10代の君たちへ〜2021年度から40年ぶりの「精神疾患教育」の復活〜

精神疾患教育

この記事は約 11 分で読むことができます。

はじめに

皆さんは、「うつ病」「パニック障害」「不安障害」「摂食障害」「統合失調症」などの「精神疾患」を知っていますか?言葉として聞いたことがあっても具体的にどんな病気なのか知っている人は少ないでしょう。

これらの「精神疾患」は誰にでも起こる「」の病気です。

人は生涯において少なくとも1度は精神疾患にかかると言われています。身近な病気でもあります。

「精神疾患」はその存在は古くから知られていますが、未だにはっきりとした原因がわかっていません。それゆえに差別偏見の対象になることも少なくありません。

精神疾患は早期発見、早期治療で回復できます。

10代は第二次成長期をむかえ、心と身体ともに飛躍的に成長します。誰でも気持ちが不安定になり、精神疾患にかかりやすい時期でもあります。

下記のグラフは、簡単に言うと日本において、どんな病気にかかったかという2002年における年代別のグラフですが、10代の中盤から20代の後半にかけて精神疾患への罹患率が他の年代比べて飛びぬけて高いことが伺えます。




引用:厚生労働省「早期支援について」
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/04/dl/s0423-7d.pdf

今、精神疾患について皆さんの周りで大きな変化が起きようとしています。精神疾患にまつわる学校側の取り組みや精神疾患を発症した子どもを持つ親たちの活動や精神疾患についての海外での動きなどをご紹介します。

教員の教育

学習指導要領の改訂により、2021年度から高校の保健体育の授業で「精神疾患の予防と回復」を学ぶことになります。「精神疾患教育」として約40年ぶりに復活します。

精神疾患教育」において最も重要なことは、子どもたちが正確な知識をもとに精神疾患を学び、自分あるいは周りの人の心身の不調に気づけるようになることです。そして、不調の際はきちんと「助けて」と援助を求める行動を取れるようになることです。

学校側も子どもたちの助けを求められたときにきちんと相談に乗り、医療を含めた適切な対応に繋げられるような体制があることを子どもたちに示さなければなりません。

そのために教員教育をしっかり行い、保健体育の先生だけでなく、担任や養護教諭など学校全体でこの問題に対応できるようにします。

思春期の若者は自分のこころの不調を認識しにくいことや、自ら助けを求めにくいともいわれています。

甘え」「怠け」が原因だと考えたり、「気の持ちようで治る」といった誤った認識により精神科治療の開始が遅れたりすることがあります。また治療が開始されても、正しい知識を持って対応しないと治療が効果的に進みません。

また、精神疾患について学ぶことは教員自身のメンタル向上にもつながります。

当事者の親たちの願い

森野民子さん(活動名)の息子が統合失調症と診断されたのは、高校2年のときでした。統合失調症というのは、幻覚妄想などの症状が特徴的な精神疾患です。およそ100人に1人がかかるもので、そう珍しい病気ではありません。発症のピークは思春期の頃と言われています。

森野さんは看護師だったこともあり、比較的早く症状に気付き、病院に連れて行くことができました。しかし最初は「自分の育て方のせいだ」と思い、自分を責め続けてしまったそうです。「最初の丸2年くらい、泣いて過ごしていた」といいます。当時は森野さん自身のなかにも、病気への偏見があったようです。

病気になるのは、誰のせいでもないことなのに。森野さんは看護師ですから、理屈では自分のせいではないとわかっていたはず。それでも当時は、「客観的に状況を見られる自分と、母親として考えてしまう自分」がいて、「母親としての自分は、とにかく自分のせいだとしか思えなかった」のだといいます。

その後、森野さんは原因を調べ尽くし、「原因は不明」だと理解するようになりました。息子の場合、おそらく学校で「このままだと留年になる」と言われたことが引き金でしたが(前駆症状により認知機能が低下し、成績が下がっていたため)、それは単なる引き金であって、原因ではありません。環境因子はいくつかあるようですが、それも人によって発症したりしなかったりするのではっきりとはせず、要はいくつかの要因が重なって、たまたま発症するものなのだとわかってきたのです。

「病気について正しい知識を学んだことで、ようやく『うちの子、統合失調症なんだよ』と人に話せるようになりました」と、森野さんは振り返ります。

病気について学ぶうち、森野さんは、ストレスの影響についても考えるようになりました。「ストレスは万病の元」というように、ストレスから心疾患になる人もいれば、胃潰瘍になる人もいるし、腰痛が悪化する人もいる。誰にでも何かしら、そういった「身体の不具合」は出るものですが、息子の場合はそれがたまたま「脳の不具合」として出たのではないか。森野さんは、そう考えました。

「でもどういうわけか、こんなふうに脳に不具合があったときだけは、何となく人に言えないじゃないですか。 100人に1人はかかるので、お知り合いには何人か、家族にいる方がいると思うんですけれど、聞かないですよね。『叔父が糖尿病で』とか『いとこが、がんなんだ』といった話は聞かれると思うんですけれど、『統合失調症なんだ』という話は、聞かないと思うんです」

確かに、そうです。発症率を考えれば、身近にも絶対いるはずなのに、聞こえてこない。それはつまり、みんな人に言わない、言えないでいる、ということでしょう。

「どうして人に言えないんだろう、と思うと、それは『育て方が悪かったんじゃないか』とか『本人の心が弱かったからじゃないか』と、周りも間違った思い込みがあるし、その人自身もそう思ってしまっているから。では、どうしたらそれをみんながオープンに言えるようになるかと考えると、偏見のない社会が必要だと思うんです。

