不安神経症との付き合い方がわからない

不安神経症との付き合い方がわからない

 

私は、うつ病であり、神経症(不安神経症)でもあります。

神経症歴の方が長く、思い起こせば、中学生の頃からだったかも知れません。

当時は、精神科というと偏見も多く、たてまえを気にする両親にとっては、そんな病院には、つれていってくれるはずもなく、ただ、私のことを、「もっと、しっかりしなさい」と𠮟られるばかりでした。

社会に出てからも、やっぱり、同じでした。そういう、育てられ方をしたので、自分で、病院へ行こうということもなく、また、仕事も忙しかったし、行く暇がありませんでした。

初めて、精神科のドアを叩いたのは、確か28歳の時。両親には、内緒で、こっそり行きました。ドキドキ緊張しました。両親に、後ろめたい思いで、いっぱいでした。

当時の診断は、「適応障害」仕事が休みの土曜日に、何回か通いカウンセリングを受けていましたが、嘘をついて、病院へ行くのがつらくて、治療もままならないまま、途中で通うのをやめました。

あとは、自分との闘いでした。

とにかく、何か、不安が生じたら、すぐに、対処する。

放置しない。

でも、これには、限界がありました。

気が付けば、うつ病発症。ここで、初めて「神経症(不安神経症)」であることがわかりました。治療は、処方される薬だけ。抗不安薬のオンパレード。飲んで飲んで飲みまくりました。

不安神経症との付き合い方と題してますが、付き合い方など、いまだにわかりません。

結局のところ、薬を飲むしか方法が見当たりません。神経症の症状がでるたびに思います。「しっかりしなきゃ」と。でも、そう思えば思うほど、自分で自分を追い詰めていきます。

もう、これは、こんな性格なのかもしれない。

それで、気が晴れるのなら、そう思うしかありません。しかし、やっぱり、これは、病なんだと思います。

私の不安は、意味がある時とない時とあります。お腹の底から、うわぁ~と湧き上がってくる不安。とても、息苦しく、身体はきつく、頭の中は、ぐちゃぐちゃになってパニックになってしまいます。頭を抱えて、うちにいる時は床を転げまわる。

外にいるときは、じっと、頓服薬を飲んで耐えるだけ。もう、こんな苦しいのは嫌です。

何か、他に、対処のしようがあればと、いつも思います。

でも、ないのです。

しいてあげれば、気を紛らわすこと。気を紛らわすといっても、私の場合、買い物をするぐらいなものです。買い物をするにも限度があります。

そう、しょっちゅう、行けるものではありません。テレビはみれない。音楽も聞けない。薬を飲んで、薬が効くまで安静にしているしかないのです。薬もだんだん効かなくなってきました。

私は、それでも、この病と付き合っていかなければなりません。

うつ病は、いつか、治るでしょう。でも、私の神経症は、治らないと思います。これからも、私は、この病との付き合い方を模索しながら生きて行くのだと思われます。

 

不安神経症

「不安神経症」とは、心因的な要因からくる「不安症」という病気の通称です。強い不安感が引き金となって、息苦しさや発汗、震えなど、日常生活に支障をきたすような身体への不調が現れます。「不安症」は不安感を起点にしたものが多く、パニック症や全般不安障害、恐怖症、強迫症、ストレス障害といった病気があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)