セサミストリートの歴史、取り組み

セサミストリート

この記事は約 7 分で読むことができます。

皆さんは、セサミストリート はご存知ですか?
一度は見かけたことがある方も多いかもしれません。
カラフルな可愛らしい登場人物がたくさん出てくる、セサミストリート。
私は、セサミストリートが大好きです。

実は、そんなセサミストリート 。
可愛いところだけが、魅力ではないのです。
セサミストリートは、子ども向けの教育番組でもあります。
セサミストリートは、子どもの教育や世界に様々な影響を与えているのです。

今日は、セサミストリートの社会問題への取り組みをぜひ皆さんに知って欲しい!と思いましたので、セサミストリートのいくつかの素敵な活動について、紹介させてください。

セサミストリートの歴史

まずは、セサミストリートの歴史からお話ししましょう。

セサミストリート は、1969年11月10日に、放送が開始されました。
当時のアメリカは、人種差別や経済格差などの様々な社会不安があり、混乱の中にいました。
当時、多くの人は、それらの問題を解決するには教育が大切であり、特に幼児期の教育が重要であると考えていたそうです。
そこで、「テレビを通して教育は出来ないか」と、セサミストリートのスタッフたちは考えました。

セサミストリートのメッセージは、「子どもは社会全体の宝」「子どもたちの可能性が全てに優先される」という理念。
特に、黒人、ヒスパニック系に多かった貧困層、ノンネイティブの子どもたちに、希望の光を与えるために、セサミストリート は生まれたそうです。

「テレビを通して、教育格差をなくす」その想いで、セサミストリートは放送されていきました。

1971年になると、日本でも放送されるようになりました。

今では、セサミストリート は、世界150カ国以上で放送されています!

参照元:セサミストリート物語|こども英語・英会話教室の東進こども英語塾

セサミストリート の取り組み

セサミストリートは、今に至るまで、たくさんの社会問題解決のための、取り組みを行ってきました。

例えば、1975年には、ダウン症の男の子をお話に出したり、1985年には、養子制度について扱いました。
その他にも、人種差別、HIV、自閉症、などの様々な課題を、当事者のキャラクターを登場させるなどして、子どもに教育を行ってきたそうです。

参照元:エンタメ狂の独り言-アメリカの良心はセサミストリートへ続く

実際にYouTubeに上がっている、セサミストリートの社会問題の課題を解決するためのいくつかのエピソードの動画をご紹介します。

自閉症の女の子、ジュリアの紹介

この動画では、ジュリアという、自閉症の女の子のキャラクターが登場します。
エピソードでは、最初の方、ジュリアの特性にビックバードが戸惑います。
しかし、エルモや、アビー、大人などの助言により、ビックバードが、ジュリアと徐々に仲良くなっていくお話です。
ちなみに、このジュリアの人形を動かしている人は、自閉症を持った男の子の母親だそうです。

また、厚生労働省は、発達障害者啓発週間に先立ち、ジュリアや、彼女の理解者であるエルモ、クッキーモンスターをポスターに起用し、学校、保育所、福祉関係施設、地域の公民館等に加え、医療機関や鉄道会社に配布したそうです。

参照元:発達障害の啓発に『セサミストリート』の人気キャラクターを起用 |報道発表資料|厚生労働省

アビーの義理の弟との出会い

アビーというピンクの女の子のキャラクター。
アビーの母が再婚することになり、再婚相手に子どもがいるため、アビーには新しい兄弟が出来ることになりました。
新しい兄弟との出会い、向き合い方が繊細に描かれているエピソードです。

里親と暮らす、カーリ

事情があり、ママと離れて、里親と暮らすカーリ。
そんなカーリが、心を安心させるための考え方を、エルモに教える、そんなエピソードです。

ちなみのこのカーリの母は、薬物中毒のため、カーリと離れて暮らしているそうです。

住む場所がないという事情を乗り越えたリリー

ホームレスの経験を持つ、住む場所がなくなっていた、リリー。
そんなリリーが、ママから貰った、辛い気持ちを乗り越えるための、希望のリボンについてエルモに説明するお話です。

パパを亡くしたジェシー

パパを亡くしたエルモのいとこ、ジェシーが、パパとの思い出の品が詰まった箱を、エルモに紹介するお話です。

その他にも、たくさんの、辛さ、困難、苦しみなどを抱えた子どもたちに、希望を与えるようなお話を、セサミストリートは提供しています。
よかったら、セサミストリートのYouTubeのチャンネルがありますので、観てください。↓

セサミストリート日本公式 – YouTube – YouTube

また、セサミストリートには、服役中の父を持ったアレックス、人種差別の深刻化に向けて、黒人のウェスリー、南アフリカでは、HIV陽性者のカミなど、様々なキャラクターが登場して、色々な問題への教育を子どもたちに行っています。

参照元:多様性とインクルージョン | Sesame Street Japan

セサミストリートの教育効果

セサミストリートの教育の効果は、すごいものがあるそうです。
2人の経済学者によると、「セサミストリートを観て育った子どもたちは、そうでない子たちよりも、小学校で出来た子どもになる」ということらしいです。
2人の研究者は、電波、視聴率を使って、調査を行ったそうです。
そこで、特にセサミストリートの視聴率がいい地域とよくない地域を比較したそうです。
その結果がこれ。↓

・(見る前に比べて)4歳までに読み書きの力が67%高い ・(見ていない子どもに比べて)社会適応力が40%高い ・(見る前に比べて)野菜を食べようとする意欲が127%増加する

引用元:大人気アニメ”セサミストリート”。なんと幼稚園の教育を上回るという分析結果が!

すごいことですよね!
セサミストリートの番組は、お金をかけずに、アメリカの一つの教育のトレンドである、オンライン教育や、幼稚園に入園する前の教育施設の代わりになるのでは?との声もあるそうです。

参照元:大人気アニメ”セサミストリート”。なんと幼稚園の教育を上回るという分析結果が!

日本での独自の取り組み

最後に、日本のセサミストリートジャパンの取り組みをお伝えします。
日本のセサミストリートジャパンでは、独自の取り組みを行っているんだとか。
小学生向けのカリキュラムである「セサミストリートカリキュラム」を、公立の小学校、自治体に行っているそうです。
小学校の道徳の時間に「キャリアとお金」「価値や多様性の理解」「インクルージョンの実現」などの教育を提供しているそう。
これほど、提供を行っているのは、日本だけだそうです。

参照元:エルモたちが教育現場で伝える多様性

最後に

どうだったでしょうか?

私は、セサミストリートは本当に素敵な番組だと思います。
私は、このゴールデンウィークを、YouTubeのセサミストリートチャンネルを通じて、何かを考える、そんな時間に当てるのもいいかもな、と思いました。
皆さんも、よかったら、どうですか?

piasuのおすすめ記事10選! 人気作などを紹介

HOME

セサミストリート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

23歳です。可愛いものが大好き!♡発達障害と双極性障害があります。色々あるけれど、夢に向かって頑張っています♡ 一般就労の夢に向かった記録を書いたブログやってます。 よかったらみてください!♡下↓のWebsiteをクリックしてみれます。