発達障害による「こだわり」解消方法

発達障害

この記事は約 6 分で読むことができます。

最近、ある事に気づいたんです!
それは、長年悩まされていた「発達障害によるこだわり」から抜け出してきているという事!

発達障害(自閉スペクトラム症)のある私は、ここ数年間、ある「こだわり」に悩まされてきました。
こだわりの内容は、恥ずかしくてあまり詳しくは書けないのですが、こうなりたい!という理想と、今の現実が違うという事です。
うまくいかない現実に、涙が止まらなくて、ひどい時にはほとんど1日その「こだわり」について悶々と考えたりしていました。
お仕事も休むくらい辛い時もありました。

そんな私は、主治医、心理の先生と、どうやったらその「こだわり」から抜け出せるのか、ずっと考えてきました。
なかなか、前に進まない毎日でした。
でも、そんな中、あるいくつかの取り組みをした事で、少しずつ、「こだわり」で苦しむ事が少なくなってきたんです。

今では、「こだわり」によって苦しむ事がほとんど皆無になりました!
なんと1ヶ月間、「こだわり」が出てきていないのです!

今日は、私が「こだわり」撃退のために、どんな事を取り組んだのか、紹介していきたいと思います!
「こだわり」に苦しめられている方以外にも、「嫌な事で悩んでしまう」とか「落ち込んだときの対処法を知りたい!」という方にも何か参考になるかもしれません。
よかったら、読んでいってください。

まずは、先生方に勧められて取り組んでみた事をお伝えします。

先生に勧められて取り組んだ事

以下が、主治医、心理の先生に勧められて取り組んだ事です。↓

バタフライタッピングをする

バタフライタッピングってご存知ですか?
私は、知らなかったんですが、辛い時にこれをするように、と先生方に勧められたんです。
やり方は簡単。
辛い事が起きた時、両肩にクロスした手をつけて、手のひらで、ぽんぽん右、左、と優しく叩くだけ。
絵が下手ですが、こんな感じ!↓

そうすると、涙が自然と溢れてきたりするんです。
それでも続けると、本当に落ち着くんです。
私はそれプラス、「大丈夫だよ」とか、自分に呟く事も勧められました。
やってみると、「こだわり」で頭がパニックになった時、少し落ち着きました。

自分に手紙を書く

落ち込んだ時、自分に、「大丈夫だよ」「うまくやってるよ」「頑張っているね」とか手紙を書く事も勧められました。
私は、スマホのメモに書いてみたんです。
そしたら、それも少しだけ落ち着きました。

これは、脳ちゃんの暴走なんだ!と思う

「こだわり」が顔を出し始めたら、「これは、発達障害による脳ちゃんの暴走なんだ!」と思うって事も勧められました。
これは、効果大でした。
自分の気持ちによるものではなくて、「脳ちゃん」による仕業なんだ、と思ったら、気分が随分楽になったんです。

頓服を飲む

そして、「脳ちゃんの暴走」が始まったら、頓服を早め早めに飲みました。
そうしたら、「こだわり」の渦に入る前に、「こだわり」から脱出成功する事が多くなりました。

深呼吸する

深呼吸も勧められました。
最近よくするようになって、それも良かったのかな、と思います。

寝る

あまりにも辛い時は、寝逃げする事もいいみたいです。
寝すぎると、夜眠れなくなるので、注意ですが、少しの時間なら、良かったです。
こだわりが出そうになったら、即寝ます。
起きたら、さっぱりした気分にリセットされている事がありました。

私が個人的に取り組んだ事

次は、私が個人的に取り組んでみた事をお伝えします!

趣味を増やした

無趣味だった私。
コロナで、外出があまりできなくなって、本当に暇な毎日を送っていました。
そんな私は、暇すぎて、「こだわり」による苦しみがよく出てしまっていました。
「こだわり」以外にも、嫌な事を考えたり…。
そんな生活を止めよう!と思い立ち、趣味を本気で探してみたんです。

友達に趣味を聞いたり、ネットで調べたり…。
そうしていくうちに、好きな事がたくさん出来たんです。
以下が、見つけてみた趣味です。↓
よかったら、過去の私と同じように無趣味で、時間があるため、よく悶々と考えてしまう方、参考にしてみてください。
大きく分けて、好きなものに触れる事、そして、好きな事をする事の二つに分類されます。

好きなものに触れる…ネットサーフィン、音楽を聴く、空を見上げる、好きな匂いのシャンプーを使う、お花を飾って眺める。
好きな事をする…おしゃれの勉強、体操をする、ラジオを聴く、コラージュを作る、料理、好きな物を食べる、家族や友人と電話する、一旦コーヒーを飲む、文章を書く、映画を観る、写真を撮る、買い物を少しする、読書。

以前、フラッシュバックで映画観賞や読書などが出来ない、ということをこの記事に書きました。↓

観れない事、聴けない事、話せない事。

でも今は薬のおかげでそれらがフラッシュバックをほとんど起こさずに出来るようになったんです。
その効果もあり、上に挙げたようなたっくさんの趣味が出来た事で、「あー脳ちゃんがそろそろ暴走しそうだなあ」と思った時に、逃げ道がいくつも出来たんです。
これも大きかったです。

占いで相談してみた

それと、もうひとつ取り組んだ事があります。
少し怪しい話になるのですが、占い師さんに頼んで、相談してみたんです。
「こだわり」の内容についてです。
安く、そして、コロナなので、オンラインでしてもらいました。
占いの結果は、心から納得出来るもので、「そっかあ」とストン、と何故か、心が落ち着いたんです。
その事も大きかったな、と思います。
占いをしてもらったその日から、徐々によくなっていきました。
ハマりすぎ注意ですが、いい買い物でした。
占い師ではなくても、誰かに相談してみるっていうのが良かったのかもしれません!

絶対に薬を飲み忘れない

薬を飲み忘れたら、「こだわり」が強く、長引くものになる事にも気付きました。
そこで、毎日、薬は絶対飲むように、心掛けています。

これからも頑張る

「こだわり」があまり出てこなくなった事で、私の生活は本当に生きやすいものになりました。
良かった、って思っています。
数年間、と長い時間をその「こだわり」と闘ってきました。
こんな日が来るなんて、本当に嬉しいです。

私と同じように「こだわり」で苦しんでいる皆さんも、落ち込みや嫌な気持ち、嫌な記憶とかで苦しんでいる方も、この記事で少しでも幸せになりますように!そんな思いを込めて書いてみました。
よかったら参考にしてください。

piasuのおすすめ記事10選! 人気作などを紹介

HOME

発達障害

2 件のコメント

  • 人にはそれぞれこだわりをもっています。それが強く出るのか弱く出るのかの違いではないかと思っています。これからと記事を楽しみにしています。

    • パグさん、いつもあたたかいお言葉ありがとうございます。そうですね。パグさんのコメントで元気がまた湧いてきました!ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です