身だしなみの苦手な発達障害ガールへ。脱毛について学ぼう!

この記事は約 8 分で読むことができます。

久しぶりに人に会う機会があったのですが、「やっちゃった〜」と思う出来事がありました。
なんと脱毛処理を忘れていたのです!

私はお金がないので、主にカミソリで自分の毛を剃っています。

しかしこれがなかなか面倒なものなのです。
そして、剃り残しもあるし、今回のように少し油断していると、剃り忘れが起きたりしてしまいます。

そこで最近、私はお店で脱毛をしてもらうことを考えています。
お金があまりないので、もちろん貯金して。

しかし私は脱毛に対する知識がほとんど皆無です。
しかも、複雑なことが苦手な私にとって、脱毛の知識を頭に入れて、どのお店に頼めばいいのかを決めるのは至難の業なのです。

そこで、今回はこの場をお借りして、脱毛について調べてみたいと思いました。
きっと発達障害の方は私のように複雑なことが苦手な方が多いと思うので、脱毛についても迷われている方が多いのでは?と思います。

また、発達障害のある女の子は、身なりに不器用だったり、関心がなかったりすると思います。(人によりますが)
脱毛のことも関心がないような方もいるのではないでしょうか。

しかし、脱毛は最低限の身だしなみでもあります。

だから、私が頑張って調べて、みんなに調べたことを共有できたらなと思いました。

今回の記事はそんな私が、脱毛の基礎の基礎から調べて、まとめてみた記事となっております。

タイトルは女性向けになっておりますが、男性にもぜひ読んでいただいて脱毛をするきっかけになってくれたらなあと思っています。

自分でお手入れするリスク

まずは、自分自身で脱毛をするリスクについて調べてみました。
ご自身で脱毛を行われている方は、色々な方法で脱毛をされていると思います。
それぞれの脱毛方法のデメリットを調べてみました。

脱毛クリーム→毛だけでなく、肌の表面も溶かしてしまう恐れがあります。肌が弱い方にはお勧めしません。

カミソリ→私が脱毛に使っているカミソリ。しかしこれは肌の角質まで取ってしまう恐れがあるんだとか。肌の乾燥や、肌荒れを引き起こす原因に…。

家庭用脱毛器→家庭用脱毛器は、種類によっては毛穴ごと毛を引っこ抜きます。そのため、赤み、毛嚢といった毛穴トラブルを引き起こす可能性があります。

毛抜き→抜いた毛穴の中に雑菌が入り、炎症を起こしてしまうかもしれません。

このように、自分で毛を処理するのはリスクが付き纏うのです。

それに対して、クリニックなどで脱毛をしてもらう方法は、お肌に優しいのでおすすめの方法です。

参照元:脱毛のメリットと自己処理のデメリット、脱毛サロンに行く前の自己処理のやり方

医療脱毛とエステ脱毛の違いについて

毛を自分で脱毛するリスクを知ることができた上で、プロに脱毛処理をしてもらうことに、興味が湧いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

脱毛をしてもらうには二つのパターンがあります。
医療脱毛とエステ脱毛です。

医療脱毛は、レーザーを使用する脱毛のことです。
毛根を直接攻撃するため、効果の持続があります。
この脱毛方法は医療行為のため、国家資格を持つ医師、看護師が行います。

一方、エステ脱毛は、医療脱毛と異なり、国家資格を持った人ではなく、指導を受けた人がします。
エステサロンで受けることができる脱毛方法です。
毛根のメラニンに作用させて、抑毛・減毛します。
永久脱毛はできません。


ざっくりと二つの他の違いを表にまとめて、表を作ってみました。

参照元:医療脱毛とエステ脱毛の違い

このように、医療脱毛に比べてエステ脱毛は安いものの、エステ脱毛だと医療脱毛より何度も通わなければなりません。
また、永久脱毛効果がある医療脱毛に比べて、エステ脱毛は一時的な減毛しかできません。

また表には書きませんでしたが、エステ脱毛の方が、医療脱毛より、照射回数、つまり脱毛に通わなければいけない回数が増えてしまいます。

またもしも肌トラブルなど、何かあった場合、医療脱毛だと対応をその場でしてくれますが、エステ脱毛ではその場で対応ができません。
そこらへんも心配な方は、医療脱毛を選択することをおすすめします。

