変わる、ネイルチップやネイル。〜環境保護とバリアフリー、がん当事者、視覚障害者に向けて〜 

ネイルチップ SDGs

この記事は約 7 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。

女性のオシャレアイテムでもある、ネイル。今色々なネイルカラーがあり、ネイルサロンに行ってオリジナルのネイルを施して頂いたりとか、人によってバリエーションは様々です。

そんな中、車椅子の女性が海洋プラスチックでオリジナルネイルチップを作ったり、福岡市のNPO法人ががん当事者の方へ無償提供でネイルチップを貸し出していたりなど、ネイルは単なるオシャレではなく、障害者などの人のためのバリアフリーが発展していることも今回分かりました。

今回はそんなネイルのことを社会福祉というカタチで、幾つかご紹介させて頂きます。

車椅子の女性が、海洋プラスチックでオーダーメイドのネイルチップを作成。バリアフリーのネイルサロンも立ち上げ

海洋プラスチックなど海のごみが世界中で社会問題となる中で、神奈川県茅ヶ崎市のネイリストで車椅子の女性が、地元・湘南の海岸の海ごみをネイルチップにリサイクルする「海ごみネイル」を発案しました。砂浜を車椅子でも入れるビーチクリーン活動にも参加しています。ネイルチップの材料を女性自身が集め、環境保護とオシャレの二刀流が目標としています。「指先から環境保護に今一度思いを馳せる機会になってくれたら」と言います。

女性は趣味だったネイルの技術に力を注ぎ、2018年にネイルサロン「Plumeria Nail(プルメリアネイル)」を開業しました。女性がネイルサロンに予約した時、車椅子だと答えると「エレベーターがない」と来店出来なかった苦い経験があり、車椅子利用者も気軽に来店出来るで様にバリアフリー化を導入しました。ネイルチップに付けられたキラキラした鮮やかなブルーやピンクのパーツ。女性は「同じ模様に出来ることはない。世界にオンリーワンのネイルチップです」と話しました。

茅ケ崎の海岸でも海ごみを回収する、ビーチクリーン活動が盛んに実施されています。ビーチクリーン活動も、同茅ヶ崎市内の海岸で砂浜を走行出来る車椅子をレンタルしていることを知って、女性はすぐに申請しました。女性が発案したのが、海ごみをネイルチップへとリサイクルする「海ごみネイル」です。

海ごみを洗い上げ、乾燥させてから、小さいサイズに切ります。ネイルチップに直接海ごみを乗せたり、チップを飾るパーツに変身させます。2022年5月から海ごみを使ったネイルチップの販売をスタートしました。ネイルチップを購入した人からは「海ごみだと分からない」と好評です。

参考:湘南の海岸に漂着した「海ごみ」が世界にひとつだけのネイルアートに 環境保護とおしゃれを両立 東京新聞(2022年)

「海ごみネイル」はオーダーメードで、パーツの数にもよりますが8000円からになります。パーツ1個につき200円を全国のビーチクリーン団体に寄付します。

公式Instagram

https://www.instagram.com/plumeria_nail17/

がん当事者の方へ、ネイルチップを無償提供

がん当事者に対してサポートをする福岡県福岡市にあるNPO法人「スマイルハート」が、抗がん剤投与で爪の変形などに困っている当事者に、ネイルチップを無償提供するサポートを加速させています。

このサポートは同NPO法人「スマイルハート」の代表理事の女性が、がん当事者が爪の変形などに困っていることを知って、ネイルチップのリサイクルを思いつきました。

また一方、ネイルサロンで勤務するネイリストが作ったネイルチップが、一時店頭に展示されて廃棄されるのを悔しいと感じていた、静岡県浜松市でネイルサロンを運営する知人の女性からネイルチップのサンプル提供の申請を受けました。その経緯で、全国のネイルサロン約30店から届けられたネイルチップのサンプル品をリサイクルし、知人の女性が運営する同浜松市のネイルサロンと共同でサポートを行っています。

