レジ袋よりエコバック? 良い点・悪い点を考察しました。

エコバッグ

この記事は約 11 分で読むことができます。

レジ袋からエコバックへ

7月1日から、レジ袋が有料になりましたね。
洋服を買うときも、薬局に行くときも、コンビニまで有料になりました。
「これから有料かよー…」「用事の帰りにふと寄るときもあるし、常に持ってなきゃいけないのか…」と思う人もたくさんいることでしょう。
でもわたしは、全面有料になる前から、エコバック(というより以前からストックしていたレジ袋)を使っていました。先取して、近所のスーパーやホームセンターが既に有料化していたので、買い物に行くときは何かしら持って行ってました。
しかし、これが全ての店舗となると、やはりかさばるなぁ、と思っています。
そこで今回は、既に需要があるエコバックの良し悪しについて調べてみました。

エコバックのメリット① もちろん経済的にエコ

今まで無料だったレジ袋。
有料となった今では、大きさによって値段は変わりますが、大体3~5円が一般的な料金のようです。
「3円くらいなら、大した金額でもないし…。」と思う人が多いと思います。

3円のレジ袋を、一日最低1回買って使うと仮定しましょう。
単純に計算して、365日×3円=1,095円、ほぼ1,100円です。
そんなに痛手じゃないな、と思う人もいると思います。

これを節約すれば、雑誌の一冊は買えます。
百円ショップでは、10品買うことができます。
カフェでランチもできますし、350円のスイーツを3つ買うこともできます。

買い物をするのが一日3回することも珍しいことではないでしょう。
5円のレジ袋を一日1回購入すると考えたときは、365日×5円=1,825円、ほぼ1,850円です。

ユニクロで何か1着買うこともできます。
コスメやスキンケア商品も買えるでしょう。
ちょっとした家電製品も買えるかもしれません。
さらに、風邪をひいたときの診察代に使うこともできるでしょう。(これは完全に私の考えですが)
もし買い物に3回くらい行かなければならないときには、さらに出費が増えるでしょう。

一年でこれくらいの出費なら大したことないな、と思う人もいれば、節約して他に充てたいなという人もいるかと思います。わたしだったら、節約したお金でエコバックを購入して、来年からはそれを使って出費を抑えようかな、と思っています。

んー、わたしはそう考えるんですけどね。

エコバックのメリット② 環境にも優しくなる

エコバッグを持参しない場合、普段スーパーなどで何気なく貰っているレジ袋の使用後はそのまま捨ててしまうかと思いますが、大量廃棄によって環境問題を含む様々な問題を引き起こしています。

自然状態では分解されないため、山や海などでは捨てられた袋がそのままゴミとなって残り、野生動物が飲み込んで窒息や、消化できずに命を落とすという問題も起きています。

レジ袋は、石油から作られるポリエチレンなどの合成樹脂を原料に製造されていて、1枚を製造するために約20mlの石油を使用しています。また、レジ袋の製造・焼却時には、地球温暖化の原因となるCO2が排出されますので、レジ袋を使わなければ、その分の資源やCO2排出を削減することができます。

エコバックのデメリット① 常に持ち歩き、場合によっては複数必要

先ほども言いましたが、これからは買い物に行くたびにエコバックの持参が必要です。
一日に1回、3回行かなければいけない人もいれば、毎日は行く必要がないという人もいるでしょう。
そして、帰宅途中などに、予定していなかったけれど突然買い物をしなければいけなくなった、という人もたくさんいると思います。

それを考えると、エコバックを毎回持ち歩かなければならないのです。
正直、荷物が増えます。

わたしは以前からレジ袋をストックするのが趣味(笑)で、かなり持っているほうなのですが、エコバックの代わりにバッグに入れていこうと思っても、それでもかさばります。

エコバックのデメリット② 定期的に洗わなければ衛生面で問題

お客さんが持参したエコバッグは、衛生面の観点から必ずしも歓迎されていないようです。

ウェザーニュースが2020年7月1日に配信した、エコバッグに関する調査の記事では、エコバッグ所持者の半数以上にあたる54%がバッグを「ほぼ洗っていない」と回答しています。

農林水産省によると、野菜に付いていた土や食品の汁などがエコバッグに付着したりすると、臭いの原因になるとのこと。見た目は汚れていなくても、湿ったままにしておくと細菌が増殖することも。

重要なのは定期的に洗うことです。洗濯または手洗いし、洗った後はしっかり乾かす。次に、肉、魚、野菜は直接エコバッグに入れず、ポリ袋に入れる。肉や魚の汁、野菜の土がエコバッグやほかの食材に移らないようにするためで、使用したポリ袋は再利用せず捨てるように、とのことでした。

しかし、生鮮食品をポリ袋に入れて、1回使ったら捨てるとか…、本末転倒な気もするのはわたしだけでしょうか。

全面有料化されて、実際に困ったこと

エコバックが有料になってから、買い物に行って困ったことがありました。
コンビニです。

スーパーや薬局などと同じく有料化されたのはいいのですが、コンビニは自分で袋詰めするためのカウンターが無いのです。1~2品ならいいでしょう、この間飲み物・お菓子・ホットスナックなど、結構な量を購入したとき、商品を袋詰めするのに時間を要しました。

それはいいのです。
しかし、それをするカウンターが無い!

