2025大阪万博に障害者アートを飾ろう‼︎〜世界に羽ばたく無限のアートの数々〜

この記事は約 10 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。今回は、まず2025大阪万博に障害者アートが飾られると知り、そこからこの記事を書く事にしました。この記事では実際にプロの絵師さんではなく、障害者福祉事業で取り組まれている、障害者アートについてお伝えしていきます。

 

2025大阪万博と障害者アート

株式会社イマジン(京都市右京区)は、当社事業のひとつ、HWP<ハート・ウォールペーパー・プロジェクト>(インクジェット壁紙を通して魅力ある障害者アートを社会に広く普及していく事業)の新たな展開として、「ハート・アートクッション」をクラウドファンディングを活用して商品化しました。

ひきつづき新たなミッションを重ね、4年後の「開花」を目指します。

わたしたち株式会社イマジンは、京都の地から起業し約35年、あらゆるシーンでのビジュアル製作を追求して参りました。現在京都をはじめ、大阪、名古屋、東京に営業所を置き、イベントや展示会、商業施設や屋外広告におけるサイン・ディスプレイ装飾の立案・製作・施工に従事しております。

visible(目に見えるもの)にこだわり、お客様の満足(幸せ)を実現していく、そんな想いを仲間と共有しながら日々業務に取り組んでいます。

引用:2025大阪万博。障害者アートの花を会場中に咲かせます。 PR TIMES(2021年)

万博という一大イベントに華を備えられるなんて、とても素敵ですね。又他の都道府県でも、同じ様に障害者のアートで地域を盛り上げようという、地域型の取り組みがされています。

盛岡市

障害者のアートを支える動きが広がっています。社会参加を促進する活動だけでなく、その芸術性やデザインを盛り込んだ商品も増えてきました。2021年は東京パラリンピックが開催されたこともあり、障害者のアートの機運はさらに高まっています。

【ヘラルボニー】店内に並ぶのは、カラフルなデザインのハンカチやネクタイ、傘。アート作品の商品には障害者アーティストのプロフィールなどが添えられています。

岩手県盛岡市で障害者のアートを使った商品を販売する【ヘラルボニー】が2021年2月、京都府京都市の藤井大丸に2ヵ月限定で開いた関西初のショップ。契約障害者アーティストは全国で150人を超え、商品はオンラインでも展開します。「基盤にあるのはアートとしての素晴らしさ。チャリティーではなく、実際に『かわいい』『かっこいい』ものをそろえました」(ヘラルボニー広報担当)といいます。

参考:「かっこいい」 社会とつながる障害者アート…デザイン性生かし商品化 産経新聞オンライン(2021年)

岡山市

菓子製造販売の果実工房(岡山市南区古新田)は、障害者のイラストを菓子のパッケージにデザインする「ハートフォーアートプロジェクト」に取り組んでいます。個性的なアート作品を使って差異化を図るとともに、誰もが活躍できる社会づくりに貢献します。資材費などを調達するためクラウドファンディング(CF)を行っています。

プロジェクトは、就労継続支援A型事業所「ありがとうファーム」(同市北区表町)などと連携し昨年12月に開始。これまでにゼリー、チョコレート、グミキャンディーなどの28品に障害者の作品を採用しています。

このうち白桃、レモン、ピオーネ、マスカット味のゼリー4品は、同事業所の利用者が色鉛筆で作成。ちぎり絵のように、色違いの小さな三角や四角を組み合わせて果物を表現し「キラキラと輝いて見える」(同社)。

各パッケージの裏には作者の障害や得意なことをまとめたプロフィルも掲載。価格はゼリーが170円、チョコレートが300~410円など。岡山、倉敷市内の直営店や大手通販サイトで販売しています。

引用:菓子包装に障害者アート 果実工房、CFで資材費など募る 山陽新聞(2021年)

凄く素敵な淡い絵でした。色鉛筆特有の温かさでしたね。

東京都

東京都台東区にある香りの雑貨メーカー【キャライノベイト】(花川戸2)が、台東区内の福祉作業所とハンドソープなどを作るプロジェクトを促進しています。障害者らアーティストがハンドソープのパッケージのデザインを担当し、2022年3月に発売予定。作業所が休業したり、商品の受注が減少したり、新型コロナの影響を受けた福祉作業所にハンドソープの売り上げの2%が寄付されます。

同【キャラノベイト】は、ハンドクリームなどの企画、実用販売をしています。台東区に8年前、本社を移転。台東区内の福祉作業所に同会社商品のラベル貼りや箱の組み立てを依頼しています。

参考:障害者らが商品パッケージをデザイン 台東のメーカー、ハンドソープ発売へ 東京新聞(2021年)

浜松市

動物をモチーフに、障害者アーティストと幼稚園児のアート作品を展示する『三ケ日動物園』が2月5、2月6日の両日、静岡県浜松市北区三ケ日町にある三松幼稚園で開催されました。アート製造に魂を込める障害者福祉事業所【ゼロベース三ケ日】(浜松市北区三ケ日町)では、アート作品の出品に向けて利用者たちによる作業が佳境を迎えていました。
 
