うつ病viviの「頭の中が壊れる前に」

この記事は約 6 分で読むことができます。

うつ病viviの「頭の中が壊れる前に」

はじめに

この頃、あることで悩んでいます。

「このこと」は前にも似たようなことをいくつか話したかと思います。

そのなかでも「特に今悩んでいて困っていること」があります。だけど「このこと」まだ主治医に相談していません。だから専門の病院にかかったりもしていません。なぜかというと「よし今日こそ」と思っていても「その時」は「そのこと」はもう忘れているからです。

それにまだ大丈夫と思っている自分がいます。だけど本当は気になって心配しています。

例えばこんな時もあります。

「このこと」が起きる場面に出くわすと「あれ?まただ・・おかしいな。どうして?」と落ち込んで悲しくなって怖くなります。

「まさか!」「違う違う!」「きっと違う!」


そんなわけで今回は、なかなか口に出せない「特に今悩んでいるこのこと」を思い切ってお話しようと思います。

いつ頃から?

多分3,4年前。いえもっと前からかもしれません。

少しずつ少しずつおかしくなってきました。はじめは「私がバカだから」と片づけていました。だけど最近は「なんかおかしい」と思うようになって不安になっています。

「私がバカだから」


元気だった頃はこれで片づけてしまうのは本当は嫌でした。笑ってごまかしてはいたけれど、本当はすごく悔しくて自分を責めて「二度と繰り返すものか」と思っていました。また元気だった頃、私には高いプライドがありました。だから余計に悔しくて、どうしてこうなるのかと悔やんでいました。

いつからこうなってしまったのか?と思い出してみると、やっぱりずっと前からのような気がします。だけど今ほど目立ってはいません。それがだんだんだんだん少しずつ酷くなって人に迷惑をかけるまでになりました。

そのたびに落ち込んで情けなくなってしまいます。今の私にとって「このこと」は悩みのひとつになっています。

「このこと」

「このこと」が起きると頭の中が真っ白になります。

頭の中が真っ白になって、空っぽになって何もできなくなって悲しくなります。

まだ元気だった頃は、そんな状態になっても挽回できました。人の何倍も努力すれば追いつくことができて追い越すこともできた。

だけど「今はできない」んだと始めから諦めて悔いるばかり。

簡単な計算もできません。人の話は右耳から左耳に抜けていきます。だから話を聞き取れず理解ができません。それがテレビでもラジオでもです。こうなると記憶することが困難になります。ですから覚えないといけない時は相当の集中力が必要でとても疲れます。

とにかくメモをとろうとペンと紙ををもってみても「いざ」となると今度はメモをとれません。飲み込みが遅く言葉の数々が頭の中にとどまらず抜けていきます。

またテレビを観ていても、目を開けてテレビの方を向いているだけ。ボーっとして観ているようで観ていないことが最近よくあります。例えば通販などの番組で、今のいくらやった?と聞かれても「ハッ」と我に戻り「見ていなかった」と答えては不審がられます。

どんな場面で?

「このこと」が起きるのは毎回同じ場面です。いくつかのパターンがあります。

何かを教わっている時

何かをしようとしている時

何かを説明しなければならない時

人前で計算をしなければなくなった時、それが簡単な計算でもできなくなる

また、人前で電話をかける時やPCのキーボード操作する時

またこんな時も・・

人目がある時・人がそばにいる時

音や話し声が気になる時

急に話しかけられた時等

上記は「このこと」起きる時と起きなかったことが起きるようになった場面があります。

まさか!

もうひとつ気になっている「このこと」があります。それは物忘れ。多くは言葉です。あれは何だったかなぁ?あの言葉はなんだったかなぁ?大抵はすぐ思い出せますが思い出せない時は数時間かかります。

最近特に言葉の物忘れが酷くなってきたので、いろんなことを想像してしまっています。

あとは人の名前。顔はわかるのだけれども、どこの〇〇さんかが思い出せない。

芸能人や著名人の場合はGoogleすれば思い出せます。でも一般人だといつまでもわかりません。思い出すのを待つばかり。思い出すまでは他のことを考えることもすることもできなくて苦しくて頭が締めつけられ集中力がなくなります。

どうしたんだろう?私。


まさか、これが一般的に言う「物忘れ?」それとも、まさか「認知症?」「アルツハイマー?」なんでしょうか?
「そんなわけない」といろんなことを考えてしまっては不安になってしまいます。

参考:厚生労働省 みんなのメンタルヘルス
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_recog.html

参考:Doctors File 認知症とは
https://doctorsfile.jp/medication/7/

原因?

いつからこうなってしまったのでしょうか?原因はなんでしょうか?

まだ元気だったころにもあったようだけど、目立ったきたのは多分3,4年前。それも少しずつ少しずつ「これ」は起きていました。

3,4年前といえば転院をして大量に飲んでいた精神安定剤を減薬断薬していた頃です。朝昼夕、寝る前に飲む薬。その他4種類の頓服。これらを減薬して断薬できるものは外して他のに替えたりされました。はじめはきつくて耐えられなくて苦しくて泣いていました。

今ではこれにもう慣れて頓服も二種類でなんとか持ちこたえています。

とは言え、私は今回の「このこと」に関係しているのではないかと思っています。

私は10年近く続けてきた、少しのOD(オーバードーズ)をしてきたことを気にしています。

それは、この「特に今悩んでこまっていること」の原因が少しのOD(オーバードーズ)を続けてきた末路かもしれないということです。

今更悔やんでもしかないし薬のせいだとは思いたくないけど少しは関係あるかもしれない。自業自得です。

参考:杉浦こころのクリニック
https://sugiura-kokoro.com/clinic/yakubutsu-ryouhou06-2.html

おわりに

「このこと」とは「特に今悩んでいること」

つまり物忘れのような認知症のようなそんなことでした。

考えすぎ気にしすぎだと思うけど、やっぱりつい不安になって疑ってしまいます。

テレビを観ていても観ていない。

なんかおかしい・・。

今はまだ壊れるわけにはいかない。もうこれ以上壊れたくない。

今は、まだ壊れた部分を修復させている最中です。ここでまた壊れたら・・。

だから、早め早めに今度こそ主治医に話してみよう。

繰り返してきた少しのOD(オーバードーズ)が原因かもしれないけど

頭の中が壊れる前に

今度こそちゃんと相談します

うつ病viviのおすすめ記事10選! 復帰作、人気作詰め合わせ

HOME

1 個のコメント

  • 記事を読ませていただきました。不安を感じているのが伝わってきて、今より少しでも症状がよくなることを祈っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。