減薬のその後

この記事は約 6 分で読むことができます。

こんにちは、金次郎です。

 最近、仲間のライターさんが主治医の指示で、飲んでいるお薬を減薬されて不安な気持ちでいる事や、逆に別の薬が増えてしまった事を書いています。

エチゾラム(デパス)の減薬・断薬~体験談~

エチゾラム(デパス)の減薬・断薬~体験談・第2弾~

 私も以前勤めていた障がい者作業所が利益率悪化から閉鎖になり、3年前からTANOSHIKAで記事を書くライターとして再就職しましたが、半年ほど経った時に「抗うつ薬は、最低限の用量の方が効果的だった!! 減薬のススメ」と言う記事を書いています。

抗うつ薬は、最低限の用量の方が効果的だった!! 減薬のススメ

 これは、5年前に現在の精神科クリニックに転院した時に、私のおくすり手帳を見た先生から「あなた、薬を飲みすぎ」と減薬の指導をされまして、私の場合は、薬を減らされても今まで通りの生活が出来ていますし仕事もこなせていますので「あぁ、先生の言う通り、私は薬を飲み過ぎていたんだ」と体感した次第です。

私の病院変遷

・東京の大学病院:
 新卒で入社した会社で、東京事務所勤務時代に通勤電車内でパニック発作を起こした時に、会社の保健婦さんの指示で行った病院

・本社市内の病院:
 本社帰任後に、自発的に行っていた病院

・福岡市内の病院:
 パニック発作&過労で倒れ、父の勤めている会社が指定している福岡市内の病院に入院

・会社指定の病院:
 復職して数年後、福岡の病院から送ってもらっていた薬が郵便事故で届かない事が起き、会社の産業医に同じ薬を処方してもらう事に

・福岡市内の病院:
 会社退職後、福岡に戻ってから入院していた病院に再通院

・隣の市にある病院:
 パニック発作が酷くなり、家の隣の市にある近くの精神科に転院

・新規開院した病院:
 しかし、薬が全てゾロ薬(ジェネリック医薬品)に変わり、体調的に当時の私には合わず、隣の団地に新規開院した精神科の病院へ転院(
ここが、今のところ1番長く通院した精神科クリニックです)

・現在通院中の病院:
 前勤務していた居住地市内作業所の最寄駅前に有る精神科クリニックを見つけ転院

初期と現在飲んでいるお薬を比べてみる 

精神薬

当時はデパス(抗不安薬&睡眠導入剤)、アモキサン(抗うつ薬) 、ドグマチール(抗うつ薬&胃潰治療瘍薬)と3種類飲んでいましたが、下記のように現在ではデパスとアキモサンは0に。ドグマチールも半分にすることができました。

                    初期   現在

・デパス      1mg 1錠 → 無し
・アモキサン  25mg 1錠 → 無し
・ドグマチール 50mg 1錠 → 0.5錠

睡眠薬

超短時間型睡眠導入剤のハルシオンをはじめ、マイスリーやサイレースなど催眠鎮静剤などを飲んできましたが、こちらも今は処方量もかなり減らすことができました。

 ハルシオン(超短時間型睡眠導入剤) 0.25mg 2錠        
   ↓
 マイスリー(催眠鎮静剤)      5mg      1錠
         ↓
 サイレース(催眠鎮静剤)      2mg  1錠   

 初期の治療で睡眠導入剤が変わったのは、以前の記事にも書いていますが、ハルシオンをアルコールと一緒に飲む「トリップ遊び」と言う、ふざけて悪用する人が日本だけでなく世界中で問題になり、患者への処方が制限されたからです。
 現在処方されている睡眠導入剤は、容量が減りましたので「中途覚醒」を訴えたところ、先生が薬を色々変えてみて、私が「中途覚醒」が無くなった事を言った薬に決まりました

現状、体調はどうか?

 今通院している精神科クリニックで減薬の指導を受けた結果、現在食後の薬は1種類のみになり、しかも今までの半分の容量になりましたが、今のところうつ状態にもならずパニック発作も出ておりません。
 先生曰く「あなたが前に通院していたクリニックの先生は、症状が出なくなったり心が落ち着いて来たりしても減薬指導をせず、今までの処方をずっと続ける先生だからなぁ~」と曇った顔で仰っしゃられました。
 更に「治療を続けた結果、快方に向かって減らせる薬は減らした方が身体に良いし、薬代も減って経済的に助かるでょ。」と、ここはニコニコ笑いながら話されました。
 今通院している精神科クリニックの先生は、住んでいる県の医師会でもかなり上の地位にいた方でして、色々な病院情報(私が〇〇病院と言うと、「あぁ、あの先生の病院ね」と直ぐに答えます)だけでなく、私が求人票を持って行き「ここ、受けるのどうでしょう?」と見せると「ここは止めなさい、障がいが有る無しに関係無く無茶苦茶働かせる会社だから」とか「このお店なら受けても良いけど、難聴で耳の悪いあなたは、表の売り場ではなく、バックヤードの裏方仕事を希望しなさい」など企業情報もかなり持たれています。

終わりに

 と言う事で、私は今の精神科クリニックに変えて、薬の減薬に成功しました。
 しかも、食後にリビングでテレビを見ているうちに飲むのを忘れてしまったか、通院日前日に残りの薬を見て「あれっ?変だな?明日は通院日なのに、食後の薬がこんなに余ってる。どこで飲み忘れたんだろう?」と思うほど最近は薬が余ってしまっています。
 しかし、睡眠導入剤だけは、容量は減ったものの飲まないと今でも寝つけません。
「病気に加えて、歳をとったせいかな?」などとも考えています。
 と言うのも、80歳を越える私の両親も「最近、寝つきが悪い」と言っているからです。
 精神的な不眠症では無く、加齢による不眠症も混ざってきている年齢になってしまったのかも知れません

HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です