三ケ日町内に施設のない動物園をベースをアート作品で創り上げようと、三松幼稚園が【ゼロベース三ケ日】に声を掛けました。【ゼロベース三ケ日】側は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で利用者の作品発表のチャンスが減っており、【ゼロベース三ケ日】の責任者は「共生社会の実現のためには、浜松市に住んでいる人たちに障害がある人の存在感を示すことが大事。今回お誘いを受け、事業所の利用者も張り切っている」と感謝しています。
 
開催当日は三松幼稚園の全園児77人と【ゼロベース三ケ日】の利用者20人ほどの作品を展示されました。
 
『三ケ日動物園』では、浜松市の企業から寄付された廃材などを使い、色々な動物を目下制作中です。三角コーンで頭を作った高さのある2mのキリンや、空調用のダクトを鼻に見立てたゾウなどを展示する予定です。
 

参考:障害者と園児のアートな動物園 三ケ日の幼稚園で作品展 中日新聞(2022年)

どんな動物たちが生まれたんでしょうね!?幼稚園と障害者アートの組み合わせ、画期的ですね。

関連記事

トニトニCDジャケット、ラインスタンプ…光る障害者の感性、商品化相次ぐ コロナ禍でもホッと 東京新聞(2020年)

障がい者アートがTシャツやトートバッグに 「想造楽工」オンラインショップ立ち上げ 八王子経済新聞(2021年)

NFTを活用した「障害者アート」の認知普及事業を開始! PR TIMES(2021年)

障害者施設の窓が「アート」と通行人に評判 描いているのは独特の色彩感覚持つ利用者 南日本新聞(2021年)

引用:障がい者アート支援プロジェクト「ピースアート」とマツダ株式会社がコラボレーション PR TIMES(2021年)

自販機で障害者就労支援 1本10円寄付 佐渡の画家デザイン 読売新聞(2021年)

引用:ー日本酒×アート+SDGsー やまなみ工房・楯の川酒造コラボレーション企画販売決定 PR TIMES(2021年)

<社説>障害者アート 支援体制息長く手厚く 東京新聞(2021年)

障害者アート、カフェで輝く 凸版印刷など松山に開設 朝日新聞デジタル(2021年)

障害者アートのクレカ発行 ヘラルボニー、丸井と提携 47NEWS(2021年)

JOY’N ハンドソープとサシェ 障がいを抱える方々とその家族。共に作り上げたデザイン、ロゴ、そして香り PR TIMES(2021年)

引用:障害福祉×デザインの想造楽工が12月1日に新プロダクトを発売! PR TIMES(2021年)

障害者アートを絵本に 新潟日報モア(2021年)

「HERALBONY」、障害のあるアーティスト5人のデザインを起用したアートボトルを販売開始 PR  TIMES(2021年)

爆発する個性、おうちに パラアート作品を定額レンタルでお届け 武蔵小杉のタワマンで 東京新聞(2021年)

「HERALBONY」、コラボレーションランドセルを販売 PR TIMES(2021年)

障害者アートで足元明るく 愛媛・大洲、コラボサンダル 朝日新聞デジタル(2021年)

福祉作業所×地域コミュニティスペース×地元の子どもたちの協業が実現! PR  TIMES(2022年)

川崎産「香辛子」 海苔とコラボ 中原の老舗問屋が開発・販売 障害者支援団体がパッケージデザイン 東京新聞(2021年)

セイン・カミュと障害者のアート? 妹の作品から始まった不思議な縁 読売新聞(2022年)

エイブルアート×3RDWARE×Tabio 障害のある人のアートから作ったボクサーパンツ&ソックスのコラボセット、Tabio公式サイトで2/1(火)先行限定発売 PR TIMES(2022年)

<新型コロナ>色鮮やか、癒やしのデザイン マスクケース25枚を1冊に 川口の「中島製本」が商品化 東京新聞(2022年)

緻密で繊細…障がい者アートをドリンクカップに採用 ローソン テレ朝news(2022年)

障害者アート、Tシャツやフリースに 薬王堂とヘラルボニーがコラボ 河北新報(2022年)

障害者が描いた絵がネクタイに 笠松町がふるさと納税返礼品に採用 朝日新聞デジタル(2022年)

【新商品】障害のある作家のアート×リサイクル繊維×ママのアイデア=SDGsなサブバッグ「エコバッグcoconi×ヘラルボニー」 PR TIMES(2022年)

障がい者含めアート作品発表の場 大分銀行とJR駅ビル 日本経済新聞(2022年)

フェリシモCCPが展開するUNICOLARTから、障がいのあるアーティストのカラフルなアートを使った「コンパクト財布」「スマホカバー」「長傘も折りたたみ傘も使える傘ケース」が新登場! PR TIMES(2022年)

シブヤフォント

以前別のライターさんが書かれていた、シブヤフォントなど、既に世界で注目されている障害者アートもあります。

その他の障害者アートについても、別のライターさんの記事のリンクを貼っておきます。

私は絵が描けないので、

私は絵が描けないので、単純に絵で評価される方は凄いなととても思います。こうやって記事化してみると、障害者の方のアートが、こんなにも沢山、色んな場所やものに使われている事が分かりました。

無限に広がる障害者アート、もっともっと沢山浸透して欲しいですね。

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。