うつ病viviの睡眠「長い夢と低血圧と精神安定剤」

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病viviの睡眠「長い夢と低血圧と精神安定剤」

はじめに

11月11日(月)?時

ようやく長い夢から目が覚めました。

暗かったから、いつものように夜中だとばかり。

タバコに火をつけて、何気なく時計をみると、なんと5時27分。

びっくりしました。なぜなら、なんと8時間も寝ていたからです。

21時半ごろ眠りについて、一度も起きていない。

まさか、こんなに眠れるとは・・。

長い長い夢

viviはとても長い夢をみてました。

はっきりとした意味深な夢。何か途方もない夢。

あまりにも長くその夢をみていたせいか、
ボーっとして頭の中にモヤがかかっているみたいです。

ふらふらして、ひどい寝起きでした。

低血圧

viviは低血圧。日中活動時でも上は100ぐらいです。

とはいえ、低血圧に明確な基準はないそうです。

ですから、低血圧ではありますが特別な治療はしていません。

今更、始まったわけではないので気にせず日常生活を送っています。

その低血圧の症状が今朝はとても酷く、なかなか頭がさえません。

参考 低血圧と高血圧 知るほどTopics

参考 低血圧を徹底解説!知っておきたい基準と対処法 FORZASTYLE

8時間睡眠

こんなに眠れたのは、随分、久しぶりでした。

恐らく、10年は経つと思います。

いつもは、一回の睡眠時間は1~3時間ぐらいです。

ですから、今朝の状態から察するに「寝すぎ」ですね。

頭がボーっとして、にっちもさっちもいきません。

どうして、こんなに眠れたのでしょうか?

日曜日を振り返ってみました。すると、結構、頓服を飲んでました。

そのせいでしょうか?

実は先日の診察でお薬の処方が変わっています。

コントミン糖衣錠が夕食後1錠、寝る前3錠、頓服用で一日1錠だったのが、
朝昼夕に各1錠、寝る前3錠、頓服用に一日1錠となりました。

副作用に眠気がありますが、viviの場合日中は眠気はありません。

日曜日はコントミン糖衣錠の頓服を2回飲みました。

他の頓服もいつもより多く飲んでいました。

これらの眠気がまとめて夜の睡眠時間に影響を与えたのかもしれません。

コントミン糖衣錠とは

コントミン糖衣錠25mg

関連する病気 

双極性障害、統合失調症

主な効果と作用

吐き気やしゃっくりを止めたり、また痛み止めや寝つきをよくする薬の効果を高める。
不安感やイライラする症状などを改善する。
脳内の神経伝達物質(ドパミンなど)の産生や放出を調整し、不安や緊張をやわらげる働きがあります。

用法・用量

精神科領域において用いる場合には、1日50mg~450mgを分割経口投与する

引用元 医師たちがつくるオンライン医療事典 MEDLEY

おわりに

今回、こんなに眠れたのはなぜでしょうか?

多分、薬の影響が強いように思えます。

コントミン糖衣錠を合わせて200mg服用。

その他の頓服も多めでした。

加えて、長い夢。浅い眠りを持続させてました。

その結果、いつもより低血圧になってしまった可能性があります。

あくまで自己診断ですけどね。

しかし、眠れるのはいいことですが、ちょっとばかりきついです。

さて今夜はどんな眠りにつくのでしょうか?

できれば目覚めがスッキリとする睡眠がとりたいと思います。

2 件のコメント

    • はじめまして、viviです。
      コメントありがとうございます。

      8時間睡眠というのは珍しいですよね。私も驚きました。
      あれから三日たちますが、8時間は眠れてません。
      元の1~3時間睡眠に戻りました。(^-^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)