うつ病viviの治験日記#1「二度目の治験申請」

この記事は約 2 分で読むことができます。

二度目の治験申請

 

やっと、うつ病の治験を受けられるかもしれないということになった。

前回のは、選考に漏れてしまったので受けられなかったけど、それが今度受けられるかも知れない。

月曜日に病院にいった時、主治医がひょこっと口にだした。

「治験の申請をしてるからね」

今度の治験は6月末に行われるらしい。

ただし、今、服用しているラミクタール錠を飲んでるとその治験を受けられないそうで、今朝から減薬中。

今度の治験の薬は、鼻から吸い込むタイプらしい。躁うつ病の薬と言ってたような気がするけど、今の私には、躁はほとんどない。低空飛行だ。でも、主治医が進める治験だから信じられる。

ラミクタール錠
・けいれんなどの発作をおさえるお薬です
・脳の神経の過剰な興奮をおさえる働きがあります
・躁状態やうつ状態の再発をおさえるおくすりです

治験とは?

製造メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として、世に出すためには、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されてます。この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験」と言います。

治験を受けたら、うまくいけば元気になれる。…と思う。

それに、改めて検査を受けて、私が、どんなうつ病なのかもわかる。

そしたら、今までの薬の見直され頓服薬も変わるかも知れない。

それから頓服薬の飲みすぎも解消されるかも。

それに、「風呂上がりの憂うつ」も解消されるかも。

でも治験中、これが襲ってきたら頓服薬を飲めるだろうか?それが不安。

頓服薬飲めないのはつらいな。でも、頑張るしかないね。どうか、頓服薬飲めますように。

まだ決まったわけではないから、今は、返事を待つばかり。

6月末だから、中旬にはわかるよね。

前のこともあるから、あんまり期待はしないようにしよう。

だけど、「うつ病の治験」やっぱり受けてみたい。

頑張るよ私。治験の薬頑張って飲むよ。いや、吸いこむよ。効くといいな。

うつ病viviの治験日記#2「治験への道のり」

2018.06.05

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)