目のフレイルについて-白内障・緑内障・加齢黄斑変性症を発症しないための「目のケア」-

この記事は約 15 分で読むことができます。

こんにちは、改めましてM. Jです。

この記事をご覧の皆さんは、「これから10年以上後の自分の目(眼)の状態について」イメージすることができていますか?

目も身体の一部ですので、年齢を重ねていけば機能が衰えます。

ある程度の年齢になった時「さまざまな病気が出現!」という状態になります。

眼科でも「将来の自分自身の目」について教えていただくことも少ないようです。

どうにかして目の状態を維持していかないと、身体と同様に筋力低下やバランス能力低下を起こし、「フレイル」という「虚弱な状態」に陥ってしまいます。

「フレイル」自体がまだまだ浸透しているとはいえませんが、これが「目」となると更に「何ですか?」という声があちこちから聞こえてきます。

目のフレイルを簡単にいうと「加齢による目の病気」のことを指します。

つまり「白内障・緑内障・加齢黄斑変性」といった目の病気になりやすい状態のことです。

これらの病気は「ADL(=日常生活動作)」に支障を来たしてしまうので厄介です。

今回は、これらの3つの病気を中心に、M.Jと共に学んでいきましょう!

以下の項目に沿って「目のフレイル」について書きます。

  • 目の構造・目のフレイルとは
  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 現代人が受けている過剰すぎる目への刺激
  • 10年後、今のままの目の状態に・・・

目の構造・目のフレイルとは

最初に「目の構造」について書きます。

目の構造】→詳しくは下記の文献に記載しています。

画像引用:千寿製薬:目のしくみと涙のしくみ

目の構造

    • 眼瞼:まぶた。まばたきをして眼球を保護する。
    • 結膜:まぶたをひっくり返して見える部分と表面の白く見える部分から成る。
    • 角膜:黒目の部分。最初に入った光を屈折させる。
    • 強膜:白目の部分。
    • 毛様体:毛様体筋の働きでピントを調節する。
    • 水晶体:目に入った光を屈折する。毛様体・チン小帯と連動してピントを調節する。
    • 網膜:光を感じ、ものを見るために最も大事な部分。光・色・形を認識する。
    • 黄斑:ものを見るために最も大事な部分。網膜の中心にあり、視機能が高い。
    • 視神経:脳神経の中の1つ。目で見た情報を脳に送る。
    • 視神経乳頭:眼球から脳に情報を伝える視神経の出発点。
    • 硝子体:眼球の大部分を占める部位。目の中の代謝物質の通り道。

次に「フレイル」とは、どのような状態のことをいうのでしょうか?

フレイルとは】→詳しくは下記の文献に記載しています。

  • 活動的(健常)な状態と要介護状態の中間で、虚弱が進む手前の状態
  • 以下のような状態になる

「疲れやすくなる」「活動量が少なくなる」「筋力が低下する」「動作が遅くなる」「体重が減る」

  • さまざまな病気が重なったり、進んだりした状態
  • 筋肉が衰えが目立った状態
  • 老化が進んだ状態

フレイルの状態を「放置」すると「体調の悪化・活動能力の低下」が起こり生命に関わる

参考:厚生労働省:フレイル対策を中心とした保健事業(PDF)

目の構造は、いろんな膜などがあり意外と複雑です。

目の外側に近い部分は、外部からの刺激を保護している器官が多いです。

目という組織は外部からの刺激を「眼球の部分で分散して守っている」のかもしれません。

主に、物を見るために重要な部分の「網膜・黄斑・硝子体」などの器官は目の内部にあります。

これらに加えて、脳の神経の一部である「視神経」も存在しています。

目の病気の多くは「眼球の内側(奥のほう)」の異常によって起こると考えられています。

年齢を重ねてかかる「目の病気」には、どのようなものがあるのでしょうか?

