うつ病viviの困り事「精神安定剤が足りません!」

首を傾げる女性

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病viviの困り事「精神安定剤が足りません!」

はじめに

viviは治療をしながらカウンセリングを受けるため医大を紹介されました。

しかし、医大から連絡があるようになっているのですが、
まだ連絡がなくて焦っています。

手続きが早すぎた

すぐに連絡が来るだろうと思って自立支援の更新のついでに、
医療機関を医大に変更してしまいました。

そのため、元のメンクリに気軽に行けなくて
どうしたものかと困っているところです。

窓口負担が1割と3割では違いますからね。

悩みどころです。

メンクリへ電話しました

「まだ、医大から連絡がないのですが・・」

薬が足りないことと自立支援の医療機関をすでに変更していることを話しました。

「まだ、予約を調整しているのでは?」との回答。

お盆休み後になるかもしれないと言われました。

薬が足りない

毎日、頓服を多く飲むので2週間分出してもらっても、
どうしてもリボトリールという安定剤が1週間でなくなります。

リボトリールは、夕食後と寝る前にも飲むことになっています。
そして、頓服薬としても飲むので最大量だしてもらってますが一番先になくなります。

(リボトリール錠)医師たちがつくるオンライン医療辞典MEDLEYより
脳の神経の過剰な興奮をおさえる働きがあります。

viviはこれをソワソワして落ち着かない時に、
頓服として一回にリボトリール2錠とソラナックスを4錠飲んでいます。
その他、エビリファイ、リスパダールも飲みます。

医師たちがつくるオンライン医療辞典MEDLEYより

(ソラナックス錠)
不安や緊張を和らげるお薬です

(エビリファイ内用液)
意欲を高め、気分を楽にするお薬

(リスパダール内用液)
強い不安や緊張感を和らげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬

そのため、リボトリールは一日に夕食後と寝る前のほか頓服としても飲むのでなくなるのが異常に早いのです。

幸いなことに

医療機関は変更したけど調剤薬局は変更してないので薬は1割で買えます。

医大から連絡があるまで元のメンクリで処方箋を出してもらうことになりました。

ほっと一安心です。

おわりに

医大へ転院したら、お薬を減らされるのではないかと心配しています。

特に上記の頓服薬。

増えるか、もっと効く精神安定剤を出してもらえたらいいのですけどね。

viviにとって精神安定剤は原動力。

ないと困ります。

また、カウンセリングを本当に受けられるのかどうかも心配です。

とにもかくにも、このお盆休みをどう乗り越えるか?

これが課題です。

希望は、のんびりゆっくり穏やかに過ごせること。

母と二人なので大丈夫だとは思いますが、これが意外と薬を飲むのです。

困ったものです。

医大へ転院する不安や緊張感でいっぱいです。
間にお盆休みが加わるので胸がいっぱいです。

でも、これでよかったと思いたいです。

なぜならば、こうなる運命だったような気がするからです。

幼い時から悩んでいました。

閉ざされた心の扉を開ける時が来たのです。

これから始まろうとしている新しい治療に期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)