不登校だった私のたった1人の友達へ贈る感謝の手紙

不登校

この記事は約 3 分で読むことができます。

私にはたった1人だけど友達がいる。

友達はAKARIの私の記事を毎回読んでくれているらしい。

今日は、その友達に、AKARIを通じて感謝の手紙を書かせて貰おうと思う。

友達との出逢い

彼女との出逢いは、中学の時の精神科の入院先だった。

あまりたくさん書くと、友達に迷惑がかかるのでそれくらいしか言えないけれど、とにかくそんな風に普通の出逢い方ではない。

初めて彼女に会ったのは、私の入院していた病室の前。
お互い緊張しながら、会話をしたのを覚えている。

彼女は、青春時代を不登校で過ごした私にとって、初めての思春期でできた友達だった。

彼女も、私と同じような心の病を抱えていた。

入院中、病院のベットの上で、夜、友達の好きなアイドルの歌を一緒に歌ったり。
世間に対する不満を言ったり。
将来の悩みなどを打ち明けたり。

私にとって、入院していたあの数ヶ月というのは、彼女に出会えたお陰で最高のものになった。
小さな青春だったんだと思う。

退院してからも、私たちは関係を続けてきた。

友達の性格

友達は、優しいけれど、優しいだけじゃない。

私が間違っている行動を取ると、きちんと叱ってくれる。

そんな彼女に感謝している。

彼女は強くて、たくましくて、そして本当に優しい女性だ。

喧嘩

そんな私たちだけれど、一回、仲違いをしたことがある。

原因は、私だった。

病気に振り回されていた私は、彼女に怒りのLINEを送ってしまったのだった。
決して、彼女が悪いことをしたわけではないけれども、自分の病気の悪化で訳のわからない怒りのメッセージを送ってしまった。
それから私は、一方的に彼女のLINEをブロックしてしまったのだ。

唯一の友達を失ってしまった。

しばらくして、彼女を失ってしまったことを大後悔した。
それで、どうにかして、また連絡先を入手した。

久しぶりに電話すると、彼女はいつもと変わらず優しい言葉をかけてくれた。
「ごめんね」と何回も言う私に、「大丈夫だよ」と何回も言ってくれた。

申し訳なさと、ありがたさとで涙が止まらなかった。
この人と友達でよかった、そう心から思った。

最近、彼女は夢に向かって一歩踏み出したようだ。

私は、そんな彼女を私は心から「すごいな」と思っている。

きっと病気もあり、外の世界への恐ろしさもあるだろうに、一生懸命頑張っている彼女は本当にかっこいい。
その姿に勇気を貰っている。

私も負けられないぞ!と思って、また勉強を頑張り始めることにした。

彼女の姿は、今それくらい眩しい。

彼女と出逢って、もう10年になる。

青春を彼女と過ごせてよかった。
彼女と出会えてよかった。

これからも、彼女とは仲良くしていきたい。

最後に、彼女に手紙を書いてみようと思う。

Aちゃん、こんな私だけど、これからもよろしくね。
いつも、ありがとう。

piasuのおすすめ記事10選! 人気作などを紹介

HOME

不登校

2 件のコメント

  • 素敵な友達に出会えてよかったですね。
    そんな友達も私にもいました。会いたくても会えない、亡くなってしまった友達には2度と会うこともできません。
    今の友達との絆を大事にしてください。

    • パグさん、温かいお言葉ありがとうございます。今の友達は本当に素敵です。大切にしていきたいと思います。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です