LGBTQウエディング。〜私たち、愛する人と幸せになります‼︎〜 

この記事は約 7 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。LGBTQ当事者の為のパートナーシップ宣誓制度が日本でも加速している中、『LGBTQウエディング』という、LGBTQ当事者の方が結婚式を挙げられるサービスも浸透しつつあります。この取り組みはまだ馴染みが薄く、当事者の方でも利用数がまだまだ低い様です。今回は、そんな『LGBTQウエディング』というサービスが浸透する事を願って、この記事を皆さんに送ります。

 

ジェンダーフリーな結婚式

株式会社クーゼス(本社:東京都千代田区)と株式会社スペサン(本社:東京都文京区)は、2021年4月よりLGBTQ+のカップルに向けたオリジナルウェディングサービスを共同展開いたします。

引用:LGBTQ+当事者による日本初のジェンダーフリーなウェディングサービス「keuzes wedding by HAKU」が開始。 PR TIMES(2021年)

スタジオウエディング

LGBTQも分け隔てなく結婚式を挙げられるようにと、結婚式とウエディングの格好をして前撮りができるスタジオが、金沢市神田に開店しました。異性同士だけでなく、多様な同性のカップルにも心置きなく利用して頂くため、ホームページにLGBTQ当事者の撮影した写真を掲載してアピールします。LGBTQの当事者同士歓迎を前面に打ち出す結婚式場は、石川県内でまだ他には例がないといいます。 

結婚式の写真撮影などを展開する【シュウアディクション】(金沢市東山)の社長が、挙式と写真撮影を行う『スタジオウエディング』を2021年3月にオープンしました。コロナ禍で挙式ができず写真撮影だけでも終えたいとの需要が増加する中、手頃な価格で少人数の挙式ができる場をつくりたいと考えました。

婚礼業界ではLGBTQカップルに対する差別や周囲への気遣いから、LGBTQを対象にした結婚式の導入は進んでいません。県内に80ほどある式場のうち、LGBTQの当事者利用が可能なスタジオウエディングは1割ほど。結婚式を挙げられることを大々的にアピールする結婚式場もほとんどないため、当事者は問い合わせの際に自分がLGBTQであることを明かさなければならず、心理的負担が生じるといいます。一方、同【シュウアディクション】は専用のホームページと会員制交流SNSのInstagramを開設し、LGBTQを歓迎すると明言しました。

参考:多様な性に晴れの門出 金沢にLGBTQ歓迎のスタジオ 中日新聞(2021年)

社長は「LGBTQの人はどこにでもいるが、言い出しにくい空気があり、LGBTQウエディングの存在があまり認知されていない」と指摘しています。

お寺でウエディング

川越市では同性カップルの存在が公に認められ、多様性を尊重する社会への取り組みの一環として、2020年5月1日より、全国の自治体で48番目となる「パートナーシップ宣誓制度」を導入しました。

そんな川越市にある川越最明寺では、同性の結婚式を挙げられる取り組みが行われています。

現在の仏教は、葬儀のみに特化しているため、生きている間は寺院と関係する機会が少なく、日本は世界でも有数の仏教国だが、寺院で結婚式を挙げる方は全体の1%にも満たないという。本来の日本仏教の教えでは「寺院は生涯を通じて関わっていける場所」として活用することが求められている。多くの宗教が同性愛を認めない中、仏教は性別に捉われないという多様性を有している。「性に関係なく心のあり方次第で誰しもが幸せになれることを説くのが仏教の教え」とし、同制度に対応した式を挙げることにしたという。

2人だけの結婚式から大人数まで対応。「多様性を受け入れる仏教国の日本だからこそ、当時は、誰もがいつでも帰って来られる思い出の場所として、LGBTQを認めフレンドリーな寺院を目指している。プライバシーな情報はお守りするので、安心して相談を」と呼び掛ける。

挙式料は写真撮影込み・衣装別で20万円~。

引用:川越最明寺で同性結婚式 性別に捉われないLGBTウエディング 川越経済新聞(2020年)

仏前結婚式では指輪の代わりに念珠を用いて儀式を進めます。LGBTウエディングでは、北海道の念珠店とともに考案した『レインボー数珠』を用い、着用する袈裟(けさ)も虹色の輪袈裟を用意します。

現行の民法や戸籍法の「夫婦」について、国は同性どうしの結婚を認めていません。G7のうち、同性婚を認めていないのは日本だけです。こうしたところから理解が深まることが願われています。

関連記事:同性婚に注目集まるいま 川越・最明寺「レインボーな仏前結婚式」を世界に発信

挙式ウエディングショー開催

LGBTQなどのウエディングファッションショーが2020年2月29日、沖縄県の恩納村のカフーリゾートフチャクコンド・ホテルで開催されました。LGBTQ当事者やLGBTQのアライ(理解者)の方、14人が華やかなドレスやタキシードに身を包み、それぞれの自分の持ち前の個性をPR。「いつか自分も好きな人と結婚したい」と同性婚の実現を心に込めた声もありました。

参考:好きな人と、好きな格好で結婚したい LGBTQ挙式ファッションショー 琉球新報(2020年)

観客からは「みんな生き生きとしていて、すてきだった」などの声が上がっていたといいます。

素敵なプランですね。

私もこの間再度調べ直したパートナーシップ宣誓制度の時に見つかった、この『LGBTQウエディング』。このLGBTQウエディングスタジオを経営している店主の方は「長年ブライダル業に携わり、どうしてLGBTの人々のためのフォトウエディングが無いんだろうと疑問に感じていた。コロナ禍で仕事がストップして考える時間が増えたこともあり、『無いなら自分が作ろう』と起業を思い立った」と話しています。

ジェンダーフリーのウエディングドレスを扱うメーカーのドレスを用意し、試着、撮影を行い、「衣裳店の協力と理解がオープンに欠かせなかった。このサービスを必要としている人に知ってもらい、希望をかなえるお手伝いをしたい。」とも話していました。

記事に書く為に調べるに当たり、この『LGBTQウェディング』というサービスがまだまだ当事者の方に浸透していない様で。このサービスを受けたい方の元にもこの情報が届きます様に。。。

関連記事

LGBTの結婚式ができる神社「願いの宮」 男女を前提としない“全ての人”が幸せになれる式の形 神戸新聞NEXT(2021年)

宮崎にジェンダーフリーのウエディングフォトスタジオ「Lily’s Company」 ひなた宮崎経済新聞(2022年)

熱海にLGBTフレンドリーのカフェ&バー 美容室と二刀流「パイプ役に」 熱海経済新聞(2022年)

福岡県パートナーシップ宣誓制度導入を記念して、期間限定の特別価格ウエディングフォトプラン『Wedding the hug -ウエディング・ハグ-』のリリースとモニター募集のご案内 PR TIMES(2022年)

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。