店頭販売しないペットショップや保護猫の支援〜犬や猫たちを取り巻く様々な環境〜 

この記事は約 7 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。私たちの身近な生き物、犬や猫。その2つの動物にはキャリアチェンジ交流会や、猫用専用こたつ付きみかんジュース、障害者施設と関係のある保護猫など、人間が取り巻く様々な環境にいる事が分かりました。今回はまだ見ぬ犬や猫の世界に、皆さんをいざないます。

キャリアチェンジ犬交流会

日本では、2002年に「補助犬法(身体障害者補助犬法)」が施行されて以降、盲導犬と聴導犬、介助犬の3種類は「補助犬」としての立場を得ました。それから病院、飲食店、ホテルやスーパーマーケットなどの施設や交通機関に、障害のある方などに同伴することが認められるようになりました。

そんな介助犬にはなれなかった犬たちのための「キャリアチェンジ交流会」が行われています。

介助犬の育成に取り組む日本介助犬協会は、毎年「キャリアチェンジ犬交流会」を開催している。「キャリアチェンジ犬」とは、評価・訓練を受けたが介助犬にはならなかった犬たちのことである。候補犬たちは、生後1歳になるまでボランティア宅で伸び伸びと育てられる。その後は訓練を受けながら数カ月ごとに適性評価を行い、それぞれの犬に合った道に進んでいく。

介助犬への適性があると判断された場合は訓練が続けられるが、その場合も犬の特性に合わせて対応する。最長で2年ほどの訓練を受ける場合もあるが、最終的に介助犬になるのは全体の3割程度にとどまる。あとの7割ほどが、キャリアチェンジ(職務内容の変更)をする。

引用:介助犬や元候補犬の“日常”を知る…「キャリアチェンジ犬交流会」開催 REAMINAL (2021年)

仮に介助犬になれなくても、伸び伸びと次の場所で新しいキャリアで頑張ってくれたら、それはそれで良いと思います。

店頭販売しないペットショップ

神奈川県茅ケ崎市浜見平に2021年秋開店した「ペットフォレスト湘南茅ケ崎店」の取り組みは、犬猫を店頭販売しない全国に例のないペットショップです。神奈川県動物愛護センターでの保護犬や保護猫の情報などを共有し、毎月に数回ボランティア団体らを招待した保護犬や保護猫の譲渡会を開催しています。

「欧米諸国の動物の譲渡状況をベースにして店頭販売に依存しない経営方針でいます。世の中のニーズに合わせ、飼い主が犬猫と出逢う場所を確保していきたい」(同ペットフォレスト本部)といい、同「ペットフォレスト湘南茅ヶ崎店」で通常の店頭販売するのは鳥や魚などのみです。

最近は新型コロナウイルス感染拡大の影響で在宅時間が増加した人達が、ペットを購入を考えて訪問することが多くなっています。同「ペットフォレスト湘南茅ヶ崎店」の店頭入場口には県内の神奈川県動物愛護センターや、同茅ヶ崎市を本部にするボランティア団体など6団体の情報を掲出し、店内には保護犬、保護猫と直接触れ合えるためのイベントブースを完備しています。

参考:神奈川・茅ケ崎に犬猫を販売しないペットショップ 月数回の譲渡会実施「保護動物知るきっかけに」 神奈川新聞(2022年)

関連記事:フランス 犬や猫の店舗での販売禁止へ 2024年から NHK NEWS WEB(2021年)

保護猫をみかんジュースで寄付

和歌山のネットショップ「チキンナカタ」では、人も猫も喜ぶ累計5,500箱も出荷された大人気の商品が評判を呼んでいます。商品名は猫専用こたつ付きみかんジュース「ニャンジュース」です。

