うつ病viviの「最後の執筆~さよなら~」

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病viviの「最後の執筆~さよなら~」

 

ずいぶん長い間ありがとうございました。

私は2021年10月31日をもって、ここTANOSHIKAを、そしてAKARIへの執筆を辞めることになりました。

11年ぶりに一般社会へ再就職します。これまでいろんな事をAKARIに書いてきました。

書きすぎて恥ずかしいくらい、非公開のものを含めいろんなことを書いてきました。

私がここTANOSHIKA 就労継続支援A型事業所を利用するようになったのは2017年4月。4年と6か月。様々なことがありました。

思い出せば楽しかったこと辛かったこときつかったこと。腹がたったこともありました。

それでもここにいたのは残念な事に居心地がよかったからです。

始めの頃はぼんやりしてました。精神安定剤を一日中飲んでODしていた頃で、正直はっきり思い出せません。とにかくぼんやり。過去を捨てることができず、そのことばかり考え「心ここにあらず」。ただ毎日の作業を繰り返す。それだけ。

正気を取り戻し始めたのは昨年春頃だったと思います。

ぼんやりしていた頭がはっきりしてきて、現実をみれるようになりました。

いくつかのある出来事が起こるたびに「辞めたいなぁ」「もうここにはいられない」と思うようになりました。どんなことがあったのか、それは控えます。

勿論、それだけの理由ではありません。経済的年齢的に考えなければならない時がきたのです。今やらなければ社会から溢れてしまう。

そんな具合で昨年~今年に「辞めたいなぁ」と漠然とした気持ちを抱くようになり、その気持ちがだんだん膨らみ先月「よしっ!」と心を決めました。

それから早速、本気モードでハローワークの求人を見て手始めに応募し書類選考通過、第一次面接で内定を頂いたのので、そこに決めました。

長い間、短い間お世話になりました。

一般就労することは主治医からまだまだと言われていましたが、待ってたらあと何年かかるかわかりません。それまでは待てません。やる時はやる。やってみる。

長く居すぎて大切な時間を失ったような気もしています。

だけど、それはそれで「まっいいか。楽しい時もあったからいいか」と思っています。

支援員さん方、皆様「ありがとうございました。さようなら」

 

うつ病viviのおすすめ記事10選! 復帰作、人気作詰め合わせ

HOME

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。