サル痘。〜サルが名前由来の、リスやネズミなどから感染するウイルス〜 

この記事は約 9 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。2022年5月18日頃から、サル痘というリスやネズミなどのげっ歯類から感染する天然痘に似た感染症が欧米を中心に世界中で拡がっています。日本では感染確認例の報告はありませんが、治療法は50年以上経った今でも確立がされていない感染症です。今回はサル痘の症状、サル痘の名前の由来などについてお伝えしていきます。

サル痘とは?

サル痘は、サル痘ウイルス感染による急性発疹性疾患である。感染症法では4類感染症に位置付けられている。主にアフリカ中央部から西部にかけて発生しており、自然宿主はアフリカに生息するげっ歯類が疑われているが、現時点では不明である。稀に流行地外でも、流行地からの渡航者等に発生した事例がある。症状は発熱と発疹を主体とし、多くは2−4週間で自然に回復するが、小児等で重症化、死亡した症例の報告もある。

引用:NIID 国立感染症研究所

サル痘の感染経路や症状

新型コロナウイルスの収束が見通せない中、ここ数週間で「サル痘」という感染症のウイルスが欧米を中心に相次いで報告されています。

アメリカ・CDC(疾病対策センター)は2022年5月18日、「マサチューセッツ州で、サル痘ウイルス感染確認が出ました」と公表しました。この患者にはカナダへの渡航歴がありました。カナダ地元保健当局によると、モントリオール周辺で17人がサル痘に感染の疑いが出ており、地元保健当局が警報を市民に訴えています。

WHOによれば、ヒトでの「サル痘」の潜伏期間はだいたい6日から13日で、“サル痘ウイルス”は、ネズミやリスなど感染した動物にかまれたり、感染した血液や体液、発疹に触れたりすることで感染することがあるほか、飛沫や体液、皮膚の病変などを通じて感染します。

その後サル痘に感染した人の症状は、発熱・頭痛・筋肉痛・発疹・のどの痛み・リンパ節の腫れなどが現れます。特徴的な症状として、手のひらや足の裏、顔などに水痘のような特徴的な皮膚の病変や発疹が出ることがあります。

性交渉による感染が疑われる例もありました。ただ、WHOは、ヒトからヒトへの感染は密接な接触によるもので、比較的限られていた例だとしています。ヒトとの間で拡がりやすい病気ではありませんが、唾液や衣類、寝具を通して感染することがあります。

our world in dataによれば、新型コロナウイルスでの日本国内の致死率は2020年6月のピーク時で5.41%、2022年5月は0.36%でした。比較すると、1%から10%程度とされているサル痘による致死率は、新型コロナウイルスよりも高いということです。

天然痘ウイルスとサル痘のウイルスは、いずれもポックスウイルス科のオルソポックスウイルス属に分類されます。このため天然痘予防のワクチンの中には、サル痘を予防する効果が実証されているものもあります。サル痘は天然痘に比べると感染力は低く、重症化もしにくいです。

また、WHOヨーロッパ地域事務局は「大勢の人が集まるイベントやパーティーが大規模に開催される夏を迎える前に、サル痘の感染の拡大が注視される」としたうえで、これまでに確認された患者は、ほとんどが軽症で収まっていますが、幼児や妊婦などは重症化することが可能性もあるので、警報を訴えました。

参考:【解説】「サル痘」欧米で確認 ヒトへの感染経路は?専門家「パニックになる必要はない」 日テレNEWS(2022年)

感染者は通常、この病気が最も多い西アフリカなどの地域に渡航したことがある人たちです。ここ数週間で、サル痘が急に欧米で確認され始めたのでしょうか。イギリス・ロンドン大学の専門家は、その理由の1つとして、「天然痘の予防接種が行われなくなったことが、関係している可能性がある」と指摘しています。

サル痘の感染例

国立感染症研究所によりますと、「サル痘」は1958年にポリオワクチン製造のために世界各国から霊長類が集められた施設にいたカニクイザルで最初に発見されたため、「サル痘」という名前が付けられました。

過去にアフリカで感染が起きた際には、致死率は数%から10%程度に上ったと報告されています。

日本では「サル痘」の感染が報告された例はこれまでありません。

国立感染症研究所によりますと、“サル痘ウイルス”には大きくコンゴ型と西アフリカ型があり、コンゴ型は病原性が高いということです。

「サル痘」には特異的な治療法はなく対症療法で対応されていますが、1980年に根絶された天然痘に対するワクチンが、「サル痘」にも高い予防効果があるとされています。

引用:「サル痘」 欧米などで報告相次ぐ 症状・注意すべき点は… NHK NEWS WEB(2022年)

