『あのこと』。〜中絶が認められる前のフランスで、女性の葛藤を描く映画〜 

映画 あのこと フランス

この記事は約 8 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。

2022年のノーベル文学賞を受賞した作家のアニー・エルノー氏が、自身の体験をベースに書き上げた小説[事件]を原作とする【Happening】(英題)が邦題『あのこと』として2022年12月2日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国で公開決定しました。

描かれる舞台は1960年代、法律で中絶が認められず、逮捕されていたフランス。予期せぬ妊娠をした大学生のアンヌ(アナマリア・ヴァルトロメイ主演)が、彼女自身が望む未来を叶えるために、たった1人で戦う12週間を描き出す、フランス映画です。

今回はその『あのこと』の映画についてと、フランスにおける性にまつわる話題について、幾つかご紹介します。

予告編、ポスターも公開中

 

ポスターは、主人公アンヌがこちらを見据える強いまなざしが印象的なビジュアル。その視線には、戸惑いと焦燥におびえながらも覚悟をつけた女性の鋭い光が宿り、訴えるようにも、拒絶するようにも見える瞳と、結ばれた口元がこの映画の力強さを伺わせている。

動画・画像・引用:2021年のヴェネチア最高賞、中絶禁止の時代を生きる女性描く『あのこと』公開決定 cinemacafe.net(2022年)

ポン・ジュノ監督が審査員長を着いた2021年・第78回ヴェネチア国際映画祭では、審査員の満場一致で最高賞である金獅子賞を皮切りに、世界の映画賞を圧倒的な熱狂を巻き起こした2022年度最大の話題作となっています。

全編アンヌの目線で進んでいく本作は、アンヌと心体も一体化、観客が「恐怖と怒りと情熱」を体現するという圧倒される没入感、臨場感が見所の作品となっています。

ここからは2021年フランスの性交同意年齢を15歳とする法律化と、2022年ピルの服用が25歳未満の女性は無料化、2023年にはアフターピルも無料化などについてご紹介致します。

2021年、フランスの性交同意年齢を15歳と法律化

フランスの国民議会(下院)は2021年4月15日、性交同意年齢を15歳に定める法案を全会一致で可決し、法案が成立致しました。エリック・デュポンモレティ法相は、「どんな成人の加害者も、15歳未満の未成年者の同意に得ることは不可能だ」とし、同意年齢の設定は伝統的に性に寛容な同フランスにおかれましては“歴史的”な前進だと言いました。

下限を13歳にするか15歳にするかで意見が2分化していて、この度の法案を提出した上院議員からは同意年齢をヨーロッパで最も低水準の13歳と定める様に主張を繰り返していましたが、マクロン政権が同意年齢を引き上げを要求し、加筆修正がされました。

新法案は15歳未満との性行為に関して、両者の年齢差が余り離れていない限り強姦とし、20年以下の禁錮刑を科すというものでした。近親相姦では、同意年齢は18歳へと上がります。同意年齢の設定をしたことで、フランスも多くの欧米諸国と足並みが揃いました。

従来は、未成年者との性交を強姦または性的暴行容疑で起訴するまでには、未成年者が脅迫や偽計、強制での性交渉をさせられたことを検察側が証明を行わなければなりませんでした。シアパ男女平等担当副大臣は、市民や医師、法律専門家の意見に耳を傾けて15歳でのボーダーを決定しました。

政府が策定を加速させる性的暴行やハラスメント防止法の一環でした。シアパ大臣は、13歳ではなく15歳に決定したことを「とても嬉しいです」と話しました。15歳という下限は、マクロン大統領も支持を表明していました。

仏紙フィガロによると、アニエス・ビュザン連帯・保健相も、性交同意年齢の設定によって「集合的な関心」が生み出され、みんなが「合法と違法」の境界を理解も可能となったと見解を説明しました。

新しい法案では、15歳未満の子どもとの性交渉は全て罪に問われます。新しい法案は、15歳未満の子どもと5歳年上までの相手との性交渉は認めています。この年齢差について差がありすぎると批判を寄せる議員もいますが、デュポンモレティ法相はこの提案を擁護しています。

