脱プラスチック。〜国から求められるメーカー側の早期対応〜

この記事は約 9 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。国が脱プラスチックを提言してから、多くの企業で紙などに切り替えたりと、色々な取り組みがされている事を知っていますか?今回はますます加速する、脱プラスチックの取り組みについて、メーカーの対応策も交えながら、考えていきます。

脱プラスチックについて、国が提言

プラスチックの削減をメーカーなどに求める法律が2022年4月1日に制定されるのを前に、政府はスプーンや歯ブラシなど削減の対象となる12の品目や取り組みが義務化される業種を発表しました。

プラスチックの削減をメーカーに求める「プラスチック資源循環法」が2022年4月に法律が制定されるのを前に、政府は、削減の詳細を法律として定め、2022年1月14日の閣議で決定しました。

閣議によりますと、削減の対象となるのは、無料で市民に提供される使い捨てのプラスチックのもの12品目で、コンビニなどで購入時貰えるスプーンやストロー、ホテルや旅館で渡される歯ブラシやかみそり、クリーニング店で使用されるハンガーなどとなっています。

こうした12品目を年間5トン以上提供しているスーパー、ホテル、食堂などには削減に向けた取り組みが義務化されます。

削減を義務付けるのは、使い捨てプラ製品を年間5トン以上扱う事業者です。

フォーク▽スプーン▽ナイフ▽マドラー▽ストロー▽ヘアブラシ▽くし▽かみそり▽シャワー用キャップ▽歯ブラシ▽ハンガー▽衣類用カバーの12製品に関し削減目標を定め、必要な対策を取るよう促します。対策が不十分な場合は、国が是正するよう命令や指導を行い、従わなければ罰金を科します。

代わりとなる竹や木などの新たな素材への転換、不要だとしてプラスチックを受け取らない客へのポイント還元率を高め、プラスチックのメーカー側から客への有料化などが求められることになり、不十分な場合は、国は勧告や企業名の公表などの法的措置が実施されます。

年間5トン未満の個人経営の店などについては努力義務とする方針です。

プラスチックをめぐってはコンビニや外食で竹やパスタへ切り替える動きなども始まっていますが、4月1日の施行に向けてより多くの企業などで対策が急ピッチになることになります。

参考:使い捨てプラスチック製品削減 対象の12品目や義務化業種決定 NHK NEWS WEB(2022年)

どれも使うには便利ですけど、脱プラスチックに向けては、まず出来る所から始めていかないといけないからですね。

スプーンなど使い捨てのプラスチック製品をめぐっては、2021年6月に成立した法律に基づき、政府が無料で大量に提供する事業者に対策を義務づける方針です。ここからは各メーカーや事業者の取り組みを紹介します。

各メーカーの模索

飲食店

プラスチックごみの削減が世界的な課題となる中、大手ハンバーガーチェーンの日本マクドナルドは、2022年2月から商品とともに提供しているプラスチック製のストローを紙製に、同じくプラスチック製のスプーンやフォークなどを木製に順次切り替えます。

全国の店舗で切り替えた場合、プラスチックの使用量を年間900トン削減できるとしていて、まず、神奈川県内の30店舗から始め、客の反応なども見ながら対象店舗を拡大し、全国的な導入も今後検討する方針です。

こうした中、ファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」が、持ち帰りや宅配用のスプーンやフォークを木製に切り替えるほか、コーヒーチェーン大手の「スターバックス コーヒー ジャパン」がストローを紙製に切り替えるなど、外食業界の間で対応が広がっています。

参考:日本マクドナルド ストローやスプーンなど脱プラスチックへ NHK NEWS WEB(2021年)

ハーゲンダッツ ジャパンは2022年4月から、順次アイスクリームのふたやスプーンを石油由来のプラスチックから環境配慮型のプラスチックや非プラスチック素材に切り替えると発表し、これにより、最終的にプラスチック使用量を2025年までに、2021年比で年間50%削減を目指すといいます。

参考:ハーゲンダッツ 石油由来のプラスチック製スプーンなど順次廃止 FNNプライムオンライン(2022年)

食品メーカー

食品加工メーカー・日本ハムのソーセージ「シャウエッセン」。1985年の発売から愛されるロングセラーですが、2022年2月1日からある部分が見直されることになり、包装の大きさがこれまでは縦245mm、幅150mmでしたが、新しい包装では縦175mm、幅150mmになることのこと。プラスチックの削減を目的としたものだといいます。

包装が変わるのは発売以来初のことで見比べると、これまではシェフの帽子のように細長く、上部の縦じまの部分を店頭で結んでいましたが、新しい包装ではより長方形に近い形となります。袋の隙間が減ってコンパクトになった印象です。

参考:「巾着型」シャウエッセンの包装が“プラ削減”で2月から変わる…パンパンの2袋セットの理由も聞いた FNNプライムオンライン(2022年)

