生理の貧困を知っていますか?~コロナ渦の中、浮き彫りになった貧困~

生理の貧困

この記事は約 8 分で読むことができます。

コロナ渦、見えてきた「生理の貧困」

コロナ渦で、経済的に逼迫していく女性の中に「生理の貧困」を抱える人が多くいることを知りました。

生理の貧困とは?

生理の貧困(せいりのひんこん)とは、経済的な理由などから生理処理用品を入手することが困難な状態にあることを指す。

経済的な理由のほかにも、羞恥心により購入に躊躇いがあることや、家族の無理解により入手ができないということが、2021年3月に国際NGOのプラン・インターナショナルが15歳から24歳を対象に実施したアンケートで示された。

引用:生理の貧困 – Wikipedia

たかが生理用品。そう思っている人は一度、この記事を読んでください。

生涯で生理にかかる費用は40万円?

一般的な生理周期で人の女性が1人の女性が生涯生理用品にかかる費用は40万円と試算されました。

例)一般女性女性の場合

①生理周期は5日間

②生理用品はナプキンを使用

③1日目~3日目までは鎮静剤を使用

の場合

1日あたり=約100円~140円

1か月あたり=約500円~1,200円

ほかにも、生理用ショーツを買う必要があり、人によっては生理痛の軽減などのために低用量ピルを服用します。肌がかぶれやすい人は高価なナプキンを使ったり、腹痛がつらい場合はカイロで温めたりするなど、購入するものはさまざまで、この費用が上記の金額に加わります。

プラン・インターナショナル・ジャパン(以下、プラン)の長島美紀さんはこう言います。

「生理痛によってアルバイトなどの仕事を休んだ場合、収入減にもつながってしまう。また、出産回数の減少や栄養状態の改善などによって、女性が生涯経験する生理の回数は増加傾向にあります」

参考:「生理の貧困」ってなんだろう――言えない、買えない 問題の背景は

生理用品は千差万別

なぜ買えないのだろう?と疑問に思われる方は、生理用品はドラッグストアなどで安売りされていると思われているかもしれません。

確かに、安い物だと「羽なしふつうの日用・30個入り」250円前後のナプキンもあります。

しかし生理とは、人それぞれに症状が違います。

私の場合でお話すると、私が非常に経血の量が多いので、「ふつうの日用」や「夜用〇〇㎝」などでは、間に合いません。一時期は、昼間に夜用の大きなナプキンと、タンポンの両方使いをしていましたが、それでも1時間持たずに、交換しなければならないほどの出血がありました。

そうなると、割高な夜用のナプキンとタンポンと、費用は2倍がかかりました。

そして、生理痛もひどいので、病院で痛み止めを処方してもらいます。病院にかかることで診療代もかかります。

今は、婦人科で低用量ピルを処方してもらっているので、経血の量は減ってきましたが、今度は、低用量ピルの代金が毎月約3,000円前後かかることになりました。

ナプキンは、出血が減ったとはいえ、多い日もあるので、おむつ型の物を使用しているので、5枚入りで500円と割高です。

そのほかにも、オーガニックコットンのナプキンしか使えないという肌の弱い方もいらっしゃいます。

生理の症状によって、使い分けないといけないのが生理用品なのです。

なので、一概にも大安売り品を使えばいいという訳にはいかないのです。

金銭面だけじゃない生理の貧困

生理用品が買えないという人の中には、家庭の事情で買えない人たちもいます。

それは、

ネグレクト、虐待、生理ヘイト

母親が身の回りの世話をしてくれなかったため、生理用品が手に入らなかった、というネグレクトなどが絡んでいるケースなどがあります。

中には初潮を迎えたことがわかると「けがらわしい」などと暴言を吐かれた上で、経済的余裕があるにも関わらず、十分な生理用品を与えられなかったという人もいました。

男性(父親・夫)の生理への無知、無理解

父子家庭の場合、父親が生理用品を用意するという概念がそもそもなく、また異性であるがゆえに本人も恥ずかしくて言い出せない、というケースがあります。

もちろん年頃の娘に生理が来ることを想定し、用意する父親もいるだろう。しかし、男性が生理について知らなくても生きていける社会で、その想定ができない父親がいるのも事実です。

性教育の不足、知識不足

また、1日に必要なナプキンの量を知らない、量を調整できると勘違いしている男性のエピソードもたくさん寄せられており、夫が生理用品を十分に買わせてくれなかった、という方もいます。

男女別の性教育の弊害が浮き彫りになった一例といえるでしょう。

 

参考:「ナプキンくらい買えるでしょ」…経済的支援で「生理の貧困」が解決すると思っている人の大間違い(ヒオカ) @moneygendai

海外での取り組み

日本では生理の貧困と呼ばれていますが、海外ではどのような取り組みが行われているのでしょうか?

