うつ病viviの「白くまちゃんと泣き虫」

この記事は約 7 分で読むことができます。

うつ病viviの「白くまちゃんと泣き虫」

はじめに

この頃、歳のせいか涙もろくなりました。

小さい時から涙もろくてよく泣いてはいたのですが、ここまで涙もろくなるとは。

どんな時に泣いているのかというと・・テレビで些細なやり取りであっても、悲しかったり嬉しかったり、ほっこりするシーン等を観たり、過去の悲しい記憶を思い出したり、身体が疲れている時だったり。そしてどうしようもなく眠たい時だったり。

それとここ数年はないけれど、※1お風呂に入るのがきつくてきつくて泣きながら髪や身体を洗っていることがよくありました。またお風呂場でないと泣けない事情もありました。

※1聞いた話ではうつ病になると「お風呂に入れなくなる」ということはよくあるようです。私も「お風呂に入れなかった」その一人。しかし療養中はそんなこと知らないし知ろうともしなかったし私だけだと思っていました。いろんなことで悔しくて悲しくて泣くばかりでこのことを調べたり聞いたりする心の余裕なんかなく、ましてやそんなことをする気力なんてありませんでした。ただ「なんで?」「私はどうなってしまったの?」「きついよ。きついよ」「もう嫌。もう嫌だ」「苦しい」「助けて」「もうだめだ。私はもう終わったんだ」と泣きながら髪や身体を洗っていました。

そしてこれがなんなのか最近になってやっと知りました。この「お風呂に入れない」というのは私だけではなく、うつ病の特徴らしいということです。

こんなサイトを見つけました!

お風呂はうつ病の大敵なんです
https://www.walkerplus.com/trend/matome/article/1001400/

よろしければ、こちらも・・

「お風呂に入ると涙がでてきました」うつ病viviの追憶
https://akari-media.com/2020/02/18/member-757/

話はもとに戻りますが・・

小さい頃は泣いていると父や母は決まって私に「あるもの」くれました。

私はその「あるもの」が大好きです。それを手に取るとあの日のことを思い出して涙があふれてくるそんなお話をします。

泣き虫

私は基本的に泣き虫でホントよく泣いています。

だけど本当は誰にも見られたくないので本泣きしそうな時は、お風呂場でこっそり泣くようにしています。

しかし、そうしていても日中、辛くて悲しくていっぱいいっぱいな時は声をかけられただけで涙があふれてしまって止めるのにひと苦労します。

私は毎朝NHKの連続テレビ小説を観るのが日課ですが、そのドラマを観て朝っぱらから涙を流すことが多々あります。また一日の間に起きる様々なことで怒ったり辛かったり悲しかったりしたら泣いて、楽しいことがあっても笑いながら泣いて泣き笑いしてました。

