フランスのいじめ厳罰化によせて。-誰がこの遮られた世界から私を、僕を救ってくれますか-。 

この記事は約 6 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。インターネットがより若い世代に普及して以来、角度を変えて複雑化して来たいじめ問題。いじめ被害者でもあった私の世代より、いじめの内容が酷くなり、私自身被害者としてはこの関連のニュースを観る度に心が痛いです。私自身、先生など学校だけでは変わらなかったので。今回はいじめ被害者であった私が、今いじめを受けている人に観て頂きたい記事を幾つかご紹介します。

いじめ厳罰化へinフランス

フランスで、学校でのいじめを厳罰化する運動が加速しています

フランスの国民議会(下院)は2021年11月、いじめ被害者が自殺または自殺未遂した場合にいじめ加害者に最高で禁錮10年の実刑と15万ユーロ(日本円で約2000万円)の罰金を認めることなどをまとめた法律を可決。2022年1月には上院の審議が開始します。

現フランスの法律では、いじめ加害者が13~17歳の場合は最高で禁錮2年6月の実刑と7500ユーロ(日本円で約100万円)の罰金、18歳以上の成年なら最高で禁錮5年の実刑と7万5000ユーロ(日本円で約1000万円)の罰金が認められています。いじめ被害者が自殺または自殺未遂した場合にいじめ加害者に対し実刑や罰金が1番過重されます。現在のフランスの法律では刑事責任を問えない13歳未満のいじめ加害者は実刑や罰金が科されません。

今回の法律決定について、フランス政府の教育省報道官によれば「いじめ加害者による実刑や罰金の適用年齢引き下げなど詳細は今後開催される国会の審議で決めます」と説明がなされました。

ここ数年はインターネットを通じたいじめが加速的に増加しています。フランス政府は2022年2月、いじめ被害者のスマホに、いじめ加害者から送られて来た嫌がらせのSNSの画面内容を保存した「スクリーンショット」などを、フランス政府に送信可能な通報スマホアプリの運用をスタート予定。子どものパソコンやスマホなどを子ども自身ではなく親が管理できるようにする措置も検討中です。

フランス政府の教育省の発表によりますと、フランス政府の調査では学校に通学する全体の児童・生徒のおよそ6%に当たる年間約70万人がいじめの被害を受けています。いじめと断言されていない症例も多く、今回の新たな法律が適用されれば、実際のフランスでのいじめ被害者数は合計で80万~100万人超えると想定されています。

マクロン大統領は、2021年11月にSNS上に投稿した動画の中で「いじめの被害に受けている全ての若者へ。私たちは君たちの味方だと知ってほしい」といじめの被害者にサポートを表明しました。 

海外はこういう問題には積極的に介入されていますよね。私がいじめを受けていた時は、担任も学校自体に言っても何も変わりませんでした。今は臆病ですが、あの時は1日も休まずに学校に行って、今の自分には考えられない位勇気がありました。

いじめを受けたダウン症の子に、大統領が味方

バルカン半島に存在する国である北マケドニアで、2022年2月7日、ステボ・ペンダロフスキ大統領はいじめを受けていたダウン症の11歳の女の子や両親らとみんなで一緒に、歩いて小学校へ行きました。校舎に入っていく女の子をペンダロフスキ大統領は見守りました。「彼女らは当然の権利を受けるだけではなく、学校の教室や校庭でもそれ以外でも、差別なく平等であり歓迎されていることを体感すべきなんです」とペンダロフスキ大統領は話しました。

参考:学校でイジメられたダウン症の少女に「最強すぎる味方」が登場、一緒に学校へ 北マケドニア ホフポスト(2022年)

本当に最強すぎる味方ですね。まず日本でこういう政治家的な方が味方になってくれる事は考えづらいですし、海外だから出来た事なのか、よく分かりませんが、、、

子ども達のSOS

SNSに投稿された子どもたちのSOSを見逃さないよう呼びかけるいじめ・自殺防止ポスターの写真が心に刺さると話題です。

ポスターに描かれているのは、一見すると笑顔の女の子。しかし、よく見ると、ひどい暴言と「たすけてたすけてたすけてたすけて」「どうして誰も気づいてくれないのくるしい」「死にたい」などの言葉が彼女の体におびただしく書かれています。そして女の子の上には、「今、いじめられています。だれか助けてください」という小さな訴えが。

ポスターには、「遠くからじゃ分からない。あなたは気づけていますか?」「もっとよく見て」というメッセージが書かれています。

引用:一見すると笑顔の女性、よくみるとSOSが いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題 ねとらぼ(2022年)

過去にいじめを受けた者として。

私は小学生の頃に軽く、中学生と大学生時代に1年間いじめを受けました。大学生時代は女子からのみでしたが、中学生の時はクラス全員だったので辛かったです。

よく「人は余りに辛い経験をすると、その反動で忘れる事が起こる」と言われた時がありますが、私は昔はよくその当時のいじめを受けてた頃の記憶がずっとフラッシュバックされてました。凄く精神が病んでいく内に甲状腺機能低下症を発症し、記憶障害に。それであんなに辛かった中学時代の記憶もほぼ消えました。

今の会社に入る前は記事にも書きましたが、よく観ていたフラッシュバックによる悪夢も今はほとんど観ていません。最近は仕事であれをこう書きたいとかを夢観ます。

私もフラッシュバックが酷かった時、何度も何度もこれ以上生きていたくないと思いましたが、今その苦しかった時からやっていた文章を書く事が仕事に結び付きましたし、今は楽しく毎日仕事をしています。

どんなに辛い事を体験しても、いつか私みたいにどこかでやり続けた事で報われる日がきっと来ると思います。私の話は病気で記憶が飛んで、リカバリーストーリーではないですが、今辛い経験をされている方、一人で悩まず、今苦しくても私みたいに楽しい事が15年以上経って来る場合もあるので、あなたには生きていて欲しいです。

関連記事

いじめゼロ、得意を伸ばす未来の学校 ニトリ会長と子どもたちが対談 朝日新聞デジタル(2021年)

いじめ不登校見逃さない 熊本市教委、早期対応に力 欠席目安待たず「改善へ努力」 熊本日日新聞(2022年)

いじめから「助けて」 親に言いにくい時の頼りは? 沖縄の中学生が全国会議でアイデア 琉球タイムス(2022年)

小中高生、いじめ防止法「知ってる」1割未満 こども家庭庁「子どもの意見聞いて」 3万人アンケートで 東京新聞(2022年)

いじめ加害者に学校への立ち入り制限…自民作業部会が提言案 読売新聞(2022年)

「あだ名」「呼び捨て」は禁止、小学校で「さん付け」指導が広がる 読売新聞(2022年)

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。