もし、みんながもっとオープンに統合失調症のことを話せるようになれば、いいことがたくさんあると思います。いまは周囲の人に知られたくないからといって、発症後に引っ越しや転校をしてしまう人もいますが、もし一つの場所に根付いて、近所の人や友達と『最近どう?』って話せる関係を保てたら、どれだけいいことか。統合失調症に限らず、精神疾患には孤独・孤立が一番よくないのですが、それを避けることができます」

では、偏見のない社会にするにはどうしたらいいのか? それにはやはり、まだ何も余計な情報をインプットされていない、まっさらな状態の子どもたちに、正しい知識を教えるのがベストだ。森野さんはそう考えました。

私ぐらいの年代の人はもう偏見があるし、高齢の方はもっと根強い。それを考えると、まだ何も知らない子どもたちに正しい知識をもってもらうのが、一番いいと思いました。

『精神疾患は誰でもなるものだし、心配いらないよ』『心が弱いせいでなるわけではないし、早めに病院に行って良い治療を受ければ、ちゃんとよくなっていくからね』と教えていれば、将来その子がもし発症したとき、本人も周囲も、不安の感じ方は全然違いますよね」

そう、いまは早めに治療を受ければ、寛解してよくなる人がとても多いのです。

森野さんはいま数名の仲間とともに、署名活動に取り組んでいます。LINEの家族会を通して知り合った人たちで、森野さんのように親の立場の人もいれば、統合失調症の当事者の人や、支援者もいるそう。

署名数は現在のところ、約4万筆。国に働きかけるための要望書作成など、地道に準備を進めているということです。

なお、高校では2022年度から、保健体育の授業で精神疾患が取り扱われることが決まっています。働きかけを続けてきた団体のひとつ、「みんなねっと(全国精神保健福祉会連合会)」によると、教科書に精神疾患の記述が載るのは約40年ぶりだとのこと。全国の多くの関係団体が「義務教育の段階で精神疾患を教えてほしい」と長年要望をあげ続け、ようやくひとまず、高校の学習指導要領に載ることが決まったということです。

みんなねっと事務局長・小幡恭弘さんは、こう話します。

「統合失調症の発症の第1ピークは中2くらい。正しい知識がないと、思春期の問題と混同されて発見が遅れてしまうこともあるので、やはりぜひ義務教育のなかでの教育が必要です。将来的には、小学校から何度か繰り返し、積み重ねて定着させるような教育をカリキュラム化してもらいたいです」

義務教育で精神疾患を教えて偏見を無くしてほしい

国際的な動き

精神病早期支援宣言(WHO&IEPA,2004)によれば,15歳の生徒全員が精神病について教育を受けるようにするとありますが、日本の中学、高等学校の教科書に精神病についての記述は約40年間ほとんどありませんでした。

早期介入を先駆的に実施しているオーストラリアでは,1990 年代から 早期精神病の予防・介入の活動がされており,12 歳から 18 歳までに,メンタルな Well-being の促進と支援す るための資源と専門的に開発された学校精神保健プログ ラムとして「Mind Matters」(2002)への国家レベルで の取り組みがなされています。18 歳までに若者の 24%がうつ病エピソードを体験してい ること,人生初期における教育的・啓発的な精神保健活 動の実践が,国民の精神的健康を維持する上で極めて重要な課題であることの認識をもって実施されています。 

また,イギリス,カナダ,アメリカでは,大体 6 歳から 18 歳時において全国規模で学校精神保健プログラムが 実施されています。 国家レベルで取り組みがされている 点においては,かなり日本の実情とは大きな隔たりがあ ると言わざるを得ません。どの国も早期の段階でメンタルヘルスプログラムが計画導入されています。

皆さんは知りたいですか?

研究結果により保護者たちはこのように考えています。皆さんはどう思いますか?

画像引用:メンタルヘルスの早期教育に対する当事者家族の望み

https://core.ac.uk/download/pdf/228943814.pdf

終わりに

小中高の児童生徒の自殺者数は近年2016年289人、17年315人、18年333人、19年339人と微増傾向が続いていましたが、コロナ禍となった20年は499人に急増しました。自殺者数が増える一方で、子どもの数自体は年々減っていますから、自殺率は明らかに増えていますよね、正確なデータはありませんが、ストレスの多さや生きづらさから、子どもの「心の病気」は増えていると言っていいでしょう。

さらに不登校、引きこもり、いじめ、自傷行為(リストカット)、非行などの問題も重要です。

皆さんの90%以上は当たり前のように携帯電話やスマートフォンを持ち、いろいろな情報が容易に調べることができます。

この機会に精神疾患について自分たちで調べてみてはどうでしょうか。正しい知識を得ることはとても大切です。

そして、自分自身を守ってほしい。自分を大切にしてほしい。自分を大切にできれば他人も大切にできるようになり、お互いを大切にできるようになれば少しずつ世界を変えていくことができます。

参考サイト:

40年ぶりの「精神疾患教育」高校からでは遅い訳

https://toyokeizai.net/articles/-/428955

早期支援について

https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/04/dl/s0423-7d.pdf

「精神疾患」を義務教育に 突然、息子が統合失調症になった母親の決意

https://news.yahoo.co.jp/byline/otsukareiko/20201103-00205101

メンタルヘルスの早期教育に対する当事者家族の望み

https://core.ac.uk/download/pdf/228943814.pdf

”若者のこころ”の支援者テキスト~思春期危機への対応

https://www.pref.nagano.lg.jp/seishin/tosho/documents/youth_2013-sec_1.pdf

https://www.pref.nagano.lg.jp/seishin/tosho/documents/youth_2013-sec_2.pdf

https://www.pref.nagano.lg.jp/seishin/tosho/documents/youth_2013-sec_3.pdf

https://www.pref.nagano.lg.jp/seishin/tosho/documents/youth_2013-sec_4.pdf

HOME

精神疾患教育

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です