うつ病viviの心情「心境と心情」

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病viviの心情「心境と心情」

はじめに

今日のテーマは「心境と心情」

なぜ、この言葉にスポットを当ててみたかというと、

なんとなく思い浮かんだ言葉

「心境」という言葉を調べていたら、
「心情」という言葉があるのを知り、

面白いと思いました。

とても興味深く、意味を掘り下げてみると自分に繋がる新しい発見がありました。

viviが始める言葉の連想ゲーム。

連想しながら、自分の心を読み解いていきます。

あなたも試してみませんか?

心境と心情の違い

心境・・・ある状況に至るまでの心の状態 

心情・・・まだ言葉に発していない心の状態

心境と心情では意味が異なります。

この違いを明確にするには、それぞれの漢字の意味を知っておく必要があります。

「境」は置かれている様子
「情」は物事に感じて起こる心の動き

「心境」は自分が置かれている状態に対して思っていること
「心情」はある物事に対して思っていること

引用元 英語部 「心境」と「心情」の意味の違いと使い分け

viviの心境

今現在のviviの心境は、一言で言うと暗中模索

暗中模索」とは、暗闇の中で手探りして探すこと。転じて、様子がはっきりせず、目的を達する方法が分からないまま、いろいろ探るように試みること。

つまり、どういうことかというと、

viviは今、いろんな課題を与えられているからです。

その課題は、乗り越えられるであろうというものでいくつかあります。

例えば、潜んでいる病(障害)であったり家族のことだったりします。

それらの答えは、全て暗闇の中で手探りしていて、なかなか真ずいを見つけることができず、まさに暗中模索。

何に向かってどこを歩いているのかもわからないのが実情です。

viviの心情

今現在のviviの心情は心機一転

「心機一転」とは、ある動機をきっかけとして、すっかり気持ちがよい方向に変わること。また、あることをきっかけに、すっかり気持ちや心をよいほうに入れかえること。

「心機」は心の動き・心の弾み・気持ち。
「一転」はまったく変わる、がらりと変わること。

つまり、どういうことかというと、

viviは最近、閉ざしていた心を開きました。

まだ、全てを打ち明けたわけではないけれど、少しずつ慎重に心を開こうとしています。

そうしたことによって、心が動き心が弾み気持ちが楽になり前向きになれました。

おわりに

言葉の連想ゲームは面白い。

一つの言葉から、水面に円を描くように次の言葉が現れます。

その言葉の意味を調べ進めると、自分の心の中が見え隠れしてきて、更に進めると心を読み解くことができます。

あなたはできましたか?

viviの感想は満足です。それは自己満足と言われる方もいるかもしれませんが、viviにとってはこれでいいのです。いいえ、これで良しと言われたい。

複雑かつ神経質なviviの心の中。

両手いっぱいに抱えて離そうとしない悲しみや悩み。

どうしてそんなに大事そうに抱えているのか・・。

のぞかれたくない世界が心の中にあるのです。

ですから、一度には離せません。

だけど、少しずつ心を開くことができたらと思います。

そして、暗闇の中から明るい光の元へと歩いていきたい。

この道がどこに向かっているのか見いだしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)