次の項では、白内障について書きます。

白内障

白内障とは】→詳しくは下記の文献に記載しています。

  • 目の中のレンズにあたる水晶体が濁る病気。水晶体が濁ると、光が通りにくくなる
  • 濁ったレンズでものを見るようで、見えにくい状態になる
  • 約70%以上の患者が高齢者

白内障になる原因

「加齢」「糖尿病」「ステロイド薬の服用」など

白内障の症状

《初期症状》➖自覚症状は少ない

重症化すると以下の症状が出現する

  • 目のかすみ:メガネをかけてもかすむ
  • 目の前が真っ白になる
  • 視力が低下する
  • ものが二重・三重に見える。不正な乱視の状態になる。

老眼との違い

  • メガネをかけて改善老眼
  • メガネをかけても悪い状態白内障

治療

  • 手術:ほとんどの場合手術
  • 目薬による点眼:少ない(軽度の時のみ)

参考:永井眼科(大阪府):白内障とは

         新宿東口眼科医院:白内障ってどんな病気か知っていますか(PDF)

年齢を重ねてかかる病気でよく耳にする病気は「白内障」です。

この病気では「目の前が真っ白になる」と訴える方が多いようです。

老眼とは違い「メガネをかけても目の状態が改善しない」というのが大事な要素です。

現在は眼科において「日帰り手術」をしているところも多く、白内障の手術後、充実した日常生活を送っている方も多いようです。

ただし、目の病気はこれだけではありませんので、軽く考えないでいただきたいです。

中には「失明する」「完全には治らない」病気もあります。

まず、日本の中で失明者が最も多い「緑内障」ですが、どのような病気でしょうか?

次の項では、緑内障について書きます。

緑内障

緑内障とは】→詳しくは下記の文献に記載しています。

  • 眼圧が上昇して視神経にダメージを受ける病気
  • 視神経の障害によって、見える範囲が狭くなってしまう
  • 違和感に気づかず末期症状に至ることが多い。
  • 基本的には、検診で分かることが多い。

【症状】

《初期症状》➖自覚症状は少ない

重症化すると以下の症状が出現し、ADL(=日常生活動作)に支障を来たす!

視界がかすむ・ぼやける

見える範囲が狭くなる

視力低下

緑内障のタイプ

原発緑内障・・・原因が特定できない緑内障

《1》閉塞性隅角緑内障(急性)

  • うつ向きになる、暗い場所に長時間いる、瞳が開く作用の薬を使うなどで眼圧が上昇する
  • 急激な眼圧の上昇を引き起こす→失明の危険性が高い!

ほかの診療科で薬の「使用禁忌」と書いてあるタイプの緑内障

《2》開放性隅角緑内障(慢性)

  • 瞳の中を流れる水(前房水)は虹彩(茶目)の根本(毛様体)でつくられる
  • 瞳を通って反対側の虹彩から目の外に出ていく

《水の出口付近の構造を隅角という→隅角が広いタイプ(開放性)》

続発緑内障・・・病気・外傷・薬が原因となって眼圧が上昇する

《重度の白内障・ブドウ膜炎・糖尿病性網膜症など》

原因となる病気の治療を優先する

正常眼圧緑内障

  • 日本人(40歳以上)の60%〜70%は眼圧が正常
  • 原因は解明されていない

《他のタイプと同様、眼圧を下げると視野障害の進行を予防できる

緑内障になる原因

《1》閉塞隅角緑内障(急性)・・・過労・暴飲暴食・散瞳など

《2》開放隅角緑内障(慢性)・・・遺伝・加齢・高度近視など

◎加齢によるものが多いが、20歳〜30歳でかかることもある

眼圧上昇によって視神経が圧迫されることで発症

◎最近の調査で眼圧が正常であっても視神経が弱体化していると発症することもあると判明。

治療

《1》薬物療法

  • 眼圧を下げる薬の服用
  • 薬の種類:3〜4種類→それ以上は「レーザー療法」「手術」を検討

《2》レーザー治療

  • レーザー線維柱帯形成術
  • レーザー虹彩切開術

《3》手術:レーザー治療で効果が薄い場合に行なう

  • 房水の排出路を新たに形成する手術
  • 防水の排出口を再開通させる手術
  • 白内障の手術時にチューブを埋め込む手術

基本的なこと

「早期発見」「早期治療」が大事!

◎ただし、視神経を修復することはできないので、視野や視力が回復することはない!

緑内障は放置すると悪化する!最終的に「失明」する!

参考:長町よこくら眼科:緑内障の検査・治療

前述した「白内障」とは違い「緑内障」は、悪化すると失明してADLに支障を来たします。

「手術をすれば完全に治る」というわけではないので厄介です。

初期症状がハッキリしないため「いつの間にか悪化が進んでいる」ということが多いです。

以前は「眼圧が高い」ことが原因と言われていましたが、最近では「眼圧が正常」でも「緑内障」になる危険性があるようです。

脳神経の1つである「視神経の異常」によって起こるので、修復は困難といえます。

「早期発見」や「早期治療」で「予防」していくしかなさそうです!