この2年間でがん当事者の約500人の手元を艶やかに彩りました。

2020年夏に子宮頸がんと診断された大阪府の女性は、当時のことを「がん発症当時は抗がん剤の投与での後遺症もあって、 気分が上がらない日々が続いていましたが、明るいネイルチップを付けると前向きな気持ちになれた」と振り返りました。

放射線の治療などをスタートさせて数か月後、爪に細い縦模様の筋が入り、爪自体も脆くなり欠けたりすることが起こりました。

こうした爪の変形に困っていた女性がインターネットの検索で発見したのが、無償で提供される同福岡市にあるNPO法人「スマイルハート」のネイルチップでした。

両面テープでくっつけて楽しむ爪の新しいオシャレで、何度も使用出来ます。同NPO法人「スマイルハート」から無償で提供を受けた女性は、パールで彩られたゴールドのネイルチップを、爪の変形がおさまった2021年夏頃まで友達とのお出かけする時などに好んで使用していました。

参考:がん患者につけ爪を無償提供 福岡のNPO、2年間で500人に 読売新聞(2022年)

ネイルチップは、ウェブサイト「ビューティースマイルハート」( https://i18166.wixsite.com/beautysmileheart )で申し込めます。郵送費は患者負担となります。

視覚障害者の方へ可愛いネイルを施しますin埼玉県

目の不自由な人にもおしゃれを楽しんでほしいー。埼玉県上尾市の女性は、視覚障害者向けの出張型のネイルサロンを4年前に始めました。「おしゃれは障害者の社会進出を手助けする」と話す。

女性が出張サロンを始めたのは、高齢者向けの介護施設でのネイルのボランティアがきっかけでした。お年寄りがマニュキュアを喜ぶ姿を見て、おしゃれは年齢や身体に障害があるなしに関係なく、すべての人を幸せにすると感じたのです。

「そもそも目が見えない人がなぜネイルをするのってよく聞かれるんですが、確かに健常者と呼ばれる人からすれば、不思議なことだと思うんですね。でも、おしゃれをしたいと思っている視覚障害者の方は本当にたくさんいらっしゃるので、そういう疑問が持たれることのない社会にしたいなって思ったんです。」

引用:おしゃれをバリアフリーに 埼玉県上尾市 NHK首都圏ナビ(2022年)

高校生の時は、

ネイルチップをしていましたね。勿論毎日じゃなく、親戚の結婚式とか、そんな時にです。ですが、高校生なのでそんなに高いネイルチップを買えないですし、私の爪は四角いので、一般的に販売されているネイルチップでは爪に合わず、途中で落ちたりしていました。(ネイルチップって、多分普通に自分の爪の大きさに、合わせないといけないですよね?)

今思えば昔の方が私は、お洒落でしたね。20代の頃にライブに行く時は下手なりにネイルもして、毎回スカートでした。それが今ではトップコートもしない、パンツスタイルばかりです。母からも、「昔スカート履いてる時、可愛かったよ」とか言われるんですよ。今スカートを買おうとも思わなくて。ネイルも自分には似合わないなと思っていますし。

今回ご紹介させて頂いた皆さんは、浮かんだアイデアが素晴らしいなと感じました。海ごみのネイルも環境保護に繋がりますし、ネイルチップの再利用も勿論SDGsという意味でも良い取り組みですし、視覚障害者の方へ施すネイルも、「なるほど、こういう社会貢献の仕方があったのか‼︎」と、驚かされました。

私は自分では分かっていない事が多くて、どの色が自分に似合うのかも分かりません。今すっぴん爪ですが、もし似合う色が分かったら、いつか又ネイルにチャレンジしたいですし、「今の私に、どんなネイルチップだったら似合うだろうか?」とか、ワクワクした気持ちでこの記事を書きました。

 

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

ネイルチップ SDGs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。