生理用品が無料提供されている国があります。

スコットランド2020年の11月に世界で初めて生理用品を無償提供する法案が可決。この法案は学校を含む公共施設において生理用品を無料で提供するというものです。これにより生理用品を必要とする全ての人が使うことが可能になりました。

ニュージーランド2021年6月より「生理の貧困対策」として全ての学校で生理用品を無料配布することが決定。

フランス2021年2月に大学生に対して生理用品を無料で配布することが発表されました。

他にもイングランドの全ての小中学校に無料提供制度が導入され、アメリカの一部の州でも学校での生理用品の無料提供を義務付ける法案が成立しています。

参考:最近話題の「生理の貧困」。生理用品に関する日本や海外の取り組み(ウィメンズヘルス) – Yahoo!ニュース

生理用品の税率の撤廃と減税

 

ドイツタンポンはぜいたく品と位置づけられて19%もの税がかかっていましたが2019年のカンヌライオンPR部門でグランプリを受賞し話題となったドイツの「タンポンブック」という取り組みで、生理用品の税率については議論され、2020年より7%に減税されました。

 

イギリス今年1月にイギリスがEUから離脱したことをもあり、生理用品に課されていた5%の税を廃止。

オーストラリア2018年に生理用品を商品サービス税の課税から除外することを決定。

インド2018年、生理用品に課税されている12%の税を撤廃することが発表されています。

また、アメリカの12州をはじめ、ケニヤやカナダ、コロンビア、マレーシア、ニカラグア、ジャマイカ、ナイジェリア、ウガンダ、レバノン、トリニダード・トバゴなどが生理用品の税金撤廃や減税を行っています。

参考:最近話題の「生理の貧困」。生理用品に関する日本や海外の取り組み(ウィメンズヘルス) – Yahoo!ニュース

日本でも配布がはじまる。

このように、世界中で生理の貧困についての対策がある中、日本でも生理用品の無料配布が各自治体や市町村で行われるようになりつつあります。

九州地方だけですが、配布情報を記載しています。

【福岡県】

新型コロナウイルス感染症の影響で生理用品を十分に入手できない女性を支援するため、災害救助用備蓄生理用品を無償配布します

【久留米市】

久留米市:必要な方へ生理用品を無償配布します(令和3年9月17日8時30分現在残数更新)

【熊本市】

生理用品の無償配布について

【宮崎市】

必要とされる方に生理用品を無償でお渡しします

※インターネットなどで、お住まいの自治体名で「生理用品配布」で検索すると、配布されている場所を知ることができます。

正しい知識を

生理の貧困の中には、正しい生理の知識がないためにおこることもあります。

私自身も、生理不順でしたが長いこと症状を放置していました。周りに相談できる人もおらず、安易な「大丈夫」で片づけてしまっていたのです。そのため、今病院に一年以上通院しています。

今になって思うのは、もう少し金銭面に余裕のある時期に病院に通っていたらよかったという思いがあります。

「生理不順は放置してはいけない。」と学んでいれば違ったかもしれません。

そして、男性だけでなく女性にも生理のことについて、知ってほしいこともあります。

生理痛の軽い人には、生理痛の重い人の気持ちを分かってもらいづらいという意見もありました。

生理の症状は、人それぞれで、何一つ同じことはありません。

生理痛の重い人、軽い人、出血が多い人、少ない人。生理がこない人、止まらない人・・・

あげるとキリがありませんが、同じ女性同士、理解し合えればどんなに心強いでしょう。

生理の貧困を一度、一緒に考えてみませんか??



参考サイト

コロナ禍の「生理の貧困」救う ナプキン、各地で配布:朝日新聞デジタル

新型コロナウイルス感染症の影響で生理用品を十分に入手できない女性を支援するため、災害救助用備蓄生理用品を無償配布します

9月2日から小郡で生理用品を無償配布 日本赤十字

「“生理の貧困”は経済的困窮だけではない」適切なケアや情報にアクセスできる社会に 特集「現代の貧困」

「ナプキンくらい買えるでしょ」…経済的支援で「生理の貧困」が解決すると思っている人の大間違い(ヒオカ) @moneygendai

生理の貧困 – Wikipedia

「生理の貧困」ってなんだろう――言えない、買えない 問題の背景は

おすすめ記事の紹介

 



HOME

 

生理の貧困

2 件のコメント

  • ありがとうございました。私の頃は、小学校高学年になると、女子だけ集められて、生理の話をされていました。男の子というか男は、死ぬまでバカなどで、エッチなはなしをしていると笑ったりしています。しかし、考えてみると、人類の歴史を繋げていくことに関わるので、丁寧で、正確な説明が必要です。最近、女性がキラリ、とか、輝く、とか、の言葉が使われますが、そんな華々しい言葉ではなく、女性に敬意を払う社会になればと思います。

    • 山田さま コメントありがとうございます。華々しいだけではないのが、女性の現実です。少しでも、女性の向き合っている現実を知っていただければと思います。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    TANOSHIKAライター。うつ病、AC(アダルトチルドレン)、機能不全家族育ち。現代詩を勉強中です。セクシャルマイノリティ当事者。読みやすい、わかりやすいをモットーに様々な記事を書いていきます。