音の出る信号機を全国に。〜視覚障害者への支援〜

この記事は約 6 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。全国に音の出る信号機を必要としている人、又その設置に向けて取り込んでいるラジオの存在を、皆さんはご存じですか?今回はそんな音の出る信号機を全国に設置などを中心にご紹介していきます。

音の出る信号機を設置へ模索

視覚に障害のある人向けにスマートフォンで信号の色を音声や振動で伝え道路横断を補助する機器を、警察庁が2021年度に約2000基の信号機に全国に設置する方針を固めました。視覚に障害のある人の横断補助システムは音響式が主流で、2020年運用が開始されたスマホによる補助機器は2020年3月現在、宮城、千葉、静岡の3県の74カ所しか設置がありません。警察庁は約25億円を2021年度予算の概算要求にかかげました。東京都や政令指定都市からまずは整備し、その後、全国に浸透させたい意向です。

2020年3月時点で、「ピヨピヨ」「カッコー」などの誘導音で青信号を知らせる音響式の信号機は、全信号機の11・7%に当たる2万4370基が設置されていますが、近隣住民の騒音対策でほとんどが夜間・早朝は鳴らない設定で、それ以外の鳴動時間外での死亡事故も起きています。

専用のアプリをダウンロードすると、交差点などに取り付けた機械から近距離無線通信「ブルートゥース」でスマホに信号の色などが発信され、音声や振動で視覚に障害のある人へ伝わる仕組み。一部の交差点で青信号を延長できる機能も搭載あります。

2021年3月末までに全国で計約130基に設置を増設予定ですが、2021年度は大幅に設置箇所を増やし、機器設置費も全額国の費用で補填する方向で固めています。設置を進めていくのは病院や盲学校の周辺など、視覚障害者がよく利用する地域からまずは整備。将来的にはナビゲーションアプリとの連携なども期待が高いといいます。

参考:視覚障害者に信号の色をスマホでお知らせ 「ピヨピヨ」「カッコー」鳴らない時間帯に死亡事故も 東京新聞(2020年)

『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』とは、

ニッポン放送ほかNRN系のAMラジオ局11局が共同で、24時間(一部地域を除く)放送するチャリティーラジオ番組である。略称はミュージックソン。ラテ欄表記ではさらに短くしたMソンも使用される。

「目の不自由な方へ音の出る信号機を!」、「目の不自由な方へ通りゃんせ基金を!」、「目や体の不自由な方へ通りゃんせ基金を!」を共通キャッチフレーズとして募金を呼びかけるとともに、放送を通じて障害者への理解促進と思いやりの育成を図る目的の下で、各地からの中継を交えながら放送している。

引用:ラジオチャリティーミュージックソン

 

通りゃんせ基金とは?

みなさんへ協力をお願いしている募金を「通りゃんせ基金」といい、音の出る信号機の設置のほか盲導犬育成のために使われる募金です。

関連記事

SixTONES、ラジオ『ミュージックソン』最終募金総額8,322万212円に マイナビニュース(2022年)

『10年後の歩行って?』アイデアコンテスト

国土交通省は「バリアフリー・ナビプロジェクト」の一環として、高齢者や障害者、ベビーカーや車いすなど、すべての歩行者がスムーズに移動できる「10年後の歩行空間」について、アイデアを公募するコンテスト『10年後の歩行って?』を開催します。  

角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区)は、当プロジェクトの事務局を務めています。

国土交通省では、高齢者や障害者といった、歩行者の誰もが安全してスムーズに移動できる、ユニバーサルデザインによる「歩行空間の整備」が急務と考えています。

この「歩行空間の整備」とは、歩道などを作り替えるだけではなく、ICTなどを利用して歩行空間を利用するすべての人が快適に歩行するために必要となる、歩行空間情報のオープンデータ化も含まれます。

「バリアフリー・ナビプロジェクト(ICTを活用した歩行者移動支援を推進)」では、この歩行空間についての認知を促進するために、車いすやベビーカーでも自由に街を歩くことが出来る、10年後20年後の歩行のあるべき姿に関するアイデアを一般公募します。

引用:国土交通省 バリアフリー・ナビプロジェクト『10年後の歩行って?』アイデアコンテストを開催 PR TIMES(2022年)

参考サイト

Ashiraseと三井住友海上、「あしらせを活用した視覚障がい者歩行保険」開発に関する協業取組を開始 PR TIMES(2021年)

視覚障害者に信号の色伝える、アプリ「信GO」導入  福岡県警 西日本新聞(2021年)

信号機の「ピヨピヨ」や「カッコー」、スマホで案内…「家族の付き添いなしで外出できる」 読売新聞(2021年)

視覚障害者の歩行をスマホで支援 北國新聞(2021年)

視覚障がい者の就業環境向上に向けたツールの導入と訪問マッサージ就業者により特化した独自プランの開発 PR  TIMES(2021年)

視覚障がい者向け遠隔サポートサービスの販売開始 PR TIMES(2021年)

視覚障害者に「青」「赤」伝える スマホアプリを県警が導入 朝日新聞デジタル(2021年)

大型店内の障害者支援、スマホアプリで円滑 JSOL・袖縁、実用化へ一歩 産経新聞(2021年)

「信号の色」スマホで伝える 視覚障害者の横断、振動や音声でサポート 神戸、尼崎の交差点11カ所 神戸新聞NEXT(2022年)

大学前の信号機を音響式に 「自分の力で通学したい」全盲の学生が警視庁に要望 東京新聞(2022年)

ラジオの事は知っていましたが、

ラジオの事は知っていましたが、普段左耳の感音性難聴の為、なるべく大きな音を聴かない様にした生活を送っているので、ラジオの全容を今まで知りませんでした。

ちょっとずつ設置が進んでいるとはいえ、全国的には音の出る信号機はまだまだ足りませんね。私の住んでいる地域にもありませんし、県内の都会エリアでも観た事なかったですね。

私の場合、考え事をしながら歩いて、赤信号で歩きそうになった事もあるので、視覚に障害なくても、うっかりしてしまった私みたいな人にもこの信号機は良いかと思います。この取り組みが更に、加速します様に。

 

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。