うつ病viviの追憶「忘れられないXmas」

この記事は約 5 分で読むことができます。

うつ病viviの追憶「忘れられないXmas」

はじめに

Xmasが近づくと思い出す、あの日の出来事。

かれこれ25年くらい前。

viviは当時、水商売をしてました。

毎日が迎い酒。酒を浴びるほど飲み、毎日朝まで飲んで遊んでいました。

今思えば、無茶苦茶な毎日。夢も希望もあきらめ自暴自棄になっていました。

それでも、今を生き抜こうと必死でした。

ストーカー

当時、一人暮らしをしていて新しいマンションに越したばかりでした。

また、「ストーカー」という言葉が世に出てきた頃で、いろんなストーカーにまつわる話が出回って、一人暮らしをしている女性たちを脅かしていました。

一人暮らしをしている女性がいました。

ある日、彼氏と一緒にその部屋に帰ってきて、ベッドの下でくつろいでいると、彼が突然、彼女にタバコを買い忘れたので、外に出ようと誘ってきました。それを聞いて彼女は疑問に思いながら彼と一緒に外にでました。そして、コンビニに着くと彼は電話をかけはじめました。「警察ですか?今、彼女の部屋に行ったら、ベッドの下に斧を持った男が一人隠れています」と。彼女は驚愕しました。一人で部屋に帰っていたら今頃・・。彼と一緒でよかった。彼が機転をきかせたおかげで、想像できないくらいの恐怖から身を守れた。彼女は始めは信じられなかったけど、だんだん怖くなって寒気がして身震いを・・・。

 

12月某日、午前4時ごろ

12月某日、この日も相変わらず仕事で浴びるほど飲み、更にアフターでお客さんと飲んでいました。

飲んでいる時、ふと「今日は、一人で帰ってはいけない」ということが頭の中によぎりました。

「そうだ、このお客さんを連れて帰ろう!」心の中でつぶやきました。

「今夜は飲みすぎたから、部屋まで送ってくれる?」

「いいよ」

作戦成功と心の中でガッツポーズをとりました。

クロゼットの中に・・

まさか、自分の身に何かが起きるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

そして、計画通りお客さんと部屋に・・。

部屋に入って、いつもの定位置にバッグを置いた時、後ろで怒鳴る声。

「お前、誰だ?」

振り返るとクロゼットのある方向に男がいて、走って逃げていくのが見えました。

多分、数秒。時が止まりました。そして、ゆっくりあたりを見渡しました。

窓ガラスの割れた破片。

ベッドサイドテーブルの上に置かれたナイフやガムテープ。

灰皿の中の知らない銘柄のタバコ。

ぐちゃぐちゃになったクロゼットの中。

少しずつ酔いが覚めて、今起きている状況が見えてきました。

その瞬間、発狂しました。

そうです。例のストーカーの話によく似た出来事が、今、まさに目の前で起きているのです。

朝がきました

このお客さんが110番通報して警察が来ました。被害状況を話したり、指紋をとったり。

一通りのことが終わったら夜が明けました。疲れて2,3時間ひと眠り。

そして、あらためて、部屋の中を見て回りました。荒らされたあとは、無惨なものでした。

それは、風呂場やトイレの中にものびていました。犯人はベランダから侵入。ガラスを割って部屋の中に入り部屋を荒らしながら、viviの帰りを何時間も待ち続けたのです。それも、ベッドの下ではなくクローゼットの中で。

姉がやっと来てくれました

viviはまだ放心状態でした。ショックが大きく何から手をつけたらいいのかわからなくて。

姉が身の回りの片付けをしてくれました。洗濯・掃除など。越したばかりだったので不動産への報告もしました。これも姉がしてくれました。

犯人は逃げて捕まってなかったので、しばらく姉に世話になることにしました。

Xmasイブ前夜

姉の部屋には当時お付き合いしていた姉の彼氏さんがいました。

そして、Xmasイブ前夜、姉から言われました。

「明日は彼と過ごすから、出て行って」と・・

ビジネスホテルで二泊

24、25日はビジネスホテルで一人過ごしました。

何もすることがないし部屋にいても気が滅入るだけなので、夜は仕事に行きました。

酒はあまり飲みませんでした。というより、どんだけ飲んでも酔いませんでした。

店が終わっても飲みに行かず、アフターも断りました。

仕事が終わると真っすぐホテルへ帰宅。冷たいベッドで眠りました。

おわりに

あれは、きっと「虫の知らせ」というものだったのだと思います。

泥酔していたにも関わらず、何かがviviを危険から守ってくれました。

それからXmasイブの日。あれはあれで、よかったのだと思います。

事件のあと、一人になれたことで自分を振り返ることができました。

あの日を境に泥酔するほど飲まなくなり、夜のお勤めも辞めることもできました。

それもこれも「虫の知らせ」があったからです。

この知らせが、viviの人生を大きく変えてくれました。

再び、日の当たる場所に出てこれたこと。

これが一番の大きな転機でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)