医療脱毛 料金事例

医療脱毛の料金の事例をご紹介します。

レジーナクリニックは、全身脱毛が月々2,400円で受けることが可能です。

これは全身脱毛プラスVIO脱毛を6回受けるコースです。
一括で払うと、149,800円となります。

エステ脱毛 料金事例

続いてはエステ脱毛の料金事例をご紹介します。

LACOCOは、全身脱毛が月々3,300円で受けることが可能です。

これは6回プランを36回払いでの毎月の支払額です。
総額は118,000円です。

感覚過敏の方はエステ脱毛がおすすめかも。

エステ脱毛は痛みが医療脱毛に比べて小さいようです。

感覚過敏がある方は、エステ脱毛の方がおすすめかも?と思いました。

そもそも永久脱毛って何?

医療脱毛では永久脱毛ができます。
永久脱毛…聞いたことがある方も多いかと思います。
医療脱毛で行っている永久脱毛とは、そもそもどんなものなのでしょうか。

実は永久脱毛は、一生毛が生えてこない訳ではありません。(私は永久脱毛をしたら毛は永遠に生えてこないと思っていました!びっくり!)

米国電気脱毛協会や食品医薬品局では、以下のように定義しているそうです。

・最後にした脱毛から1カ月後、毛の再生する確率が20%以下
・脱毛3回終了後、6カ月経過時点で2/3以上の毛が減少している

引用元:【皮膚科:医師監修】永久脱毛するなら美容脱毛と医療脱毛どっち?違いや効果を解説

ここに書いてあるように永久脱毛は、一生毛が生えてこなくなるものではないのです。

しかし、永久脱毛は発毛組織を破壊するので、効果が長い間持続し、毛が生えづらいです。
またもし生えてきたとしても、永久脱毛する前のような毛ではなく、細い毛が生えてきます。

医療脱毛では永久脱毛を受けることができますが、医療脱毛以外のところ以外では受けることはできません。
永久脱毛は医療行為だからです。
対してエステ脱毛は、抑毛と呼ばれていて、効果は一時的なものです。

脱毛前に気をつけること

プロに実際に脱毛してもらう前に気をつけることも調べました。

事前に処理をする

脱毛に行く前に、施術する場所の毛の処理を行います。
これは脱毛のレーザーなどによる火傷を防ぐため。

自分で毛を剃る際は、肌への負担が少ない電気シェーバーを使いましょう。
施術当日に毛を剃ることはNGです。
たとえ電気シェーバーで処理を行ったとしても、肌にダメージがあるかもしれないからです。
1~2日前に自己処理を行うことがおすすめです。

まとめ

ここまで脱毛についての基礎知識をまとめてみました。

書いてきたことをまとめてみます!

この記事のポイント

●お店での脱毛の種類には、医療脱毛とエステ脱毛がある。
●医療脱毛は料金が高めだが永久脱毛ができる
●エステ脱毛での脱毛は安いが永久脱毛ができないし、たくさん通わなければならない。
●痛みに弱い感覚過敏の方などは、痛みの少ない優しいエステ脱毛がおすすめ。
●医療機関やエステ脱毛などで脱毛する前は、事前処理が必要になる。

複雑な脱毛についての知識ですが、発達障害のある方が女の子に限らず、男性の方もこの記事を読んで理解してくれて、前向きな気持ちになってくれたらそれだけで嬉しいです!

個人的に思うのは、私のように細かいことが苦手で、定期的に自分で毛を処理することが苦手な発達障害の人は、毛に関する身だしなみを自分で何度もしなくて済むように、エステ脱毛や医療脱毛をすることもひとつの手かなあと思いました。

毛の処理を自分でしていて、面倒だよなあ、忘れがちだなあ、という方は女性に限らず、男性も、よかったら参考にしてください。

おすすめ記事

piasuのおすすめ記事10選! 人気作などを紹介

noteも書いているよ!!↓

HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

発達障害と双極性障害を持っています。20代女。 趣味:おしゃれ全般、資格取得、ネットサーフィン、文章を書くこと。 🤍noteも書いているよっ!よかったら読んでください〜😊👇💕