知ってほしい!『低容量ピル』について

この記事は約 4 分で読むことができます。

私は、重度の月経不順でした。

生理が1年以上こなかったり、1ヶ月間も出血が止まらなかったり…生理痛もひどく寝こんでしまうこともありました。

生理不順は10代の頃からで、20代の頃に、何度か産婦人科に通って治療しようとしたのですが、産婦人科の先生と相性があわず、「生理不順は、うつ病で飲んでいるジェイゾロフト(当時)のせいだから、飲んでる間は治療できない。」と言われてしまい、精神的にも不安定だったので、ジェイゾロフトを飲まないわけにもいかず、どうしようもできなくなり、治療をあきらめてしまいました。

精神科の主治医に相談したところ、「飲まない訳にもいかないし、副作用の関係はほとんどないはずなのだけど…」と言われました。(通わなくなったのは、他にも内診の時の対応などで、不信感があったので、お薬の話だけではありません。)

まだ20代だし、同じように生理不順だった母や、妹も問題なく妊娠して、子供を出産しているから、大丈夫だろうと結論づけて、考えてしまったのです。

しかし30代になっても相変わらず、生理不順のままでした。さすがに、このまま不順のままで、放置していてはダメだろうと、考えるようになった矢先に、私は仕事を辞めて引きこもってしまいました。

その時、せっかく時間があるのだから、体の悪いところを治すなら今だ!と思い立ち、産婦人科ではなく、婦人科を探し(産婦人科は妊婦さんが、優先されていそうと、私が勝手に感じていたのです。)勇気をだして行ってみました。

久留米市内にある婦人科を見つけ、行ってみると担当の先生は優しく対応してくださいました。

内診もとても丁寧で、今の私の子宮がどのような状態なのかを、詳しく説明してもらいました。

気になっていたジェイゾロフトの件も、聞いたところ「それは大丈夫でしょう。ジェイゾロフトは気にしなくてもいいよ。おそらくご家族も不順なら、遺伝的な要因かもしれないね。」と言って下さり、

「低容量ピル試してみる??」

と一言。

その言葉を聞いた時、「ピルって、海外とかでよく使われる避妊薬だったような?」ぐらいの知識しかなく、まずは処方してもらい、詳しく調べてみることにしました。

避妊だけじゃないピルの効果とは

私も最初は、ピル=避妊という図式が浮かびました。

実際、ピルは経口避妊薬として、安全で確実な避妊効果があります。

しかし、効果は避妊だけではありません。

月経困難症、月経痛の軽減

子宮内膜症の治療

良性乳房疾患、子宮内膜症、子宮体ガン、卵巣ガンの発症の低下

にきび、多毛の改善

生理がコントロールできる

などの効果があります。

メリットは様々ですが、私が一番助かったのが、生理痛が軽減されたことと、生理がコントロールできるようになったことです。生理の開始日が、自分で決められるので、予定がたてやすくなり、体調が悪くなる日を前もって知ることができるようになりました。

ただし、服用を始めて以下のような副作用もでる場合があります。

吐き気、頭痛

乳房の張り

不正出血など

このようなマイナートラブルが起こることがありますが、1〜2ヶ月ほどで症状はおさまります。

私もピルを飲み始めて、少しの不正出血がありましたが、すぐに治り今では毎月生理がくるようになりました。

※重篤な副作用として血栓症の発病リスクがありますが、発症率は決して高くなく、定期的な血液検査など医師の指導を受けましょう。

ピルというとどうしても、避妊薬と思われがちですが、私のように生理不順などで悩まれているのなら、医師に相談してみるといいかもしれません。

低容量ピルが多くの女性に知ってもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です