エキノコックスが愛知県でも発見。〜キタキツネや野犬から感染し、重篤な肝障害を引き起こす病気〜 

この記事は約 5 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。北海道の象徴的な動物といえばキタキツネも挙げられるかと思いますが、そのキタキツネがエキノコックスという寄生虫に感染し、そのふんに触れ、人の体内に入ると重篤な肝障害を引き起こすエキノコックス症が社会問題となっています。

北海道に多い病気とされていましたが、近年は野犬から愛知県でもこの寄生虫が見つかっています。この病気の治療法はほぼ確立されていません。今回はこの恐ろしさを皆さんに知って頂くべく記事化する事にしました。

エキノコックス症(多包虫症)とは?

エキノコックス症は、キタキツネや犬が多包条虫とよばれる寄生虫に感染し、糞便と一緒に排泄された虫卵が、何らかの拍子に人の体内に侵入し、重い肝機能障害を起こす病気です。潜伏期間は5~15年で、発症すると病巣を完全に切除する以外に有効な治療法はありません。

日本では北海道だけに存在すると考えられてきましたが、2005年には埼玉県で捕獲された犬の糞便から、また、2014年4月には愛知県知多半島で捕獲された犬からエキノコックスの虫卵が確認されました。

症状

感染しても、5~10年は無症状で自覚症状はありません。その後、嚢胞が大きくなるにつれて、肝臓内の胆管や血管が塞がれ、肝機能障害が進みます。末期には重度の肝機能不全となり、発育中の嚢胞の一部が破れ、多包条虫が血流に乗って肺や脳、骨髄など、さまざまな臓器に転移します。

治療法

  • 患部の摘出を行う。切除できない場合、死亡率は5年で70%、10年で94%に達する。
  • 駆虫薬の投与が試みられているが、効果は一定でない。

引用:Life With Pet

関連サイト

エキノコックス症について-厚生労働省

愛知県でエキノコックス定着。

国立感染症研究所が「知多半島内でエキノコックスが定着した」との見解を表しました。愛知県でのエキノコックスの定着確認は北海道外では異例。愛知県は「まん延している状況ではない」と見解しつつも感染の行方に注意しています。

本州では2005年に埼玉県で野犬の『エキノコックス』の感染が発見され、愛知県では2014年に知多半島の阿久比町で捕獲された野犬から『エキノコックス』が見つかりました。埼玉県ではその後検出されていませんが、愛知県では2017年度に3件、2019年度1件、2020年度4件が検出されました。

愛知県感染症対策課によると、狂犬病対策の野犬の捕獲調査で発見されており、いずれも詳しい感染経路は分かっていません。一般例では『エキノコックス』はネズミなどが「中間宿主」となって、『エキノコックス』の幼虫が体内にいるネズミを野犬やキタキツネが食べて拡大すると言われています。

参考:愛知にエキノコックス定着 肝障害寄生虫、道外で異例 日本経済新聞(2021年)

愛知県内の人への感染報告はこれまで3例ありますが、いずれも北海道や海外で感染したとみられます。

関連記事

愛知で野犬の感染が相次ぐ「エキノコックス」…本州にも拡大? 専門家に見解と予防法を聞いた FNNプライムオンライン(2021年)

北海道ではエキノコックス減少傾向へ。

キタキツネや野犬を触るなどして人の体内に重篤な被害を起こす恐れのある寄生虫『エキノコックス』対策で、駆虫剤入りの餌(ベイト)をキタキツネ用に散布している北海道管内の自治体で効果が鮮明に出ています。『エキノコックス』を体内に持つキタキツネの比率は2021年度、中札内村では散布前の5分の1に減り、鹿追町も3分の1程度までに改善しました。

中札内村によると、中札内村内全域から採集したキタキツネのふんの検体結果から、エキノコックス症を発症している可能性があるキタキツネは8・1%で、ベイトの散布をスタートした2019年度のキタキツネ駆除実施前(39・8%)の5分の1まで大幅に改善しました。

参考:駆虫剤散布 キツネ陽性が大幅減 中札内は5分の1に エキノコックス対策 十勝毎日新聞(2022年)

中札内村は「効果は如実に表れている。陽性件数は激減したと言え、調査を継続し、結果をみていきたい」(住民課)とし、2022年度予算に約70万円を計上しました。

とにかく触らない事が大事。

最初検索でこのエキノコックスをたまたま見つけて、調べてみようと思って記事化しましたが、可視化したら物凄く恐ろしい感染症だという事に気付かされました。

北海道ではこれだけ感染対策をしていても、毎年10〜20人の患者が出るそうです。とにかく言える事は、キタキツネや野犬に触らない事、外に出たら必ず家で手を洗う事。手を洗う事はどの感染症にも言えますが、自分の身は自分しか守れません。出来るところから、個人個人で対応していくしかないなと思いました。

関連記事

ニセコの生態系を守り、自然との共生を目指しエキノコックス駆除活動を実施 PR TIMES(2021年)

犬→ヒト感染で命に関わる事も…「エキノコックス」愛知・知多半島の野犬に広がる  愛犬家「他人事ではない」 FNNプライムオンライン(2021年)

エキノコックス症 北海道の病気じゃなかったの? NHK(2022年)

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。