ワクチンパスポートの活用、あなたは賛成?反対?

この記事は約 6 分で読むことができます。

先日の衆議院議員選挙、みなさん行きましたか?
新型コロナウイルスへの今までの、そしてこれからの政策が焦点のひとつになっていました。

テレビで、とある報道番組の選挙結果速報を観ていて、当選した候補者の名前の下に「ワクチンパスポートの活用」についての欄がありました。
賛成・反対のどちらかが表記されていました。

最近ニュースを観ていなかったわたしは、そんなことも議論のひとつになっていたのかと関心を持ちました。

もともとの使用目的は?

そもそも『ワクチンパスポート新型コロナウイルスワクチン接種証明書)』は、海外へ渡航する人のためのものでした。

予防接種法に基づく新型コロナワクチン接種済みの人が、海外渡航の際、渡航先への入国時をはじめ、現地での飲食店・施設の利用時等や日本への入国後・帰国後の待機期間に関する新たな措置を受ける際にも活用できるようにするための接種証明書です。

日本国内で活用の動き

そのワクチンパスポートを、国内でも活用しようという動きが広がっています。
証明書を提示することで、何かしらの特典やサービスを受けられるようになるらしいです。
すでに東京都は独自のスマホアプリを開発しています。
11月1日から運用が開始され、提示するとお酒が1杯無料になったり、イオンなどの商業施設では割引やおまけをするなどが始まっています。

 

TOKYOワクションアプリ
https://www.watch.impress.co.jp/docs/topic/1363187.html

 

利用者を安心させようという意図だけでなく、まだワクチンを接種していない人に接種を促す側面もあるようです。

こんな懸念が…

確かに、接種した人にとってはお得満載、「じゃあ受けてみるかな…。」と思う人も出てくると思います。

しかし(これはわたしの勝手な想像なのですが)、逆にワクチンパスポートがないと利用できない施設やイベント、最悪交通機関まで出てきたりして…??
利用者が優遇されたり、持っていない人が受けられないサービスが出てくるのは、まぁ、あるとは思います。
でも、全く利用できないことになってきたらどうしよう…と。

このように懸念を抱く人は多いのではないかと思います。

接種したくない・できない人は…?

今まだ接種していない人には、様々な理由があると思います。

わたしは、ワクチンの安全性に多少まだ不安があって、接種していません。
ミスやトラブルは減ったとはいえ、副反応がどうしても怖いし、3回目の接種が必要と言い出して、こんなに強い副反応が出るのに、そんなに打って逆に大丈夫なの?って思ってしまっています。

また、打ちたくても打てない人もいると思います。
過去他の予防接種を受けて、アナフィラキシーの症状が起きた人や、重い急性疾患がある人飲んでいる薬によっても決まってきます。

ある医師はこう語っています。
「最近までワクチンの予診票に、「ワクチンを打ってよいか主治医に確認しましたか?」という質問事項がありました。しかしこの質問は現在予診票から削除されました。その理由は、「打ってはいけない人」はコロナワクチンについては非常に少ないため、わざわざ確認する必要がないからです。どうぞ安心してワクチン接種を受けてください。」…と。

これで安心する人は多いかもしれませんが、わたしはなぜか逆に不安になってしまったのです。

海外の現状は?というと…

一足先にワクチンパスポートの活用を進めてきた海外では、ワクチン接種者と非接種者の「二重」社会の構築を進めているようです。

ニュージーランドのアーダーン首相はワクチンの接種者と非接種者を分ける二重社会を目指しているのかと問われ、「そう。そのとおりよ。」と答え、あたかも国民の権利を制限することに躊躇すらしないことを示唆しました。

オーストリアのシャーレンベルグ首相は、非接種者を標的にした新たなロックダウン(都市封鎖)について議論しています。



Newsweek日本語版 「個人の「健康上の事情」で選択する権利を、ワクチンパスポートで踏みにじるな」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/11/post-97389.php

みなさんはどうお考えですか?

日本国内では、現在は反対派より賛成派が少し優勢の様子です。

賛成派

・正当な理由なくワクチンを打たない人を減らすため。(40代・男性)
・このままワクチン未接種の人と同じ旅行や食事に行くよりはマシだと思うから。(60代・女性)
・リスクを考えてワクチン接種した人には何らかの特典が与えられて当然のこと。(40代・女性)

反対派

・ワクチン接種は任意なのに、強制されているのと同じ。(40代・女性)
・差別につながる。高齢者に先を譲り我慢している若者が割を食う。(30代・男性)
・打てない方もいるし、まだ治験段階であり将来的なことがわからない中、打つことを躊躇する方のいるのは事実。これらの方にたいして差別を助長する原因になりかねない。(50代・男性)



「ワクチンパスポート」に対する賛成意見と反対意見それぞれの理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/6478227c0f5da772c195777fc573d22125600dd9

 

 

ワクチンが開発され、接種することで感染を予防し、拡大を抑えることができるようになってよかったと思っています。
ここ最近の都内の新規感染者を見ても、落ち着いて見えるのは、ワクチンを接種した人が増えたからなのかな?とも思います。

しかし、効果があるからと国民全員に接種を義務づけるのは避けてもらいたいです。
これは選択の自由の侵害です。

ワクチンパスポートの有無で、善悪を決める社会にならないことを祈っています。

暮らしや健康に関する有益な情報を発信するWebライターichihimeのおすすめ記事

HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です