うつ病viviの睡眠薬「ルネスタ錠の副作用。中途覚醒」

この記事は約 4 分で読むことができます。

うつ病viviの睡眠薬「ルネスタ錠の副作用。中途覚醒」

 

viviは、2種類の睡眠薬と精神安定剤を飲んで寝ています

今、飲んでいる薬は、ロゼレム錠8mgを1錠、ルネスタ錠2mg1錠、リボトリール錠0.5mgを2錠

ロゼレム錠
寝つきが悪い、熟睡できないなどの不眠症状を改善するお薬
体内時計をつかさどる脳内に作用し、睡眠覚醒リズムを調節する働きがあります

ルネスタ錠
寝つきが悪い、熟睡できないなどの不眠症状を改善するお薬
不安や緊張をやわらげ、寝つきをよくする働きがあります

リボトリール錠
けいれんなどの発作をおさえる薬
脳の神経の過剰な興奮をおさえる働きがあります

少し前までは、ルネスタ錠3mgを飲んでました

また、リボトリール錠は飲んだり飲まなかったり

頓服薬としてしか飲んでませんでした

頓服薬も日によって、いろいろ飲みます。

ソラナックス錠、リスパダール内用液、エビリファイ内用液

そしたら、中途覚醒がひどくて、2時間くらいで1回目の目覚め。

中途覚醒とは?

夜中に目が覚め、その後、眠れない状態。うつ病、睡眠時無呼吸症、脳変性疾患(脳卒中、痴呆など)などでは多く発現する。高齢者では、睡眠が浅くなるため、中途覚醒が出やすくなる。また、アルコールを飲むと寝つきがよくなるが、睡眠は浅くなり、中途覚醒及び早朝覚醒が出やすくなって、睡眠全体の質は低下する

その後も、中途覚醒で何度も起きて、真夜中に、ふらふらとうちの中をさまよったり、ベッドでないところで、寝たりしてました。

中途覚醒で起きた時、なんとか目を覚まそうとして、コーヒーを飲んだり、うつらうつらしながら、タバコを吸ったり、気がついたらトイレで眠ってたり、椅子に座ったまま寝たり、行動は様々。

危なっかしいたら、ありませんでした。

随分、苦しみました。

というより、こんなものだと思ってあきらめてました。

それで、とうとう、主治医になんとかならないかと相談したところ、この中途覚醒は、ルネスタの副作用ではないかと言われました

ルネスタ主な副作用
味覚異常、傾眠、頭痛、注意力障害、うつ病、口渇、口腔内不快感、口内乾燥、下痢、便秘

起こる可能性のある重大な副作用(抜粋)
肝機能障害、悪夢、意識レベル低下、薬物依存、不安、異常な夢、夢遊症状、もうろう状態、中途覚醒時の出来事を覚えていない、その他

それで、3mgを2mgに変更してみたところ、少しずつですが、中途覚醒の症状が、日に日によくなってきたように思います。

また、リボトリール錠も夕方と夕食後と就寝前に2錠ずつ飲むようになりました。

何が効いてるのか、わかりませんが2mgになって、少し変化がありました

起きても、1回か二回

起きる時間は、1時から2時半

以前のような、おかしな行動はなくなり、ややスッキリと目覚めるようになりました

また、起きても、すぐに寝つけるようになりました

ただし、二度寝したときの目覚めは、あまり、よくありません

早朝覚醒で4時ごろ起きるのですが、瞼が重く、眠たくて眠たくて仕方のない状態になります。意識がもうろうとしているのです。もう一度、寝ようとしても、なかなか、寝つけず、三度寝で、ようやく目が覚めるって感じです

2mgでも、まだ、副作用はでるみたいです

1mgに変えようかな・・・

先日、ツイッターの中でも、ルネスタ錠の副作用、中途覚醒について書かれてました

やっぱり、この中途覚醒の副作用はあるようです

また、薬物依存もあり、私のように1年以上飲んでいると、もう、これなしでは眠れなくなるという説もあります

多分、私も、もうルネスタなしでは、眠れないかもしれません

でも、それでもいいやと思う今日この頃です

今夜まで2mgがあるので、明日からは、1mgに変えてみようかと思います

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)