人間関係リセット症候群の対処方法

この記事は約 4 分で読むことができます。

世の中には一定数「定期的にすべてをリセットしたがる人間」がいる。
全ての交友関係や連絡先、職場などを抹消し
恋人ですら急に連絡がつかなくなるようなタイプ。
心配してほしいとかそういうのでもなく
本当に何の前触れもなく、してしまう。

こんなツイートが流れてきた。

わたしもたまにこの気持ちにかられる。

人間関係リセット症候群」と言われ、
同じ傾向の人もいるようだ。

なぜ、消したいと思うのか。

周りからの評価を気にし過ぎたり、自分のミスが気になったり、などの諸々の理由が絡み合って、日々積み重なっていき、そして、耐えきれなくなってしまうと、ついついリセット発動

https://mayonez.jp/topic/2980

らしい。

Twitterのブロックやミュートもその1つだろう。

 

特にミュートは、相手に知られることなくできる。
自分の感情一つでリセットすることを知られたくない人には
もってこいかもしれない。

頑張り屋さん、責任感が強い人、切り替えが早い人
地球にはいろんな人がいる。

本能が「消したい」とさせたから、が一番の理由じゃないかな。

 

自分にとって都合不都合あるから、
あえて不都合に飛び込む選択もあるけど

それで精神を削るなら

例え知り合いでも、見なくていいと思う。
Twitterとか。snsは。見る自由がある。

近しい関係にいる人を外すと地雷を踏むことも

 

わたしもたまに「あ、消去したいな」と
フォロー一覧に目を走らせ、
最近関わりがない人のフォローを外す。

支障がないなら、それまでの関係だったんだとしか思えなくて。
消した後にやっぱり必要になったなら、
共通の知人のフォローから探す旅に出る。

ただ、近しい関係にいる人を外したりすると

いざ会った時に「あれ、ツイート見てない?」と聞かれることもしばしば。

人との距離感が近くなったから特有ではあるけど

こればかりは気をつけたほうがいい。
地雷を踏むこともあるから。

「他人はあまり人を見ていないよ」と信じる

整形して、顔が変わっても
クレヨンで日記をグチャグチャに塗りつぶしても
履歴を全消去しても
記憶が飛んでも
ブロックしても
引っ越ししても

以前の人間関係は、
地球上の人、モノ、植物、動物、機械、温度
何もかもリセットされない限り
消えることはない。

あとは地球滅亡。

2018年。
ブログも日記もsnsもそう。

残せて、何でもデリートで消せる容易な時代。

そして、人の行動を簡単に見ることが可能な時代。

何かと繋がった事実は全く消えない。

何も変わらないのに、消したいと思う。

その衝動を抑えるならば

他人はあまり人を見ていないよ」と信じてみるのが良い。

お節介とか、噂大好き人間以外は見ていないから。

だって、みんな自分が生きて行くことに一所懸命。
他人なんて構ってられない。

その中で、人のために何か力になりたいと言える人は素敵。
その気持ちが強すぎて、キャパオーバーになっちゃうこともあるけど。

この世界に生きるなら、やっぱり人と会うことが一番の信頼関係を築けるから。

どうしても、生理的に無理!以外は
消すとは違う方法で少し距離を置いてみる。

そうすれば、嫌な部分しか見えなかったのに
少し、良いなって言える箇所が出てくるかもしれない。

なんでも、長所短所は紙一重。

どうせなら、リセットするような関係ではなく
良い出会いだったと言える人と付き合いたい。

「人間関係リセット症候群」
あ、わたしもあるかもって人は

自分に素直になることから始めると案外うまく行くかも。

 

mariaのTwitterはこちらです>>>(@maria_nkym)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

23歳ライター▼うつ病発症→1年で高校中退→高卒認定を取得し、指定難病「微小変化型ネフローゼ症候群」発症も大学を4年で卒業。地方経済雑誌記者を9ヶ月で退職し、フリーのライター、モデルで食ってます / 難病×不登校×うつ病について発信▼note:https://note.mu/maria_nkym/