レジで袋詰めにあたふたしている間、後ろのお客さんは待たなくてはなりません。
これがお昼のランチ時だったらどうなるんでしょう。
特に思うのが、お弁当を温めて貰った時。「袋は付けますか?」と聞かれている人がいましたが、それは付けてもらわないと困ると仰っていましたよ。

いえ、店員さんに何をしてほしい、とかそういう訳ではないんですけどね。

街の人の声は?

レジ袋が有料化されたことへの、街の人の声です。

賛成派の意見

・推進していくべきだと思う

・プラスチックバッグよりもマイバッグの方が肩にかけられたり丈夫だったりと、持ちやすい

・世界的にはレジ袋有料は常識なので日本でもそうするべき

・多くの人がマイバッグを持つことで、小売店側もコスト削減できる

・有料化で不要なゴミが減ればいい

反対派の意見

・環境問題の解決にはならない!

・アパレルでやられると…服などが入るほど大きなエコバッグは持ってないので困る(有料化しても数円だから買ってしまう)

・エコバッグと言いながらリサイクルできないエコバッグも少なくない

・環境に良いことだとは思うが、経済的負担も考えていただきたいと思う

・レジ袋をなくしていくためにマイバッグを大量に作るのは本末転倒だと思う

 

…と、それぞれの意見があるようです。

【メルマガ会員に聞きました】レジ袋・買い物袋の有料化に賛成ですか?
https://senken.co.jp/p/census-190601

 

エコバックを使う楽しみ、有名ブランドからキャラクター仕様のものまで様々

レジ袋の有料化に伴い、今後需要が増えるであろうエコバック。
毎日使うからこそ、気に入った、持っているとテンションが上がるようなエコバックを持ちたいものです。

有名高級ブランドも、オリジナルのエコバックを販売しています。
誰もが聞いたことのあるようなものばかりです。
GUCCIやCOACHなどの有名ブランドからも販売されています。

人気のブランドエコバック18選!高級ブランドやメンズブランドまで 
https://macaro-ni.jp/57468

グッチのエコバッグ

有名キャラクターのエコバックもあります。
ディズニー、サンリオ、ジブリetc…子供だけでなく、大人になっても愛されるキャラクターばかりです。

どんぐり共和国商品ページ「ekobag」の検索結果
https://www.donguri-sora.com/products/list.php?mode=search&name=ecobag

ジブリのエコバッグ

【公式】ショップディズニー|エコバッグ・ショッピングバッグ https://shopdisney.disney.co.jp/fashion/bag/shop-bag/

日本ならではの伝統技術を用いたものもあります。
例えば、着物の製法で使われる『絞り』。
軽くて、伸縮性が特徴の絞りは、たくさんの商品を入れることができ、実用的です。

近畿経済産業局ウェブサイト「日本の伝統的技術・技法を用いた商品で「世界市場の開拓」へhttps://www.kansai.meti.go.jp/E_Kansai/page/201511/03.html

着物の絞りのエコバッグ

奄美の伝統技術を使ったエコバック。
本場大島紬の技術を応用し、回収したレジ袋に絹を使った新素材を使用、奄美大島の職人の協力を得て開発されました。

 

奄美大島の伝統技術で、レジ袋に付加価値を付けたブランド|TABI LABO https://www.msn.com/ja-jp/lifestyle/lifestylegeneral/%E5%A5%84%E7%BE%8E%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E3%81%AE%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A7%E3%80%81%E3%83%AC%E3%82%B8%E8%A2%8B%E3%81%AB%E4%BB%98%E5%8A%A0%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/ar-AAEydGH

奄美黄島のエコバッグ

 

ジーンズでお馴染みの岡山県児島で販売されているエコバックは、もちろんデニム製。
数あるお店それぞれが、オリジナルのデザインを発信しています。

エコバッグ|ショップ一覧|児島ジーンズストリート 
http://jeans-street.com/shop_info_detail/index/797.html

特別なエコバックを手に入れて、毎日のお買い物を楽しみましょう!

社会貢献に繋がるエコバックはいかが?

エコバックは環境に優しいだけではありません。
購入することで、社会貢献にもなるエコバックもあるのです。

岡山県倉敷市の『倉敷帆布うさピーバッグ』。

売り上げの一部が赤い羽根共同募金へ寄付され、倉敷市の福祉活動に役立てられます。

バッグを買って募金しよう!!|倉敷市社会福祉協議会 http://kurashikisyakyo.or.jp/kyobo/collabobag/

福山市福祉協議会のエコバッグ

日本介助犬協会からも、エコバックが販売されました。

《新》介助犬チャリティーグッズの販売を開始しました!!https://s-dog.jp/information/11604/

盲導犬

ウガンダ発のブランド『RICCI EVERYDAY』では、購入することで、工房で働いているシングルマザーや社会的に疎外されがちな女性の支援に繋がります。

エコバッグが女性を救う。ウガンダ発カラフルで気分を上げるプリントバッグ https://yogajournal.jp/6640 

 

「環境のために」と購入を勧める企業も多いですが、環境のためにもなって、なおかつ人のためにもなるエコバックって素敵だと思います。

レジ袋が有料化され、エコバックが推進されてまだ時間が経っていないので、どういった問題が発生するのかはまだまだこれからだと思います。

改善され、本の当意味で環境にも人にも優しい制度になるよう、見守っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です