「バイオハック」-自分に合った健康法を見つけよう!

「バイオハック」

この記事は約 4 分で読むことができます。

皆さんこんにちは。Pinkです。Woman’s Healthの記事を読んでいて、「バイオハック」という言葉を知りました。

ハック」という言葉は耳にしたことがあるものの、何なのだろうと思い、また、最近悩んでいる「睡眠」についても書いてあったので、今回こそのことについて書きたいと思います。

「バイオハック」とは

バイオハック」とは、「分子生物学」の傾向の中の一つとして、人間の体をより強くする技術を取り入れたことから始まったとのことです。分かりやすく言うと、文字通り、最適な健康のために様々な「ハック」を試すことだそうです。

それでは、そもそも「ハック」とは何かと考えてみると、上手くやり抜くというのがわかりやすいのではないでしょうか。

ハック」には、「夜の習慣」を少し調整するくらいのちょっとしたものから、「コールドプランジング」や「温熱療法」を取り入れることもあるとのことです。

また、その他には「水素カプセル」や「向精神薬」といった薬を服用することを意味することや、朝に日光を浴びたり、炎症を抑える為に、芝生や砂の上を裸足で歩いたりすることまで様々だそうです。

バイオハック」の段階は、値段もしくはその極端さによって違いますが、目的はいつも同じで、自分の健康を最も適した状態にして、老化を逆転させ、出来るだけ健康に生きることだと言われています。

今すぐ試せる4つの「バイオハック」

状態を良くする為の今すぐ試せる「バイオハック」を紹介したいと思います。

4つの状態

① より良い睡眠を望む

② ワークアウトを強化する

③ より良いメンタルヘルスを望む

④ グロースキンを手に入れる

参照:睡眠一生ものの健康法が見つかる『バイオハック』とは?

以上です。どれも気になりますが、「睡眠」は基本的なことで、とても大事なことだと思うので、①の状態をよくする「バイオハック」について説明したいと思います。

⒈より良い睡眠を望む

  • 睡眠は私達の体が1日の疲れを浄化する機会で、脳と体の機能を最適化する
  • 睡眠と覚醒の周期を調節する体内時計を「ハック」するための変化を起こす
  • 就寝の1時間前には電子機器を使わず、真っ暗な部屋で寝る。外からの光や電子機器からの光がある場合は、スリープマスクを使うなど、理想的な睡眠環境を整える
  • 毎日同じ時間に就寝・起床し、体が睡眠スケジュールに慣れるように意識する
  • CBD(カンナビジオール)を摂取したり、重い布団を使って寝てみる。神経系を落ち着かせ、心拍数を下げて睡眠の準備をするのに役立つ
  • メラトニンを自然に刺激する赤い電球に変えてみたり、自然光と柔らかい音で起こしてくれる日の出目覚まし時計を選ぶ
  • 散歩に出かけたり、窓際でモーニングコーヒーを飲むなど、目覚めたらまず自然光を浴びる
  • 睡眠サポートやストレス解消を目的とした瞑想アプリの使用、ビタミンB12やマグネシウムといったサプリメントの服用、時間を決めてカフェインを摂る

以上となります。

私は、昨年の夏に猫をお迎えしてから1年弱になりますが、睡眠時間は取れているものの、睡眠の質が悪い為、毎日眠くて仕方がなく、このままでは仕事に影響が出てしまうのではないかと悩んでいます。

調べたことを参考に、少しでも改善することが出来るように頑張りたいと思います。

最後に

バイオハック」が安全か否かについては、時々、科学に先駆けて人々から実践されることも多く、管理されて人を対象とした研究の場所で、効果が証明される前に人々が自分自身で「ハック」を試しているということだそうです。

安全性を前提にして段階的に取り掛かれば、「バイオハック」は殆どの人にとって安全とのことです。

裏付けに基づいた情報を頼りに、必要な時に医療専門家に相談しながら、慎重に取り組むことがお勧めだと言われています。

参考サイト:睡眠一生ものの健康法が見つかる『バイオハック』とは?



noteでも記事を書いているので、よかったら読んでみてください!

HOME

「バイオハック」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。