うつ病viviのときめき「双極性障害~悪女のつぶやき~」

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病viviのときめき「双極性障害~悪女のつぶやき~」

 

うつ病と診断されて10年。
でも、本当は、双極性障害(躁うつ病)。

正確には、もっと長い。
多分、子どもの頃から。

当時は、精神科に、気軽にかかれる時代ではなかった。

偏見や差別的な見方もあり、実際にviviの両親も体裁を第一に考えてたので、とてもじゃないけど、連れていってはくれなかった。

大人になってからは、仕事が忙しく、躁が強く、朝から晩まで仕事、仕事の毎日。

その上、恋して恋して。最終的には、恋することに失望。
男あさりして、どん底に落ちた。

こうしてviviは悪女?となった。

だけど、悪女だって、まだ恋はする。
ときめいてないと、生きた心地がしないのだ。

ときめいて躁になり
失望して、うつになり

また、ときめいての繰り返し。

もっと、自分を大切にするべきだった。

でも、時はすでに遅し。

気がつけば、アラフィフ。

そんなviviが、再び復活。
ときめいた、躁のviviが帰ってきた。

そこで、あなたにも送りたいメッセージを届けます。

その前に・・

「あこがれのあの人とのメール

いいなぁ この感覚
viviが聞く前に連絡先教えてくれたの

そうよ
うん
これでいいの

もっと、近づきたい!

でも、焦りは禁物
ゆっくりゆっくり、大作戦

見返りなんていらないの
ただ、そばに感じたいだけ

これが大人の恋

何もかもが、輝いて見える
キラキラ、キラキラ

若い時を思い出すなぁ

女は、いつだって恋する乙女
歳なんて関係ない

いくつになっても、恋はするよ

でも、傷ついた時のショックは、
歳いってる分、半端ないけどね

viviは恋多き女

魔女かもしれない

魔法の特効薬作らなきゃ

成熟させるため

甘い味の素
ひとふり、ふたふり

あぁ酔いしれたい

鉄は熱いうちに打てっていうでしょ

今が肝心

あなたのハート
ぐっと、つかんで離さない」

どう思いましたか?

こんなことしてたら、いつかまた失望してしまうかもしれないですね。

でも、それでもいいのです。

男性諸君には、理解できないかもしれないけどね。

女は、魔女でもあり、ときには悪女になる。

どうして繰り返すのか?
バカなのか?

いいえバカではありません。

ある意味、天才。

それも、上には上がいる。

自分を輝かせるため、
美しさを高めるため、
女は巧みに恋をする。

魔女になったり、悪女になったり。

いいと思うよ。でも、これだけは言っておくね。

男性も女性も、どんなに失望したとしても、生きることをあきらめてはダメ。

次のチャンスは、きっとくる。

どんなに病んでいても、その時がくるまで、

のんびりゆっくり穏やかに、歩いて行きましょうね。

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

2 件のコメント

    • はじめまして。viviです。
      読んでくださって、ありがとうございます。
      そうですね。
      うまくいったら、いいですねぇ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)