世界のLGBTをめぐる現状はどうなっているのか調べてみました

世界のLGBTをめぐる現状

1.はじめに

 世界の多くの国で、同性婚を正式に認めていたり、「同性パートナーシップ」といって同性カップルを結婚に相当する関係と認める書類を発行している国があります。こうした法律のない国は、G7(先進国首脳会議参加7か国)の中で、日本だけです。その一方で、同性愛自体に罰則を設けている国もあります。

 LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)をめぐる、世界の現状はどうなっているのでしょうか。

2.同性婚を認める国

 現在、同性婚および登録パートナーシップなど同性カップルの権利を保障する制度を持つ国・地域は世界中の約20%の国・地域に及んでいます。

 同性婚が認められている国・地域は以下の通りです。なお、台湾については、同性カップルが婚姻から排除されていることは違憲であるという司法の判断に基づき、遅くとも2019年までには、同性婚が認められることとなっています。

オランダ ベルギー スペイン カナダ 南アフリカ ノルウェー スウェーデン ポルトガル アイスランド アルゼンチン デンマーク ブラジル フランス ウルグアイ ニュージーランド イギリス(北アイルランドを除く) ルクセンブルク アメリカ アイルランド コロンビア フィンランド ドイツ オーストラリア オーストリア(2019年3年1月までに) 台湾(2019年5月までに)

3.登録パートナーシップを認める国

 登録パートナーシップなどを持つ国・地域は以下の通りです。

アンドラ イスラエル イタリア エクアドル オーストリア キプロス ギリシャ イギリス クロアチア コロンビア スイス スロベニア チェコ チリ ハンガリー フランス ベネズエラ メキシコ(一部の州) リヒテンシュタイン ルクセンブルク

4.同性愛を差別する国

 世界中のLGBTに関する団体が参加する国際的な協会であるILGA(International Lesbian, Gay, Bisexual, Trans and Intersex Association)の調査(2015年)では、世界の69か国と85の地域で、性的指向を理由とした差別を禁止する法律があります。

 また、2011年には、国際連合の人権理事会が、性的指向や性自認を理由に人々が受けている暴力行為や差別に、重大な懸念を示す決議を採択しています。

 ILGAの調査(2015年)では、モーリタニア、スーダン、イラン、イエメン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦の6か国と、ナイジェリア、ソマリアの一部で同性愛を禁じおり、違反すれば最高で死刑を科しているほか、禁固刑を科すところも75か国と5つの地域に及んでいます。法律はあっても、実際には処罰していないところもあります。

 また、2013年にロシアでは、「同性愛と異性愛は社会的に同等」といった表現を未成年者に広めることを禁止した「同性愛プロパガンダ禁止法」を制定し、公の場でLGBTの集会が開けなるといった事態も起こっています。

 現在では同性婚を認めるアメリカやヨーロッパの国々ですが、昔は同性愛を含めた「自然に反する」性行為を禁じる法律(ソドミー法)がありました。欧米では、1990年代までに、多くの国でこの法律はなくなりましたが、アメリカの一部の州では、2003年ごろまで存在していました、

 日本でも、明治時代に約9年間だけ、「鶏姦罪」という男性同士の性行為を禁じる規定がありましたが、その後、この規定はなくなりました。 

 今回はLGBTを取り巻く世界の現状についてまとめてみました。LGBTが少しでも幸せに生きていけるよう、世界の動きも変わってきています。

参考

藤井ひろみ監修(2017)『よくわかるLGBT 多様な「性」を理解しよう』PHP研究所.

柳沢正和(2014)「反LGBT法で世界中から非難を受けるロシア

ILGA

NPO法人 EMA日本「世界の同性婚

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です