「希死念慮から抜け出す方法は?1%の希望を信じて」うつ病viviの場合

この記事は約 5 分で読むことができます。

「希死念慮から抜け出す方法は?1%の希望を信じて」うつ病viviの場合

はじめに

viviが初めて死について考えたのは、小学校五年生の頃でした。

気がつけば、昭和、平成、令和と幾年も歳を重ねました。

あの日から、ずっと抱いていた希死念慮のようなもの。

抜け出せたきっかけはなんでしょうか?

過去を振り返りながらviviの今日までの道のりを問いたいと思います。

そもそも希死念慮とは?

希死念慮とは、自らの死を願う気持ちであり、その程度の強弱は幅広い。「ずっと眠りたい」「消えたい」など消極的に死を意識する心理状態も含まれる。

逆に、程度が強く、自殺を明確に意識する場合は、自殺念慮と呼ばれる。

つまり、希死念慮は特に理由はないけれど、何となく生きているのが苦痛で死んでしまいたいと思うことで、自殺念慮は解決困難と思える問題があり、そこから逃れる方法として死ぬことを考えてしまうこと。

引用元 今日の臨床サポート

    All Abouto 健康 医療

viviが抱いていたのは?

調べてみると、viviの抱いていた希死念慮とは少し違うように思えます。

振り返ってみます。

学校生活では人間関係でつまづいていました。また幼い頃から十代の間は家庭環境も良いほうではなく、家族や親戚が集まる時は、はじき出されて泣いてばかり。

幼くして死を考えるようになったのです。

そのまま大人になり、二十代~三十代では職場での人間関係につまずいてばかりで、生きづらさや働きづらさを感じていました。

そのため転職も多く何か起きると、後先考えずに、すぐ仕事を辞めていました。

それでも三十代からは落ち着こうとしていたのですが、そう思えば思うほど自分を追いつめていました。

そして、ある日、精神科のドアを初めて叩いたのです。

適応障害と診断され、後に、うつ病そして双極性障害と診断されました。

何が起きても七転び八起きで這い上がってきたのですが、最後は頭や身体のネジが止まり、そのネジを巻きなおすこともできず、完全に働くことができなくなりました。

一人で生きていく術を失くし、気づいた時は、もう戻れない世界になっていたのです。

生きていくことに疲れた

うつ病と診断されてからというもの、いろんな症状に苦しみました。

気分の落ち込みに始まり、イライラ、怒り、不安、過眠不眠、鉛様麻痺(体が固まる)、そして希死念慮や自殺念慮のようなもの。

もう二度と「社会」には戻りたくありませんでした。

ずっと、このままお布団の中にいたいと思っていました。

だけど、それは許されないことだったのです。

なぜなら、一日一日を生きていくためには、生活を潤すこと。

その為には「働くこと」

それがviviにとって一番大切なことだったからです。

抜け出せた、きっかけは?

社会復帰することから逃げ続けていたある日、当時の主治医に「身体を動かした方がいいですね」「なにか運動をしましょう」と言われました。

そこで思いついたのは「フィットネス」に通うこと。

これが、viviにとって転機になりました。

始めは1時間ぐらいでやめてましたが、汗をかくことが楽しくなってきて毎日通い5時間ぐらい運動してました。

そして、よく話をするようになって、性格や雰囲気が明るくなりました。

こんな日々が訪れるまで、生きた心地がしませんでした。

身体を動かして汗を流すこと。それが「生きている」ということに直結していました。

これが希死念慮のようなものから、抜け出すきっかけになりました。

1%の希望

幼い時から、様々な出来事に遭遇し泣いて泣かされ歩いてきました。

死を考えつつ生きてこれたのは、1%の希望を信じていたからだと思います。

1%の希望とは何なのか?

それは、かすかに見えたです。

絶望という闇の中におぼろげに見えました。

具体的に言うと、幼い時は夢です。ある夢を抱いていました。

「いつかきっと、どん底から救い出してくれる人がいる」

「卒業すれば、自由が待っている」

「環境をかえれば大丈夫」

「働き口がある間は大丈夫」

「生きている限り、チャンスは必ずつかむ」

「チェンジはチャンス」「大丈夫大丈夫」

「まだ、やれる、やってみせる」

当時の夢とは仕事に生きること。働いて働いて働きぬくことでした。

おわりに

それでも、最後は職を失い、おぼろげに見えていた光も見えなくなりました。

光が見えなくなって約5、6年の間、生きる糧にしていたのは、母の存在でした。

「母が生きている限りviviも生きる」

「母を見送ったら後を追おう」

これは今も抱いているかもしれません。

その時になってみないと正直なところ、わかりません。

だけど、これだけは言えます。

「今は懸命に生きています」

生きること。生き抜くことが生きがい。

生きぬくことの先にあるのは、1%の希望の光。

その光とは、何不自由のない生活。

今は苦労が耐えなくても、いつかきっと送れるはず。

1%の希望に賭ける。儚い希望だけど信じてみよう。

それまでコツコツと。毎日の積み重ね。

生き抜いてみせようではありませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)