「定期的な眼科受診」や「生活面の改善」が必要不可欠です!

「悪化が進む前に手を打つ」ことが最も重要です!

ただ、目の病気は白内障と緑内障だけではありません。

最近、日本でも罹患者数が増えてきている目の病気があります。

それは「加齢黄斑変性症」です。

著しい「視野の障害」が見られ、「失明」する危険性があります。

どのような病気なのか、次の項でまとめていきたいと思います。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは】→詳しくは下記の文献に記載しています。

  • 視力に関わる大切な部分である「黄斑」に障害が生じ、視力低下を引き起こす病気
  • 年齢を重ねると黄斑に老廃物が溜まり、組織や血管にダメージが残る
  • 視野障害が起こることによってADLに支障を来たす
  • 加齢黄斑変性症は自然に治らないため、放置すると「状態の悪化」が進行する
  • 加齢黄斑変性症は、最終的に「失明」するため危険!
  • 完全に治すことはできないため、「早期発見」「早期治療」が大事!

加齢黄斑変性症のタイプ

浸出型

  • 網膜や脈絡膜に新生血管が発生する
  • 新生血管から血液や血液成分が漏れ出し、黄斑が出血や浮腫(むくみ)を起こす
  • 漏れ出た血液などの影響で視力が低下する

萎縮型

  • 細胞の萎縮によって黄斑が機能しなくなる
  • ただし、中心窩が萎縮しない限り視力低下は起こらない》
  • 新生血管の発生はないが、浸出型に変化する場合があるので注意!
加齢黄斑変性症になる原因
  • 喫煙:タバコは血管に悪影響を及ぼす《最大のリスク要因》
  • 肥満:食生活の欧米化による体重増加
  • 高血圧:血管に影響
  • 高コレステロール:脂肪の蓄積によって血管に影響
  • 心臓の病気
  • 遺伝性

加齢黄斑変性症の症状

《初期症状》➖視野の中心部がゆがむ

《1》物がゆがんで見える 《2》物がぼやけて見える

《3》注視する部分が暗い 《4》注視する部分が欠けて見えない

加齢黄斑変性の前触れとして「ドルーゼン」という状態があります。

ドルーゼンについては以下の文献に記載しています。ご覧いただけると有り難いです。

参考:京橋クリニック:ドルーゼン・網膜色素上皮萎縮

重症化すると以下の症状が出現し、ADL(=日常生活動作)に支障を来たす!

視野の中心部分が真っ暗になる

物を見分けることが困難

文字を読むことが困難

視力低下

治療

浸出型

黄斑変性症自体は完治しない!

状態が悪化しやすく危険!

病気の状態に合わせた治療を実施する

《1》硝子体への注射

目的:新生血管の成長を抑える

《2》光線力学療法:光に反応する薬を点滴して弱いレーザーを当てる

目的:新生血管の閉塞を促す。薬剤注射と併用して行なう

《3》レーザー療法:新生血管に強いレーザーを照射して凝固させる

目的:新生血管の発生を抑える・発生した血管を小さくする

《4》硝子体手術:レーザー療法が難しい場合に実施する

萎縮型

萎縮型の治療法はない!

参考:中外製薬:どんな病気なの?〜加齢黄斑変性とは〜

「加齢黄斑変性症」も悪化すると失明して「ADL(=日常生活動作)」に支障を来たします。

介助を必要とする場合も多く、「QOL(=生活の質)」の低下も起こります。

「視野の真ん中が黒くなること」「物体の判別が困難になること」などがあり、できれば避けていきたい、放置してはいけない病気です。

原因として「喫煙」「高血圧などの生活習慣病」があるので、日常生活の見直しも必要不可欠です!

「緑内障」「加齢黄斑変性症」は、「ADL(=日常生活動作)」に支障を来たすので、若い頃からの「目に対する認識」「目に対するケア」は、ものすごく重要となってきます!

特に現代に生活している人たちは「目を酷使し続けている環境」に居ます。

かく言うM.Jも例外ではありません。

現在TANOSHIKA CREATIVEで仕事をしていますが「目の疲れ」を感じることが多くなりました。

現代人はどのような場面で「目を酷使している状態」になっているのでしょうか?

