思い出

この記事は約 1 分で読むことができます。

精神科の待ち時間、Amazonプライムミュージックで、あるものを見つけた。
ジャスティンビーバーの『BELIEVE』というアルバムだった。
思わず、苦しくなった。
不登校の時に、何度も何度も聴いていた、あのアルバム。
フラッシュバックが起きそうになるから、聴かないつもりだったのに、いつの間にか再生ボタンを押していた。

泣いた。

全てを思い出した。
ジャスティンビーバーを聴いておけば、流行に乗れないコンプレックスが解消されると思っていた事、ジャスティンビーバーかっこいいな、とか思っていた事、フリースクールに向かうバスで繰り返し聴いていた事、それを聴きながら、なんでいつも普通の子になれないんだろうと悩んでいた事…。

そして、何故か大っ嫌いだったその頃の自分を、少しだけ愛おしく思えた。

これからも、私は、その頃に散りばめた思い出を拾っては、何かを感じて生きていくんだろう。
そうやって、前へ進んで行くんだろう。
ふと、そんな事を思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です