在宅勤務なら、地方移住は有り?無し?

在宅ワーク

この記事は約 6 分で読むことができます。

こんにちは、金次郎です。

 去年4月の最初の緊急事態宣言から私たちも在宅勤務がメインになって、もうすぐ1年。
 自宅のパソコンで作業したりオンラインでの朝礼や終礼に参加する事にも、すっかり慣れてしまいました。
 逆に作業所への通所日は「今日の、お昼ご飯はどうしよう?」なんて悩んでいます。
 と言うのも作業所近くのスーパーも通勤者が減ったからなのか、お弁当コーナーのお弁当が普段の半分ほどしか置いていない状態になっています。
 さて、今回取り上げた記事の記者さんは、社内規定の改定により出社義務が無くなったのを機に、都内23区から家賃の安い埼玉県へ引っ越しましたが、会社から「某社の緊急記者会見の取材に行って記事を書いて欲しい」と言う指示に慌ててしまいます。

せっかく移住したのに

 出社義務が無くなったとは言え、会社の規定で「呼び出しを受けてから、2時間以内に出社できる場所に居住する事」と定められましたので、記者さんもそれを踏まえて規定通りの場所の部屋を選びました。
 しかし会社からの呼び出しは、この1年間に1回も無く、記者会見やインタビューもほとんどがオンラインにて行われており、現場取材に行ったのは4~5回程でした。
 そんないつもの在宅勤務をしている時に「某社が緊急会見を開く様だが、時間と場所は未確認で現在調査中」と言う連絡が会社から入ります。
 「時間や場所が分かっていれば2時間あれば行けるけど、詳細が分からないから早く出ないと会見に間に合わないかも?」と思い、取り合えず会社に向かいました

それ以降の記者さん

 会見の場所や時間は、電車に乗っている時に会社から連絡があり、何とか会見開始の2分前に会場に滑り込めたそうです。
 しかし、慌てて家を出た為に、会見中にPCのバッテリーが無くなるは、普段使わないので交通系ICカードがチャージ切れを起こすは、傘を持ち忘れた為に雨に濡れながら会場に向かうなど、問題が幾つも重なったそうです。
 この緊急会見を体験して以降の記者さんは「モバイルバッテリー、スマートフォン2台、ノートPC、カメラ、名刺」等の取材セットを枕元に置いておき、在宅勤務中もジャケットを着たまま仕事をしているそうです

テレワーク移住のメリット・デメリット

 テレワーク(在宅勤務)が主流になったとは言え、簡単に田舎に移住しても良いのでしょうか?
 私が新卒で入社した会社の同期入社の友人に聞いて見ると、総務部門以外は完全テレワーク制になり事務所への出社義務は無くなったそうですが、私が今勤めている作業所は交代で月3~4回の通所日がありますから、会社によっては月に何日かの出勤日を設けているところも有るでしょう。
 そこでテレワーク移住のメリット&デメリットを見てみましょう。

 メリットの1番は、多少会社から遠くても家賃の安い地方に住めると言うことです。
 デメリットは、あまり田舎過ぎるとお店が無い事です。
 私が住んでいる団地最寄り駅の上下線隣駅にはコンビニすら有りません。
 その様な事を考えると移住する前に

・コンビニやスーパー、ドラッグストア、ホームセンター等のお店は有るか?
・病院や銀行・郵便局は近いか?

 など、生活するのに必要なお店や施設の有無を確認したうえで移住しないと、不便な生活を送る事になってしまいます。
 また、今回の記者さんの様に急に出社指示が出た場合は、遠方に住むと対応するのが大変と言う事を頭に入れておきましょう。

私の場合

 新卒で入社した会社は、九州の地方県でしたので、県庁所在地でもちょっと市の中心部から離しただけで、住宅地になり手ごろな値段で部屋が借りれました。
 会社はその住宅地の一画にありましたので、私は会社まで歩いて5分程の場所にあるアパートを借りて住んでいました。
 ただし、田舎な県だったので公共交通機関があまり整備されていませんでしたから、少し中心部から離れた場所にあるお店に行く場合などに自家用車の所有が必須でした。
 またその県の空港が、ジェット旅客機時代になってから、空港が車で1時間ほどかかる場所に移ったとの事で、商品を購入いただいたお客様が、関東方面とかの遠方になると宿泊必須の出張になりました。
 特に宇宙開発事業団(現:宇宙航空研究開発機構)の地球観測センターと言う衛星画像受信基地は、埼玉県比企郡鳩山町と言う埼玉県の山奥に有りましたので、ここへの出張は大変だった思い出があります。

終わりに

 私は父が会社の大阪支店勤務の時に生まれましたので、戸籍謄本でしか知りませんが、一応大阪府出身です。
 生まれてすぐ福岡県に引っ越して来ましたが、その後も4~5年毎に父の転勤があり私も4回引っ越しています。
 その父が、勤めている会社の子会社に異動と同時に社籍もその子会社に転籍となったので「福岡が本社の会社だから、もう転勤は無いな」と言う事で、今住んでいる家を建てました。
 私は同じ九州でも他県の会社に就職していましたので、帰省以外では実家に居たことが無く、病気でその会社を退職してからが初めての実家暮らしです。
 最初は、うちの団地くらいしか無かった実家周りですが、今は周り中が団地だらけになり、普通電車しか停まらなかった最寄り駅も急行電車が停まる様になりましたし、スーパーやドラッグストアなどお店も色々増えました。
 福岡市と久留米市の中間にある小さな市で土地の値段も手ごろで、どちらの市で働く人も通勤しやすく住みやすいと言う事で、移住して来る人が多いのだと思います。

参考元

出社しないつもりで“テレワーク移住”した記者、突然の現地取材と出社を経験(ITtmedia news)

もう出社しないので東京から埼玉に引っ越してみた “テレワーク移住”はアリかナシか 部屋探し編(ITtmedia news)

パニック障害や聴覚障害の当事者目線のWebライター金次郎のおすすめ記事を紹介!

HOME

在宅ワーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です