うつ病viviの告白「カウンセリング受けることになりました」

山道を歩く女性

この記事は約 5 分で読むことができます。

うつ病viviの告白「カウンセリング受けることになりました」

1.はじめに・・

viviには、カウンセリングが必要なようです。

[カウンセリング] 引用元 心理オフィスK 

主には言葉を用い、対話や会話をとおしてクライエントが困っている事や悩んでいる事を解決していく営みのことを指します。その困りごとの多くには、人間関係、家族関係、職場環境、心の病気、学校適応、社会適応、恋愛などについてが含まれます。そして、カウンセリングは心理学、臨床心理学、精神分析学学習理論認知理論、異常心理学、精神病理学などの学術的な知見を基礎にし、それらを臨床的に応用しています。また、カウンセリングを実施する人をカウンセラーと言い、カウンセリングを受ける人をクライエントと言います。カウンセラーになるためには一定の訓練が必要で、座学、スーパービジョン、教育分析、個人分析などがあります。

 

というのも、先日、病院に行ったときに最近の症状(そわそわ・ざわざわ)がひどいことを話しました。別の精神安定剤をもらおうと思ったのですが、今がギリギリで新しく増やすことはできないということでした。

また、プライベートなことで、胸が苦しく心を痛めていること。
だけど、そのことは誰にも話せず思いつめていること。

胸が張り裂けそうで、精神安定剤を飲んでも飲んでも効かない。

2.すると、主治医は?

〇〇大学の大学院心理教育相談センターを紹介してくれました。

3.早速、そこに電話をしました!

まず、自分で予約を取ります。
それから、病名や症状などを話して受付。

ただし、カウンセリングを受けることができるかどうかは審査があるらしく、その返事に1週間から10日待たなければなりません。

カウンセラーは、男性がいいか女性がいいか尋ねられましたが、viviはどちらでもいいと答えました。また、カウンセリングをしてくださるのは大学院生。

料金は、保険がきかず、初回は2000円、二回目以降は1500円。

最初は、訪問看護かカウンセリングとどちらがいいか尋ねられました。
自分で行くか、来てもらうかの違いです。

来てもらうのは母が嫌がってるし、私もうちでは話せないことが多々あるので、
迷わず自分で行くカウンセリングを希望しました。

審査が通ったら、主治医に紹介状を書いてもらうことになっています。

4.それから、4日後・・

審査が通るかどうか心配してましたが、受付から4日で返事が来てカウンセリングを受けることができることになりました。

初回は、24日(水曜日)10時から。

緊張しますが、なんとなく気が晴れたような気がしてます。

大学院の心理教育相談センターなので研究の材料になるかもしれないけど、viviはそれでもいいと思っています。

なぜなら、vivi以上に苦しんでいる方たちの役に立てられるのなら大歓迎。

そして、viviの心の闇に光という希望を与えてくれるかもしれないから。

5.その日が来るまで・・

とても苦しい思いをしなければなりませんが頑張って乗り越えます。
精神安定剤の4種類の頓服薬をブレンドして朝2回、昼、夕方、夜、夜中と飲んで飲んで。

なぜ、ここまで自分を追いつめてしまったのか?
なぜ、こんなに胸が苦しいのか?

どうして、薬が効かないのか?
どうして、薬に逃げるのか?

viviには、精神安定剤が欠かせません。
viviにとって、精神安定剤は原動力。

あぁ、早くその日が来ないと、気がおかしくなりそうです。
その日が来るまで、なんとか、持ちこたえなければなりません。

6.とても、苦しい・・

まさかの恋煩い?
だったら、恋なんてするんじゃなかった。
でも、もう、誰にも止められない。
そもそも、恋は、気がついたらしていること。

原因は、これだけではない。
ここに、書き出すことができないけれど・・。

一人で抱え込んでしまった悩み、苦しみ、悲しみ。

それらが、私を襲ってくる。

7.今、これを乗り越える為には・・

想いを書いて書いて書きまくる。

viviの居場所。AKARI、そしてインスタグラムakari_media

viviは、ここで生きていく。
そう、決めた6月。

viviの復活は、まだ始まったばかり。
挑戦は続く。

8.最後に・・

もし、viviのような症状で苦しんでいらっしゃる方いましたら、コメントお待ちしています。

また、実際に大学の大学院生によるカウンセリングを受けていらっしゃる方いましたら、参考までにアドバイスや経験談などをお待ちしています。

9.宣言します・・

何が起きても、viviは立ち上がる。
ゆっくりゆっくり焦らない。

viviの生きる道。
ここしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)