なくそう『SOGIハラスメント』~誰もがもつ属性~

SOGIハラ

この記事は約 6 分で読むことができます。

SOGIとは?すべての人が持っている属性

SOGIはすべての人の属性であり、だからこそ、LGBTとLGBTではない人を比べたときに、一方には権利があり、他方にはそれがないという不均衡が生じている。「LGBTという人たちを守りましょう」ではなく、「全ての人がもっているSOGIという属性にかかわらず、平等に扱いましょう」という意味でSOGIは使われている。

引用:LGBTではなく、なぜ「SOGI」なのか?人権という視点から

SO(Sexul Orientatiom)…性的指向】

異性が好き、同性が好き、どっちも好き、誰も好きにならない。

GI(Gender Identity)…性自認】

自分は男性である。自分は女性である。自分は女性でも、男性でもない。自分は女性の場合もあるし、男性の場合もある。自分は性別はない。

頭文字をとって『SOGI(ソジ・ソギ)』と呼ばれます。

LGBTの人たちだけではなく、ノンマイノリティの人々、すべての人々の属性のことです。

SOGIハラとは?

好きになる人の性別(性的指向:Sexual Orientation)や自分がどの性別かという認識(性自認:Gender Identity)に関連して、差別的な言動や嘲笑、いじめや暴力などの精神的・肉体的な嫌がらせを受けること。また、望まない性別での学校生活・職場での強制異動、採用拒否や解雇など、差別を受けて社会生活上の不利益を被ること。 それらの悲惨なハラスメント・出来事全般を表す言葉です。

引用:なくそう!SOGIハラ

具体的な例

差別的な言動や嘲笑、差別的な呼称

ホモやレズ、オカマなど正しくないLGBT用語を使うこと。「オカマみたいなやつ」「ホモは気持ち悪い」など、差別的な言動もSOGIハラにあたります。

いじめ・暴力・無視

「あいつはホモだから・レズだから」とSOGIを理由に暴力をふるったり、無視をしたりされることもあります。

SOGIだけの問題だけでなく、いじめや暴力は、「犯罪」にあたります。

望まない性別での生活の強要

女の子はスカートを履かないといけない。男の子はピンクを好きになってはいけない。など、身体的な性別で服装や、指向を決めつけること。

しかし、最近では高校生の女子でもスラックスを着ることができる学校が増えてきています。

不当な異動や解雇、不当な入学拒否や転校強制

「なんで男なのに女の制服を着ているんですか、うちの学校を辞めてもらいますよ」など。このケースの場合、その人の地位が奪われることをチラつかせることで、その人のありたい姿ではない状態での生活を強いています。

【しかし、そんなSOGIハラがある中、男性であることを隠してOLとして仕事をしていた能町みね子さんをご存知でしょうか?】

能町さんは、性転換前に男性の戸籍のまま、企業で女性として仕事をしていらっしゃいました。記事の中には、当時の苦労などが語られています。

誰かのSOGIについて許可なく公表すること(アウティング)

自らの意思で、自らの性指向、性自認を身近な人に告白するのは「カミングアウト」といいますが、「アウティング」はまったく対極の行為になります。

本人の許可なく、当事者のSOGIを公表する行為をアウティングと呼び、時に人の命を奪ってしまう行為になります。

有名なアウティング事件といえば一橋大学アウティング事件ではないでしょうか。

SOGIハラがおきないように国や企業はどうすべきか?

2020年6月「パワハラ防止法」が施行された。

中小企業は、2022年4月からの施行になるが、これまで日本ではLGBTに関する差別やハラスメントを禁止する法律がなかったのを考えると、大きな進歩である。

これからは、初めて性的指向や性自認(SOGI)に関する企業の対応が法律上の”義務”となりました。

「身体的な攻撃」「精神的な攻撃」「人間関係からの切り離し」「過大な要求」「過小な要求」「個の侵害」というパワハラに当てはまる6つの類型があります。 

そのなかでも特にSOGIに関係するのは、例えば「精神的な攻撃」という点で、「相手の性的指向・性自認に関する侮辱的な言動を含む」ことが明記されており、「お前ホモみたいだな」といった、いわゆる飲み会でのホモネタなどが含まれます。

また、「個の侵害」では、SOGIに関する情報は「機微な個人情報」であると定められています。例えば「本人から聞いたんだけど、Aさんって実は元女性だったんだって」というような、本人の了解を得ずに他の労働者に暴露する「アウティング」も含まれることが明記されました。

さらに、「人間関係からの切り離し」という点でも、例えば「君はオカマみたいだから営業は任せられない」というような差別的な待遇もパワハラに該当しうることが国会答弁などで明らかになっています。

参考:SOGIハラ・アウティング防止策を措置義務とするパワハラ防止法が施行されました

最後に

SOGIとは誰もが持っているもので、誰も差別を受けるべきものではありません。

身近な人の、自身のSOGIをよく理解し合うことが、SOGIハラをなくすことへの一歩かもしれません。

すべての人がもっている属性、SOGIをご存知ですか?

参考サイト:

SOGIハラ・SOGIとは?【読み方から事例、対策まで】 | LGBT就活・転職活動サイト「JobRainbow」

なくそう!SOGIハラ

だれもが職場で加害者にも被害者にもなりうる「SOGIハラ」とは?厚労省「パワハラ防止指針」を採択(松岡宗嗣) – 個人 – Yahoo!ニュース

SOGIハラ・アウティング防止策を措置義務とするパワハラ防止法が施行されました

能町みね子「オカマだけどOL」からの大転換人生 | 「非会社員」の知られざる稼ぎ方

女子生徒の制服「スラックス」 選べる県立高校が増加中:朝日新聞デジタル

LGBTではなく、なぜ「SOGI」なのか?人権という視点から

まとめ記事の紹介

HOME

SOGIハラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

TANOSHIKAライター。うつ病、AC(アダルトチルドレン)、機能不全家族育ち。現代詩を勉強中です。セクシャルマイノリティ当事者。読みやすい、わかりやすいをモットーに様々な記事を書いていきます。