泣き虫もいいところです。

もう泣かないで

涙が止まらない時は止まるまで基本的に枯れるまで泣きます。

だけど泣いても泣いても涙が次から次にあふれてきて、どうしようもない時がありました。

あの日やあの時のことは「忘れよ。もう忘れよ。忘れた方がいい」

そんなこと言われても簡単に忘れることはできません。

なぜなら忘れようと思っていても、その頃のフラッシュバックが起きて鮮明にそのことを思い出してしまうからです。           

泣いていると小さい時のことを思い出します。

うんと小さい時です。ある日悲しくて泣いていると父や母が「あるもの」を差し出してこう言いました。

「もう泣かないで」

迷子のアイスクリーム

私は小さい時よく迷子になる子でした。泣き虫で迷子になるたび大泣き。

父や母のもとに戻ってもいつまでも泣いていました。

そんな時は決まってアイスクリームを買ってくれました。

カップに入ったバニラアイスだったり、ソフトクリーム型のバニラアイスだったり。

アイスクリームを食べると小さい頃を思い出します。

甘くて冷たいアイスクリーム。今でもアイスクリームを食べるとなんだかホッとします。

こんな大人になってしまった私だけど私にとってアイスクリームは第二の精神安定剤。

食べ過ぎたら太るけど、私にとっては体に優しい第二の精神安定剤です。

大丈夫

何かあると「きっと大丈夫。たぶん大丈夫。こんなこと平気。もう大丈夫」と思うようにしています。

だけどそう思えば思うほど悲しくなって自然と涙が溢れてきて、悲しかったあの日、辛かったあの日、怖かったあの日が頭の中でぐるぐる回ります。

誰も手を伸ばしてくれなかったし助けてくれるような人もいなかった。

私は一人きり。一人で耐えて一人で闘った。どれも虚しくなる過ぎた日々。

心を休める余裕なんてこれぽっちもなかった。

あの頃にそんな心の余裕があったら、こんなにはならなかったと思う。

いつまで悔やんでも仕方がないと精神安定剤を多めに飲む。

あとはアイスクリーム。アイスクリームを食べながら「大丈夫大丈夫」と心の中で繰り返す。

泣きながら食べることもあるけれど大抵はこれで落ち着いて涙は止まります。

アイスクリームは私にとって「ホッ」とする食べ物です。

白くまちゃん

つい最近の出来事です。母とぶらぶらして疲れて帰ってきた時のことです。

最寄りのバス停についてバスから降りてすぐに私はとっさに母に話しかけました。

「お母さん、※2白くまちゃんまだあったけ?」

「あっlしまった!」と思った瞬間、母と私の会話に間が空きました。

それもそのはず私は「白くま」にちゃんづけしてしまったのです。言った瞬間、心の中で「しまった!やばい!あちゃ~!」と思いました。いい歳した私がうっかりして食べ物(物)にちゃんづけ!!してしまったのです。

母の前とはいえ「やってしまった。やらかした。あぁどうしよう」と悔やみ落ち込みました。

※2「白くま」とは鹿児島の名物で「南国 白くま」というかき氷。ふわふわの氷の上に練乳をかけてフルーツと小豆をのせたものです。今はコンビニなどでも売られていて通販で購入することもできます。

参考:美味しくて可愛い「ふわふわのかき氷が絶品」
https://www.jalan.net/news/article/446152/

母との会話に間が空いた後、先に声をだしたのは母でした。

「あるよ」と母。私は「あっそう」と返事。それ以外は何も話さないまま歩き、自宅につくと母は「はいっどうぞ」と白くまちゃんを出して私にくれました。

この日の出来事は小さい時のアイスクリームの思い出のように、嬉しいやら恥ずかしいやらで思い出すと「ぷっ」と吹き出して可笑しくて笑ってしまいます。

おわりに

私の泣き虫は今始まったことではなく小さい時からよく泣いていました。

最近それが歳のせいか、より涙もろくなってしまいました。

泣いていると小さい時のことを思い出します。

うんと小さい時です。ある日悲しくていつまでも泣いていると父や母が「アイスクリーム」を買ってきてこう言いました。

「もう泣かないで」

大人になってからもアイスクリームを食べてると、あの日ことを思い出します。

最近、こんなことがありました。

疲れて家路についている時、隠していた※3幼児退行(私の場合は軽い子ども返り」をしている私を母にうっかり見せてしまったのです。

「白くまちゃん まだあったけ?」

心の中では物や食べ物を「えんぴつさん。ハサミさん」「にんじんさん。おいもさん」等と呼んでしまうことがあります。だけどそういうとこは誰にも見せないようにしていました。

だけどうっかり見せてしまったんです。

「こうなったら開き直るしかない」「だけど見せたくない」「でも・・あぁ・・」の堂々巡り。

こうしているうちに、あれこれいろんなことを思い出して・・。

そのたびに私は幼い子どものように隠れてめそめそ泣いています。

※3
参考:幼児退行の原因や症状とは?
https://kirari-media.net/posts/7317

よろしければ、こちらも

うつ病viviの「ぬいぐるみと一緒に~幼児退行しています~」
https://akari-media.com/2021/02/06/member-989/

うつ病viviのおすすめ記事10選! 復帰作、人気作詰め合わせ

HOME

2 件のコメント

  • メール読ませていただきました。お風呂についてのことははじめて知り驚いています。
    うつ病とお風呂の関係を教えてくれてありがとうございます。貴女のメールで少しは私も救われています。病気と長く付き合っていくには辛いと思いますが応援しています。

    • こんにちは。ダックスフンドさん。お風呂について知ってもらえて嬉しく思います。お風呂に入れない人って結構いるようです。これからもよろしくお願いします。いつもありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。