日用品

お店でよく目にする、商品の宣伝用のシール。プラスチックごみ削減で、徐々に姿を消しています。シャンプーや洗濯洗剤などでよく見かける、このシール。プラスチックでできています。商品の特徴や使い方などが書かれたもので、花王は、これを新たに作ることをやめました。

間違って買ってしまう、などを防ぐために使われているこのシール。今後は一部の商品で、シールの情報を直接パッケージに印刷するといいます。シール1枚は1グラムにも満たないものですが、全て撤廃することで、大きな効果につながるといいます。

参考:花王“宣伝シール”やめます 脱プラ…今後は容器に表記 FNNプライムオンライン(2022年)

続々とメーカーさんも脱プラスチック問題に取り組んでいますね。確かにシャンプーとかのあのラベルは少し厄介で、あのラベルがなくても、きちんとパッケージに書かれているのを読めば、買うのを間違えないなと思っています。

昔は画期的なものだと言われていた、プラスチック。

母が前言ってました。「プラスチックが出て来た時、丈夫で壊れないし、長持ちするし、凄く画期的なものが出て来たと思っていた。それが今はその丈夫さ故に壊れにくく、環境も破壊している。そんな事になるなんて、あの当時思わなかった」と。

確かにプラスチックは、すぐに壊れませんからね。私は前母と100均で小物入れを買った時、前だったら「丈夫だから」という事でプラスチックのものを買っていましたが、今は紙のバンドで作られている、環境に優しいタイプのものを買いました。

1人1人がちょっと気にしていくだけで、この問題は大きく変わっていくと思います。私も出来る事から、環境への配慮をしていきたいと思います。

関連記事

フィルム変更でプラ削減 セブンの手巻きおにぎり テレ朝news(2021年)

デンマーク「レゴ社」 ペットボトル再利用 ブロック試作品公開 NHK NEWS WEB(2021年)

世界的おもちゃメーカーもプラスチックごみ削減へ 環境に配慮 NHK NEWS WEB(2021年)

衣料品のパッケージも脱プラ 紙製への転換相次ぐ テレ朝news(2021年)

業界初!お米からできた歯ブラシ プラ削減し、環境に配慮 全国のホテルが注目【愛媛発】 FNNプライムオンライン(2021年)

エフピコチューパ、環境に配慮した青果物向け紙製品「紙ベジ シリーズ」を新発売。第1弾はミニトマト向け製品を8製品発売。 PR TIMES(2021年)

“脱プラスチック”でいま注目‥「段ボール&コメ」が家具や雑貨に大変身!:ガイアの夜明け テレ東プラス(2021年)

脱プラスチックで注目される紙パック 日テレNEWS(2021年)

いつの間に…身近な変化続々 脱プラの流れ 桔梗信玄餅にも FNNプライムオンライン(2022年)

“貝殻でできた箸”や“食べられるストロー”…さまざまなアイデアで「脱プラスチック」の取り組み【新潟発】 FNNプライムオンライン(2022年)

プラスチックの代替品にも! 「竹」から作る新素材<WBS> テレ東BIZ(2022年)

脱プラ時代に「紙ファイル」 紙のまち・富士で活用に広がり 静岡新聞(2022年)

ホテル旅館のSDGsを推進!エコアメニティ『SUS organic』シリーズより、竹綿棒&コットンセット・シャワーキャップ新発売 PR TIMES(2022年)

おいしいだけじゃない!カカオ豆の薄皮をアップサイクルしたパッケージを開発!~生産者にも環境にも優しい絶品チョコレート~ PR TIMES(2022年)

富山県内でも身近で広がる“脱プラスチック“…クリーニング店等も 4月にプラスチック資源循環促進法施行 富山テレビ(2022年)

貝印 テスト販売時に3日で完売した、脱プラスチック※1とSDGsをコンセプトに開発した世界初※2の「紙カミソリ®」を2022年3月22日より全国のローソン店舗にて先行発売開始 PR  TIMES(2022年)

無印良品が進めるSDGs 「脱プラスチック」で店内にリサイクルボックス設置、マネキンは紙製に メ〜テレ(2022年)

日用品の容器包装に新局面、環境負荷低減へメーカーが急ぐ技術革新と回収の仕組み作り 47NEWS(2022年)

スタバ 冷たい飲み物 店内“ふたなし”へ プラスチック削減で NHK NEWS WEB(2022年)

“脱プラスチック”コンビニ各社で進む 「パスタ購入で箸を渡す」実証実験 日テレNEWS(2022年)

環境負荷減らす「包装」の最新技術 脱プラスチック素材も FNNプライムオンライン(2022年)

スタバ店内で飲む冷たい飲料は「蓋なし」…全国に拡大、プラスチック年100トン削減 読売新聞(2022年)

ガシャポン史上初の「紙製カプセル」 “白い球体”で進むカプセルトイの脱プラ化 FNNプライムオンライン(2022年)

「目に見えて」プラごみ削減…コンタクトレンズ容器の回収拡大 読売新聞(2022年)

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。