30歳で関節リウマチになって

この記事は約 4 分で読むことができます。

30歳の時この病気を発症して、天気のいい時でも節々の痛みがあり薬を飲んでも効きませんでした。年数が長くなるとちらばっていた痛みが固定されていきました。

この病気はストレスや疲れを受けることが関節リウマチには良くない症状なのです。強い口調で言われることや干渉による不安定で眠れない夜が続くのも影響を受けて、その間にも心は少しずつ病んでいきました。子供が小学校に上がった八月末に住宅に移り、心の安定を手に入れたけど住宅の住人との関わり方に悩まされるようになりました。結果的には8年後にうつ病を発症しました。

人に会うのも声を聞くのも地元にいるのも苦痛で、人に会わない時間に外にでて知らない土地にいくことを3年間くりかえしていました。自分が病気であることを忘れて、重かった心が知らない土地では太陽にあたることはできたのです。

仕事に就いて病院にかかるのですが、お薬や主治医とあわなくてとても苦しかったことを覚えています。そのころから私は仕事についてハローワークや相談できる人を交えて話し合いの場をもったりしました。職場を変わるということは大きな不安を抱えていたのです。がそれと同時に病院も変えて結果的にはいい主治医とあうことができ、お薬もそのときどきの心の状態にあった薬がだしてもらっています。

人によっては、心に受けた傷のダメージで睡眠障害や身体の状態(リウマチ)にまで悪くなっているのです。そこで私は気づかないうちに必要なら残す、要らないなら消すことの繰り返していました。

関節リウマチはストレスに過敏で病気の悪化と私の心にも影響を与えるのでした。

関節リウマチは全ての関節を攻撃して骨の形成を壊して最悪の場合は人工関節の処置手術にを受けることになります。

病気の中に関節リウマチ(悪性関節リウマチ)はこうげん病の中の一例にすぎません。

検査にはRA(リウマチ検査)の項目で血液検査で結果が出ますが、症状には人それぞれです。

手のこわばり、むくみ、はれ、痛みなども人それぞれなんです。関節リウマチは時に指の筋や運動機能障害(曲げる、伸ばす)に影響を与えてしまい、指の運動(ケンをのばす)ができなくなる手術によって回復手術になります。

以前のように不自由はなくなりますが、握力は落ち無理もきかない指の感覚もちがってきました。また荷物を持つ、運ぶ、抱える他にもできないことができたんです。かたい食品(カボチャ)などの野菜を切り分けたり具材を入れた鍋やフライパンを炒めたり混ぜたりする作業にも影響がでました。リウマチは心の不安定も身体には大敵で痛み、腫れ、むくみの原因になります。

心の安定はリラックスすることで症状が安定します。

血液検査データの数値で症状の状態が把握することができて、人によってはむくみ、腫れ、痛みなどがなくても他の症状を発症

する場合もあるのです。

治療薬としては、ガン患者の服用している軽い薬を服用するといびつな細胞が正常な球体になってリウマチの症状を軽くします。

これまでは関節リウマチは人の生活や生き方やりたいことを諦めたり方向転換を余儀なくされてきましたが、現在では、ガン患者の服用することで希望や夢や諦めないで続けていけるようになりました。

TANOSHIKAに入社して初めは戸惑いもありました。去年は左手の筋を回復手術を受けて一月下旬に右手の筋の回復手術を受けてから心と体のバランスがとりにくくなっていました。

気持ちの変化について気づいて見守り時に話を聞いてもらえることで少しづつ前を向いていけるようになりました。まだ目標やできることが見つからないですが休みたいとか仕事に行きたくないというマイナスの気持ちより仕事は限られてるけどここにきて良かったと思っています。

うつ病とリウマチをもつOceanのおすすめ記事5選

2018.10.30

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

私は関節リウマチになっていろいろな制限があります。その他にも困難なこともありますが、今その時々を楽しむように頑張っています。読書に風景・動植物にいやされています。