卵巣異常。〜私が言われた診断名の付かなかった婦人科のお話〜

この記事は約 5 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。今日は診断名は付いていませんが、婦人科に1回かかった時に、病院で言われた事についてお話しします。私はPMDDもかなり酷いのですが、それに関しては又別の記事でお話しさせて頂きます。

私は生理が始まって、20年以上経過。

私は小学4年生の時に、生理になりました。まだこの年代では生理の話が学校の授業では上がらず、全く知識のない時でした。

学校で始まって凄くショックでした。あの時誰に言っていいか分からず、汚れた下着のまま家に帰りました。帰って脱いで、母から「生理が来たの?」と言われた時、知識がなかった故に私悪い事をしたんだ…、と母に泣き付いたのを覚えています。

まだ小学生って男子も身長そんなに高くなくて、この頃はクラスで1番私が身長が高かったんですが、生理で身長が止まり、どんどん周りに抜かれ、今では身長は低い方の側に入ります。

中学の保健の授業でまだ生理あっていない人からは、「●ちゃんは生理の先輩だね」と、言われていました。

1回だけあった貧血

私は確か中学生の頃、体育の授業で1回貧血になりました。それ以外、20年以上生理になってますが、貧血にあった事はありません。

これは現在の話ですが、よく内科の受診日に生理が重なる事が多く、よく採血時に「今生理中です」と申告しなければならないのですが、生理中の貧血などを表す、【赤血球数/ヘモグロビン濃度/ヘマトクリット値】全て生理中でも正常値内で、1回採血で‘H’の文字が付いた時、母から「普通数値が下がるのに、生理中で‘H’が付くとか普通ありえないと思うし、あんたは貧血とかを心配する事は全くないね」と笑われました。

ヘマトクリット値とは?

血液に占める赤血球の割合、またはその検査。貧血を判断するのに用いられる。

ヘマトとは血液、クリットとは分離を意味し、ヘマトクリット値は血液中に赤血球が占める割合(%)、またはそれを測定する検査のことをさします。ヘマトクリット検査は、採取した血液を遠心分離器で固体である血球と液体の血漿に分けて測定します。基準値は、成人男性で40~50%、成人女性で34~45%です。

赤血球数と血色素量(ヘモグロビン濃度)とあわせて、貧血を診断する指標のひとつであり、ヘマトクリット値が低い場合は貧血の可能性があります。

ヘマトクリット値が高いと赤血球の割合が多く、多血症(赤血球増加症)が疑われます。

多血症には、血液を作る骨髄に異常があり赤血球が増殖する「真性多血症」と、下痢や嘔吐など脱水症状で血液の液体成分が少なくなり赤血球の濃度が高くなった「相対性多血症」があります。前者であれば病院での治療を必要としますが、後者であれば脱水状態が緩和されれば正常値に戻ります。また最近ではストレスが原因となる多血症が増えており、肥満で煙草を吸う男性に多いと言われています。

引用:e-ヘルスネット

私は生理中は出血量が多い

私は生理は昔から1週間あり、近年は生理中の1〜4日目は出血量が多いです。今はデスクワークでの仕事なので量が少し減って来ている様に感じますが、寝ている時は背中付近まで、ナプキンの一杯一杯に全体的に血が付きます。特に多い日は毎日夜用の40cmのナプキンをはめておかないと、日中でも出血量が多く、こまめにナプキン替えないと気持ち悪いし、とにかく大変です。正直いつからこんなに出血量が多くなったのか、分かりません。

最近はないですが、前はなかなかナプキン替える時間がなかった時、血の固まりがよく出ていましたね。

生理不順の時期もあった

私は今は35日周期なのですが、20代前半生理不順の時がありました。今は周期がハッキリしているので予定が立てやすいのですが、昔は生理が3ヵ月来ない日もありました。

1回糖尿病で入院中「生理が来ないので、婦人科を受診したい」と言って受診して、検査して「又今後3ヵ月後に生理が来ないなら、婦人科受診して下さいね」と言われた次の日に、生理が来た事がありました。

多分この間記事に書いた甲状腺機能低下症の影響や、当時の偏った生活習慣も悪く影響したのかもしれません。昔は1〜3日目が出血量が多かったのですが、最近は4日目まで多いので、20年以上あっていると生理も中身が変わるのだなと思っています。

健康診断でも子宮頸がんもなかった

前年齢で市の子宮頸がんの健診が受けられました。そこでは生理が重い話をしましたが、どこも異常なしと言われました。

婦人科の受診を会社から促され、婦人科へ

私は生理が重い1〜4日目は体調が悪く、よく仕事を欠勤して寝込んでいました。それで前の前の職場から、「子宮内膜症や子宮筋腫があるかもしれないから、婦人科を受診する様に」と言われ、入院してた時とは別に婦人科を受診しました。

「生理が重いから来ました」と話して検査して頂きましたが、子宮内膜症も子宮筋腫も見つかりませんでした。「卵巣異常と言うのかな。又何かあったら受診して下さい」と言われただけで、終わりました。結局受診して何をもって卵巣異常なのか、よく分かりませんでした。。。

一応ピルを勧められたが、

先生から「ピルで生理軽く出来ますよ」と言われましたが、「貴方の体重では、ピルを飲むと血栓が出来やすくなるから、処方は出来ない。もう少し痩せて欲しい。ただ飲める年齢が限られて来るからね」と言われて、飲まないまま現在に至ります。

時々、「もう20年以上生理になってるけど、更年期来るの早いのかな?とか、閉経も他の人より早いのかな?」と考えると、凄く心配になって来ますね。その時をゆっくりと待つしかないのでしょうね。

次は私のPMDDについて、お話しさせて頂きます。

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。