次の項では、現代人が受けている目への刺激について掘り下げていきたいと思います!

現代人が受けている過剰すぎる目への刺激

現代は「デジタルの時代」です。この時代に生活している人たちは以下のようなことで「目への刺激」を「過剰に与えてしまっている」といっても過言ではありません。

日常生活での目に対する過剰な刺激

《1》スマホ・PCの長時間使用

《2》テレビの長時間の視聴

《3》街中・病院・駅・空港にある「電光掲示板」

《4》デパートの著しく明るい「照明」

日常生活の至る所で、目に対して「過剰な刺激」を与えています。

現代人は「デジタル化」の影響を受けて「目の疲れ」が出やすくなっています。

この記事をご覧の皆さんも、下記の要素には思い当たる節があるのではないでしょうか?

  • 令和4年度は全年代でテレビ・ネットの利用時間が平均で一日300分超えている
  • 全年代で「動画投稿・共有サービスを見る」時間が平日は51.0分、休日は74.1分と最も長い。
  • 休日の10代及び20代の「動画投稿・共有サービスを見る」、「ソーシャルメディアを見る・書く」の平均利用時間が長く、いずれも100分を超過

参照:総務省:令和4年度情報通信メディアの利用時間(PDF)

上記のデータをご覧いただければ分かるように、平日・休日問わず、目を酷使しています。

なかなか「目のケアをする時間」を取ることを意識することができていないかたも多いと思います。年齢を重ねて白内障・緑内障・加齢黄斑変性症でADLに支障を来さないように、プライベートの時間や休日などは「目のケアをする時間」を「設定する必要性」がありそうです。

10年後、今のままの目の状態に・・・

以上、目のフレイルについてでした。

この記事をご覧の皆さん、少しでも「目をケアすること」について興味が出てきましたか?

今回書いた目の病気は「加齢に伴うもの」が多いです。

しかし、これは「デジタル化した生活をしていないかたのこと」です。

現代人の場合はより一層「目の病気」について認識しておくことが必要となります。

年齢を重ねてかかる病気が「若い頃に発症する」ことも十分に考えられます!

ちまたでは「若年性〇〇」といった病気もあるくらいです。

10年後に「白内障・緑内障・加齢黄斑変性症」を発症しないような「目のケア」をしていきたいものです。

次の記事では「目のケアをする方法」について掘り下げていきます。

ご覧になっていただいて「年齢を重ねても生活を充実させること」ができればと願っています!

最後に、私からメッセージを送ります。

「10年後、今のままの目の状態にしていきましょう!」

記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!

今回の記事は、以下の文献を参考にしました。

参考:千寿製薬:目の仕組みと涙の仕組み(目の構造)

         ボシュロム・ジャパン:ものが見える仕組みと目の構造

        緑内障の情報サイト:緑内障ってどんな病気?

        NANOテックス:白内障と緑内障の違い/原因・症状・治療  

        先進会眼科:緑内障手術(曲少切開)

        フラミンゴ眼瞼・美容/加齢黄斑変性とは?症状・治療法・予防

        小江戸眼科内科:加齢黄斑変性(目がぼやける症状)

        よし眼科クリニック:加齢黄斑変性症の症状チェック

以下の文献は、目のフレイルについてわかりやすくかつ詳しく書いてあります。ご覧いただけると有り難いです。

参考:日本眼科医会:気づきにくい目の病気「アイフレイル」(PDF)

以下の文献は、フレイル全体についてわかりやすく書いてあります。ご覧いただけると有り難いです。

参考:福島県:フレイル予防ハンドブック(PDF)

   日本医師会:フレイル予防・高齢者総合的機能評価(PDF)

以下は、目の病気についてほかのライターが書いた素敵な記事です。ご覧いただけると有り難いです。

関連記事:TANOSHIKA:白内障手術について         

関連記事:vivi:うつ病viviの大切な人「母親~緑内障(視野狭窄)~」

今後について

興味があることや、今後書いていきたい記事のテーマとして、目の健康に良い生活について、感じのいい人になろう!:さまざまな人から学ぶ、腎臓の病気は簡単ではない!があります。

皆さんに役立つ情報を届けていければと考えています。
今後ともよろしくお願いします!

新たな価値観を提示するM.Jのオススメ記事10選!

HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。