うつ病viviの「いつものこといつものTANOSHIKA」

うつ病

この記事は約 4 分で読むことができます。

うつ病viviの「いつものこといつものTANOSHIKA」

はじめに

心の中が乱れていようと泣いていようとここはいつものTANOSHIKA。

いつも変わらない空気でいつも同じ空気が流れていてどんな私も迎えてくれます。

「行きたくないなぁ」「休みたいなぁ」と思っても行ったらなんとかなる。

苦しくなるときも嫌になるときもあるけれどそれでもなんとかなる。

どんな私も温かく迎えてくれるいつものTANOSHIKAをお話します。

なんでかなぁ?

「なんでかなぁ?」って時々思う。答えはひとつ。多分温かいから。

ここを辞めたいと思っても「このままでいっかぁ」って思ってしまう。

それだけここは残念なことに居心地がいい。

いろんな職場にいたけれど、こんなところは初めて。

なによりも空気が殺伐としていないし息苦しくない。

私にとってここは熱くもなく冷たくもなく丁度いいところ。

無理なく気負いすることもない丁度いいところ。

リラックス

ここはすごく楽な気持ちでいいることができるところ。

特に「AKARI」に携わる作業をしているからかもしれないけど、肩の力を抜いて作業ができる。

チームで作業するのは苦手なので私には丁度いい。

緊迫した空気の中で勤めることが多かったからすごくリラックスして作業ができる。

途中で深呼吸もできるし手を休めることもできる。マイペースでやれる。

周囲が気になってどうにもこうにもにっちもさっちもいかない時もあるけれど、そんな時は話をきいてくれる支援員さんがいる。

面倒くさいと思われているだろうけど、おかげでリラックスして作業をさせてもらえる。

のんびり

殺伐としていないし一人での作業だからのんびりできる。

それから勤務時間もいい。一日4時間で一時間に1回の休憩。

休日は自分で決められる。出勤ペースも自分で決められる。

時給だから収入はわずかだけど居心地のよさを思うとこれくらいが丁度いい。

それぞれがそれぞれのペースで出勤してそれぞれの作業をする。

締め切りのある作業をしているグループもあるけれど「AKARI」には締め切りはない。

のんびりのんびり。それぞれのペースで作業ができる。

何もなければ、まるで日向ぼっこをしながら作業をしているみたい。

いつものこと

私の心の中で何か起こってもそれはいつものこと。

ムッときたりイライラしたり怒ったり泣いたり。

そんな気分になるのはいつものこと。いつもの私。

こればっかりはどうしようもない。なぜなら私はどうやら「HSP」だから。

周囲の空気に敏感で、耳が敏感で、些細な事が気になって、見えないものが見えて、聞こえないことが聞こえて、それらにいちいち反応する。

自分でも嫌になる。けれどもこればっかりは本当に仕方ない。

そんな私に対してもTANOSHIKAはかわらない。いつものTANOSHIKA。

いつものTANOSHIKA

TANOSHIKAにきてかれこれ4年。

いろんなことがあった。嫌なこともあった。楽しいこともあった。

楽しいことが多かったから嫌なことの記憶は鮮明に覚えてる。

何度も辞めようと思った。だけどそう思って出勤すると、いつものTANOSHIKAでいつものことのように迎えてくれる。

ここは残念なことに居心地がよくて、あっという間に一日が終わってホッとする私がいる。

おわりに

本当にここは残念なことに居心地がいい。

今日は出勤したくないなって思って渋々重い足取りで行ってみると、なんだかんだと4時間勤務があっという間に終わる。

私が怒ったり悲しかったりするのはいつものこと。

私が心の中でどう思っていても、行ってみると相変わらず同じ空気が流れているいつものTANOSHIKA。

良くも悪くも同じいつものTANOSHIKA。

今は在宅勤務でほとんど自宅にいてたまにしか出勤しないけどZoom越しのTANOSHIKAでも伝わってくるいつものTANOSHIKA。

ムッとしていてもイライラしていても、どうしようもなく悲しく落ち込んでいても、ここはいつものTANOSHIKAで気がついたら気分も落ち着いていて気分が和らいでいる。

もちろん私の場合和らいでくるまで頓服薬を飲み続けて対処しているけれど、いつもいつもたくさん飲んでいるわけでもない。少量の頓服薬でもなんとかなるときがある。

なんとかなるわけは多分、いつもの楽しいTANOSHIKAだから。

そんなところに私はいます。

悔しいけどTANOSHIKAにきてよかった。

うつ病viviのおすすめ記事10選! 復帰作、人気作詰め合わせ

HOME

うつ病

2 件のコメント

  • 記事を読ませてもらって考え込んでしまうことが時々あります。居心地がいいと思うことが最近なくて辛かったけど貴女の記事に救われました。今は記事を書けないけど応援しています。

    • こんにちは。ダックスフンドさん。お返事おそくなりました。記事が書けた日にしか、こちらワードプレスに入らないもので・・。すみません。そうですね。居心地がいいと思えること、ほとんどなかったので余計にここは居心地よく感じます。ダックスフンドさんもいつかまた居心地がいいと思える場所が見つかるはずです。その日までのんびりいきましょう。コメントありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。