統合失調症をもつマルチライターシカマルのおすすめ記事10選!

この記事は約 3 分で読むことができます。

この記事では、統合失調症(と適応障害)をもつシカマルのおすすめ記事を10個紹介します。シカマルはマルチライターなので、いろんな記事があります。ぜひ気になるものを読んでみてください。

1.統合失調症と歩んだ5年間

統合失調症をもちながらどのような人生を送ってきたのかを簡単にまとめた記事になります。

ぼくと統合失調症の5年間(発症からTANOSHIKAに出会うまで)

2017.11.04

2.統合失調症の入院生活

シカマルは統合失調症の症状が悪かった時に入院したことがあります。そのときの経験談です。

統合失調症での入院生活体験談|閉鎖病棟入院から退院までのすべて

2018.07.27

3.薬の効果を調べた記事

シカマルは生物学を大学で学んでいたので、薬の効果の記事をつくっています。簡素に紹介しているもの、やや専門的なもの、服用した体験談などがあります。

ガスコンの効果はどんなもの?げっぷと腹部膨満感があるぼくの場合

2018.09.25

【ぜんそく】メプチンエアーが効かないのでアドエアを使ってみた

2018.09.11

乳酸菌がからだに良い理由をネットで探してみた

2018.05.02

薬の効き方を理解しよう!(大事なのは時間)

2017.12.07

ニコチンは治療になる?:統合失調症患者にとってタバコとは?

2017.11.07

クロザピンによる統合失調症治療の表と裏:劇的な回復と重篤な副作用

2017.11.06

4.病休記録シリーズ

病休記録とは言っても、一般職のときのことではなく就労継続支援施設A型のときのことですが、病休しているときにどんな気持ちになっているのかをまとめたものになります。

ぼくの病休記録#1「もうろうから快活へ」

2018.06.21

ぼくの病休記録#2「苦痛の停滞期」

2018.06.26

ぼくの病休記録#3「プレッシャーを乗り越えて」

2018.06.28

出社拒否に陥った時の気持ちと経過

2018.08.16

5.げっぷと腹部膨満感で苦しんでいる現在

最近のシカマルは精神的には安定していますが、身体的な症状での悩みがあります。それがげっぷと腹部膨満感です。その記事が複数あります。

ガスコンの効果はどんなもの?げっぷと腹部膨満感があるぼくの場合

2018.09.25

げっぷと腹部膨満感はつらいよ

2018.04.26

呑気症って知ってますか?

2017.12.22

6.教育に対する想い

シカマルには教育職の経験があります。今でも個人で勉強を教えるWebサイトを運営しているくらいです。そんなシカマルの教育に対する想いの記事が複数あります。

次世代を育てるには個人が教育論を学ぶとよい?

2018.08.20

ブレンディッドラーニングが今の理想の教育ではと思っています。

2018.07.28

生物多様性とは?高校生レベルで解説します!

2018.05.14

【TANOSHIKAチャンネル】学ぶ意味を考えてみた【動画】

2017.12.05

「生物学との付き合い」

2017.12.05

「教養の大切さ」

2017.11.27

子供が自分で動くためにできること「動機付け」

2017.11.15

教育現場の過労と実態:実体験をもとに書いてみた

2017.11.14

7.障がい者でも社会貢献したい

シカマルにはある強い気持ちがあります。それは、「障がい者でも社会貢献したい!」というものです。そんな気持ちが表れた記事が複数あります。

精神障害は社会不適合なのか?

2018.04.17

統合失調症でも社会に貢献できる:ノーベル賞受賞者ジョン・ナッシュの紹介

2017.11.06

8.本音

持病が原因で、シカマルは負の感情を持つことが多々ありました。その内容の記事が複数あります。

精神障害者のぼくの胸の内にある嫉妬や憎しみ

2018.08.20

学習性無力感になりました

2018.06.07

自暴自棄を起こしたこと

2018.05.14

「ぼくの迷走と価値観の変化」

2017.11.21

「統合失調症と劣等感」

2017.11.17

9.一皮剥けた瞬間

シカマルの精神的な成長を見ることができる記事です。

AKARI原稿の筆が進まなくなったぼくの本当の理由

2018.09.18

「障がい者」というレッテルは剥がせるものだとわかったよ

2018.09.06

感謝の詩:障害を持つ者どうしの友情

2018.06.29

10.社会を変えようとする人へインタビュー

今の日本の社会を変えようと努力している方にインタビューした記事です。

TANOSHIKAをCAMPFIREで支援してくださった方にインタビューしてみた!

2018.09.14

おわりに

今のシカマルは、AKARIの記事を書くことを少し休んでいて、代わりにAKARIサイトの改善作業を行っています。再び書くようになったら、更新したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です