アフターピル(緊急避妊薬)を知っていますか?

アフターピル

この記事は約 6 分で読むことができます。

近頃、自宅やトイレなど、病院以外の場所で赤ちゃんを出産して、死なせてしまうというニュースを見ることがあります。なぜ、このような悲しい出来事が起こってしまうのでしょうか?

その背景にあるのは、「望まない妊娠」「アフターピルの後進国」と呼ばれる日本があるのではないでしょうか?

そもそもアフターピルとはどんなものなのでしょうか?

アフターピルは、緊急避妊薬と呼ばれ、経口摂取することで妊娠を回避することができます。

緊急避妊薬とは、性交の後に服用し妊娠を回避するための経口剤のことで、避妊に失敗した場合や望まない妊娠を防ぐために用いる。妊娠を予防する薬であり、流産を引き起こす中絶効果はない。事後避妊薬、緊急避妊ピル、モーニングアフターピル、ECPとも呼ばれる。

引用:緊急避妊薬/Wikipedia

避妊の失敗、性暴力など、望まない妊娠を回避することができる薬です。

海外では当たり前に市販されている

海外86ヵ国では、医師の処方箋がなくても市販されており、薬局などで手に入れることができる。また、国際機構であるWHOも2018年に「意図しない妊娠のリスクを抱えた全ての女性と少女には、緊急避妊にアクセスする権利があり、緊急避妊の複数の手段は国内のあらゆる家族計画に常に含まれなければならない」との勧告を述べています。

また、イギリスではアフターピルも含め避妊薬は全て無料ですし、ドイツやフランスでは未成年にはピルが無料で提供されることもあるようです。

何より海外では、低価格で販売されており、誰でも手に入れやすくなっています。

参考:緊急避妊薬(アフターピル)はいつから薬局で買える?ピル市販化の議論や経緯のまとめ | 女性版ネオクリニック

このように、海外では当たり前のように「避妊の手段」として使われています。

日本では病院でしか処方してもらえない

現在、日本ではアフターピルは病院での医師の処方か、オンラインでの処方がないと手に入れることはできません。

アフターピルには副作用があるため、それまでの月経周期などを確認する必要があると、産婦人科医は唱えています。

厚生労働省では、アフターピルについてこのように述べています。

緊急避妊薬は、性交後72時間以内に内服する必要性があり、迅速な対応が求められるものの、地方において産婦人科を受診しにくい状況や、デートレイプを含む犯罪などが関係する場合などにおいてもアクセスがしにくいという指摘があります。

一方で、緊急避妊薬を処方すべきかの判断は過去の月経などの情報を的確に聴取し判断する必要があるとされています。(日本産科婦人科学会「緊急避妊法の適正使用に関する指針」)

こうした状況を踏まえ、緊急避妊を希望する方が医療機関を選択する際の参考となるよう、緊急避妊にかかる対面診療が可能な産婦人科医療機関等の一覧を作成しました。

引用:緊急避妊に係る取組について|厚生労働省

これからの法改正

アフターピルについては、様々な議論がされてきました。

2019年には、このようなニュースがでました。

最初にこの記事を読んだときは、日本という国にがっかりしたのを覚えています。

しかし、最近2020年10月8日に開かれた内閣府・第5次基本計画策定専門調査会で、アフターピルを処方箋なしで購入できるよう検討する方針が打ち出され、時期は2021年からと具体的に踏み込んだ報道も行われたことで、この件についての多くの関心を集めました。

こうした動きの背景には、これまで市民団体が厚労省に要望書を提出し続けてきた長年の活動の結果とともに、コロナ禍にあって10代からの妊娠相談が増加している、という背景も影響していると考えられます。

引用:緊急避妊薬(アフターピル)はいつから薬局で買える?ピル市販化の議論や経緯のまとめ | 女性版ネオクリニック

女性の権利「アフターピル」

私が過去に聞いた、海外の女優のお話です。

彼女は、インタビューで望まない妊娠や、避妊の失敗などの話をしていて、その中で「なぜ日本人は男性だけに避妊(コンドームなど)を求めるのか?女性自身も自衛しなければいけない時代です。」と言っていたのが印象的でした。彼女は、避妊のためにピルを服用していて、自身で対策をしているとのことでした

予期せぬ妊娠などをしてしまった場合、身体的にも精神的にもダメージを受けるのは、女性になります。

望まない妊娠しないように、性犯罪に巻き込まれないように、自らを守るための「アフターピル」は、女性の「権利」なのではないでしょうか?

最後に

アフターピルのお話をしてきましたが、避妊は一人でするものではありません。男性も女性にアフターピルを飲んでもらうことのないように、しっかりとしたマナーを身に付けてもらいたいです。

それができるようになれば、助かる命もあるのではないでしょうか?

 

参考サイト:

アフターピルで「性が乱れる」と叫ぶ人の勘違い | 健康【お知らせ】WHOの緊急避妊薬の安全性に関するファクトシートを翻訳しました! | 緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト

アフターピルの処方箋なしの薬局販売 産婦人科学会理事長が反対表明「いろんな条件がまだ、成熟していないのではないか」(BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース

「若い女性は知識がない」「若い女性が悪用するかも」。アフターピルのオンライン診療検討会で出た意見【検討会の経緯まとめ】

わたしの体、わたしが守りたい…「薬局でも緊急避妊薬を」

緊急避妊に係る取組について|厚生労働省

緊急避妊薬(アフターピル)はいつから薬局で買える?ピル市販化の議論や経緯のまとめ | 女性版ネオクリニック

まとめ記事の紹介

 

HOME

 

アフターピル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

TANOSHIKAライター。うつ病、AC(アダルトチルドレン)、機能不全家族育ち。現代詩を勉強中です。セクシャルマイノリティ当事者。読みやすい、わかりやすいをモットーに様々な記事を書いていきます。