参考:フランス、性交同意年齢を15歳に設定 法相「歴史的」 AFP BB News(2021年)

フランスの現行の法律では、容疑者が15歳未満の子どもに性的暴力や強制・脅迫で性交渉を迫ったという証拠がなくては、検察は強姦罪で起訴することも不可能で、性的虐待罪までしか刑が科せられませんでした。最高刑においても最長5年の禁錮刑と最大7万5000ユーロの罰金しか科せられませんでした。

虐待に関係のある刑罰の重さは被害者の年齢問わず一定の刑が言い渡されますが、強姦のケースは更に厳重な刑が下されます。

2022年1月、25歳未満の女性全員にピルでの避妊が無料化

フランスで2022年1月1日、25歳未満の女性全員を対象に、経口避妊薬(ピル)などの避妊する方法が無料化されました。これまでは18歳以下が対象ではありませんでした。

フランスではピルが普及されていますが、2021年9月、18歳以下を対象とする無料化の制度を25歳未満に拡大すると明らかにし、「ある一定数の若い女性」の間で経済的負担を理由にピルの使用を躊躇する女性がいるためだと説明を促しました。

ベラン保健相はフランスのテレビ出演で「全ての避妊方法は医療保険の対象とします」と述べました。予算2100万ユーロ(日本円で約27億円)を盛り込む考えでいます。予期せぬ妊娠や中絶を予防するためとのことです。

この制度は、ピル、避妊リング以外にも、避妊パッチなどのステロイドホルモンを使った避妊の手段も無料化の対象となり、300万人以上の女性が恩恵を受けることができます。

避妊の無料化は、マクロン政権が促進させている女性の権利向上や若い世代の貧困削減を目標に掲げる施策の1つです。

ジェンダー平等を訴える[アナバン・トゥス]を始め複数の女性権利団体は避妊無料化へ支持をしています。アナバン・トゥスの広報担当者は「18~25歳の女性に関しては、未成年だった頃に比較して数多くの権利を無くし、経済的にも非常に不安定な状況化にあるので、極めて弱い立場に留まっている」と話していました。

参考:仏、25歳未満の避妊無料化 1日から AFP BB New(2022年)

ドイツ、ベルギー、オランダ、ノルウェーなどヨーロッパ諸国では、10代の若い世代に関しては避妊する方法が無料です。イギリスに関しても、みんなが平等に数種類の避妊の手段を無料で使えます。

また、2023年からはフランスではアフターピルも無料化していくそうです。
それについてはこちらの別のライターさんの記事でも言及されているので、併せてご覧ください。

私が映画の様にキャリアを諦めかけた時、

映画では予期せぬ妊娠、中絶も禁止されていた為逮捕の対象になる、そういうことで主人公の女性は、「子どもを今は産みたくない、用意されている輝かしいキャリアを諦めなければならないのかー」ということで、非常に悩んでいることを描き出している映画だと、予告編を観て思いました。

私は予期せぬ妊娠ではありませんが、考えているキャリアは諦めざるをえませんでした。私の場合は予期せぬことと言えば、大学受験に失敗し志望校に行けず挫折し、1年で大学を中退してしまったこと、障害や病気をその後罹患し、働きたいと思うも、面接に落ち続けて、引きこもり状態が約10年続いたことでした。

私は以前の記事で書きましたが、小学生の頃から日本史が好きで、中学の時は英語が好きになって、日本史関連で就職するなら歴史学者とか学芸員、英語で就職するなら通訳を目指していました。それが大学受験に失敗してから、ボタンのかけ違いが酷くなりました。

「どこで私の人生、間違えたんだろう…」と毎日自分自身に自己問答している日々でした。本当に空虚な1日、1週間、1ヵ月、半年、1年…と何年も季節が移り変わっていきました。

今はライターとしてキャリアを積んでいますが、この映画はそういうことを経験して来た私にはきっと響く内容になっていると感じました。妊娠はしたことはありませんが、多くの人の心に届く映画になっていると思います。

関連サイト

noteでも書いています。よければ読んでください。

→HOME

映画 あのこと フランス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。