うつ病viviの疑問「女の幸せってなあに?」

うつ病viviの疑問「女の幸せってなあに?」

はじめに

viviは、ふと思いました。
「女の幸せってなんだろう?」

結婚すること?
子を持つこと?
伴侶を得ること?

いいえ、そうでなくても仕事で成功して人生を満喫している人もいます。

viviの半生

viviはアラフィフ独身、子なし母と二人暮らし。

うつ病を患い7年自宅療養。
今はA型に通いながら治療を続けています。

近日、本格的にviviの抱える心の病に自らメスを
入れた治療を受ける予定です。

カウンセリングのことです。

浮いた話もありました

これまで浮いた話も数回ありましたが全部断ってきました。

同棲の経験もあります。

その頃は、多分この人と結婚するのだろうと思ってましたが、
「何か違う」
「この人と結婚しても幸せにはなれない」
と逃げ出しました。

それらができたのは仕事があったからです。
それに歳も若かった。

夢があった

当時は、キャリアウーマンになることに憧れを持っていました。

しかし、その夢も絶たれるほど心を打ちのめされました。

うつ病発症です。

AKARIとの出会い

そんなviviに灯りがともされました。
今は、ここでライティングすることが生きがいであり満足しています。

とても居心地がいい場所です。

ふと寂しく

でも、ふと寂しくなるのが難点。

このまま一人で老後を迎えるのか?

アラフィフになってそのことを気にするようになりました。

やっぱり女の幸せとは、よき伴侶を見つけることなのでしょうか?

結婚願望ゼロ

viviは若い時から結婚願望ゼロ。

同棲はしたことあるけどノイローゼになって逃げ出した。

あの時は相手も悪かったし私も悪かった。

生活苦の毎日にノイローゼ。
知人の男性に相談して留守中に逃げました。

その経験が尾を引いて、いまだに結婚願望ゼロなのです。

独身貴族?

貴族とまではいかないとしても、
ひとり身は楽でいい。
それも母とのんびり二人暮らし。

他人の家に入り込むなんて考えられないし、
他人の面倒するなんてもうできない。

自分のことと母のことでいっぱいいっぱい。

今の生活スタイルは変えたくない。

今が幸せ

いろいろ悩みはあるけれど今が幸せ。

今以上の幸せは贅沢かもしれないと思っている。

viviは母と二人細々と生きていく。

おわりに

結局、「女の幸せとはその人それぞれの価値観」なのではないでしょうか?

〇〇だから幸せとか・・。〇〇がいるから幸せとか・・。

女と限らず人として生きていくための生き方。

viviはちょっと意地っ張りだけど素直になって真っすぐな道を歩いていく。

決して道を踏み外さないように。

焦らず周囲に惑わされず自分の歩く道を信じて。

のんびりゆっくり穏やかに歩いて行こう。

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)