ジュースの売り上げの一部は、保護猫活動への寄付にあてられています。

「ニャンジュース」の商品内容は、和歌山みかんジュース(180ミリリットル)10本と、猫専用こたつキットの2つ。こたつキットは段ボール製で、脚を差し込むだけで完成。天板も付いているため、自宅にある布を挟むとあっという間に猫専用こたつができあがる。

さらに、商品を梱包している段ボールには原稿用紙風のプリントをあしらい、かわいらしい猫のイラストまで。届いた瞬間、思わず笑顔になってしまうような工夫も魅力だ。

「ニャンジュース」は、猫の存在あってこその商品。そのため、「ニャンジュース」を購入すると、売上の2%が保護猫活動団体「ネコリパブリック」へ寄付される。

引用:売上の2%を保護猫活動へ寄付 “猫用こたつ”付きのみかんジュース「ニャンジュース」が好評 ラジトピ(2022年)

関連サイト

廃棄するなんてもったいニャい!そんな想いから企画した、猫専用こたつ付きみかんジュース「ニャンジュース」が今年も販売スタート。 PR  TIMES(2021年)

ネコも農家さんも救うみかん!?日本初となるネコ専用こたつ付きみかん「猫とこたつと思い出みかん」12月3日より販売開始。 PR  TIMES(2021年)

ネコ好きに愛されて累計5,500箱突破!日本初の猫専用こたつ付きみかん『猫と、こたつと、思い出みかん』2月22日の「スーパー猫の日」に本年度の予約受付スタート。 PR  TIMES(2022年)

障害者施設と保護猫。

障害者が軽作業などの就労訓練を組み込む就労継続支援B型事業所で、保護猫サロンを併設したユニークな施設が、兵庫県加古川市野口町坂井に存在します。保護猫の世話も作業内容に取り入れる一方、アクセサリー作りなどに励む障害者が、作業の合間に保護猫と触れ合って癒やされています。保護猫サロンはどなたでも見学でき、運営者は「保護猫を入り口に、障害者の就労にも心を寄せて頂きたい」と願います。

この保護猫サロンを運営するのは事業所「つみき」と、サロン「ウィズ マリリン」。住宅設備工事会社を経営する男性が一般社団法人を創立し、2021年1月に開所しました。保護猫サロンを併設したことで、外出が億劫だった障害者が、猫をきっかけに就労継続支援B型事業所を見学する興味になるなどの相乗効果が出ているといいます。保護猫サロンは無料見学と、100円で保護猫におやつをあげる体験が可能です。保護猫カフェとしての営業も計画中で、実現すれば就労の場が増加する一環となります。

参考:にゃんだか元気がでるよ 障害者の就労事業所に「保護猫サロン」併設、来所のきっかけに 加古川 神戸新聞NEXT(2022年)

障害者施設と保護犬。障害者の方にも癒しもあり働く場所もでき、保護猫にとっても生活出来る場所になる。こんなに互いに相乗効果のある利便性に富んだ場所はなかなかないなと思いましたが。

こうやって振り返りましたが、

私たち人間達に1番身近な生き物の犬と猫にも、様々なヒストリーがある事が分かりました。猫用のこたつは2018年から販売が始まり、これまでに5500個以上売れたそうですね。廃棄する予定のみかんを使って、猫とこたつの写真1投稿で2円寄付が出来る、農家の方にも猫たちにとっても良い取り組みだと思いました。

キャリアチェンジ犬交流会とか、店頭販売しないペットショップの取り組みも良かったです。共存していく世界で、私たちにとっても、犬や猫にとっても住みやすい世界が広がります様に。

関連記事

すっぽりくつろげるニャン ヒノキのネコ用ベッド商品化、亀山・中川木材 中日新聞(2021年)

自動ドア〝開かないニャ~〟 美里町文化交流センター、ネコの「侵入」防止に電源オフ 熊本日日新聞(2022年)

犬の聴覚を体感する驚愕のサウンドデザインが明らかに『ストレイ 犬が見た世界』 cinemacafe.net(2022年)

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。