?どうかは忘れました。

仕事探しはいつでも・・・

友人に誘われて、連れていかれたのが友人の職場だったのです。それでも、迷いはありましたが、仕事に就くことにしました。しかし、結果的には長く勤めることはできませんでした。

事務系でこれならと思って応募するのですが、届くのは不採用の通知を受け取りました。持つ、運ぶ、抱えるの日常生活に支障があると、採用してくれるところはなかったのです。

それからの体に変化は・・・

関節リウマチは、初期の頃は痛みがあちこち散らばっていたのですが、いつの間にか痛む場所が固定されていました。

手の状態も、腫れやむくみで動かしづらかったり、手の感覚に違和感があると気分も落ち込みました。

そのうちに、手首や指に「うん?」ということが起きてきたのです。

時間をかけて変形してきた骨が、わかるようになった時に、厄介で進行していく病気だ!と知らされることになったのです。

過去に書いた記事です。

この時も、家族から受けるストレスとてもきつかったのです。

私が少しずつ悩ませることが・・・

手首を曲げる角度が少し狭く感じた時の違和感を、いつだったか忘れました。

病気は少しずつ私の関節を壊して、ここまできたことをどう受けとめたのか?その時の気持ちは?どこかに置いてきたのだと思います。

時間がたつにつれて、私は病気が進んでいたことに気づいた時には、見過ごしていることが多かったのです。

また、更年期障害にうつ病まで私を苦しめる!なんて思いもよりませんでした。

更年期障害も私には辛いことばかりで、まいりました。

それよりも、うつ病になった原因はストレスと当時に関わった人によって、起こされた結果といってもいいのかもしれません。

過去の記事を貼り付けました。

それからの私は・・・

関節リウマチ、更年期障害、うつ病の3つを抱えて、自分がわからなくなるだけでなく、

人との接し方もわからなくなっていました。

誰かと話をする、子どもと話をすることもできなくなり、田舎にいることも息苦しさを覚えたのです。

誰も知らない所に行くと、それまでの息苦しさが嘘のようになくなるけど、月日がたつとそこも息苦しくなってきました。

どこにいても「心の静寂」はえられませんでした。

まとめ

社会人になった時にこんなことが起きる!なんて予想もつきませんでした。

こうして自分史を書いていても、抜け落ちたところあるのは辛くて思い出すことも嫌で、

当時の気持ちでイライラ・なんで」ということを思い出すこともなくなりました。

生きていくうえで、忘れることも多くなったかわりに、人とどう関わってきていたのかも忘れています。

うつ病とリウマチをもつOceanのおすすめ記事

HOME

荒波

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

私は関節リウマチになっていろいろな制限があります。その他にも困難なこともありますが、今その時々を楽しむように頑張っています。読書に風景・動植物にいやされています。