また新たな感染症が、、、

1958年に実験施設のカニクイザルで初めて報告されたあと、1970年に人への感染が確認されたサル痘。日本ではまだ感染確認例がないので、馴染みがないのは仕方のないことだと思います。私自身も馴染みがなく、最近知って、サル痘にかかった人の写真を観て、余りの症状の酷さに言葉を失いました。

サル痘に詳しい岡山理科大学の教授は「天然痘の根絶によって若い世代はワクチンを接種していないので、基礎疾患があり、免疫力が低い人は重症化するおそれがある。新型コロナウイルスのように飛まつ感染で広がりやすいウイルスではないので、世界中に一気に広がる可能性は低いと思うが、海外の感染が広がっている地域で、野生動物にむやみに触れるようなことは避けてほしい」と話しています。

リスやネズミなどから移るというサル痘。日本では感染確認例はありませんが、日本で確認されるか分からなかった原因不明の小児肝炎でさえ、日本でも疑い例が出て来て、その後世界でもどんどん拡がりました。決してこのサル痘も対岸の火事とは思わず、注視していく必要のある感染症だなと思いました。

関連記事

天然痘に似た症状「サル痘」イギリス アメリカなど患者相次ぐ NHK NEWS WEB(2022年)

「サル痘」カナダなどでも感染報告 欧米中心に感染拡大懸念 NHK NEWS WEB(2022年)

「サル痘」感染や疑いの報告相次ぐ 各国の保健当局 拡大に警戒 NHK NEWS WEB(2022年)

「サル痘」11か国で約80人の患者確認 WHOが警戒呼びかけ NHK NEWS WEB(2022年)

「サル痘」患者の報告 “21日時点で12か国92人” WHO NHK NEWS WEB(2022年)

サル痘拡大、中東でも確認 WHO「今後も増加」 共同通信(2022年)

サル痘が欧米、中東で拡大 WHO「極めて異常」 ヒト間の感染警告 産経新聞(2022年)

サル痘専門家「感染経路の詳しい調査を」欧米など感染相次ぐ NHK NEWS WEB(2022年)

サル痘 ヨーロッパの患者120人超に 各国が警戒強める NHK NEWS WEB(2022年)

WHO、サル痘感染は「抑えられる」 患者は100人超に BBC NEWS(2022年)

「サル痘」天然痘に似た症状 予防や注意点 欧米で広がる感染の今後は NHK(2022年)

ロシュ、サル痘ウイルスの検査キット3種を開発 ロイター(2022年)

サル痘、スペインで59人感染確認 AFP BB News(2022年)

欧米中心に感染が確認されている「サル痘」 特徴や予防法を医師に聞いた FNNプライムオンライン(2022年)

「サル痘」患者200人以上確認 欧米各国 ワクチン確保進める NHK NEWS WEB(2022年)

アルゼンチンでもサル痘確認 佐賀新聞(2022年)

米国のサル痘感染者、7州で計9人に 海外渡航歴ない人も ロイター

サル痘拡大 「極めて異常」WHOがヒト間の感染警告 産経新聞(2022年)

サル痘拡大「異例」と警戒 WHO、患者200人に 共同通信(2022年)

米CDC、「サル痘」ワクチン利用はウイルス接触者に限定の方針 ロイター(2022年)

サル痘ワクチン 後藤厚労相「国内で生産備蓄」 日テレNEWS(2022年)

EU、サル痘向けのワクチンと抗ウイルス薬を共同購入へ=新聞 ロイター(2022年)

英国で「サル痘」新たに71人確認 感染拡大続く テレ朝news(2022年)

サル痘の感染、30カ国で550件超に WHO CNN(2022年)

サル痘 世界で550人以上の感染者 WHO危機感“厳重な対応を” NHK NEWS WEB(2022年)

厚労省 サル痘患者 医療機関での受け入れ態勢確保を通知 NHK NEWS WEB(2022年)

サル痘、市中感染発生の可能性も 公衆衛生リスク依然低い=CDC ロイター(2022年)

サル痘感染者、世界で700人以上に 米CDC AFP BB News(2022年)

サル痘が米で拡大 ロサンゼルスで“初確認” テレ朝news(2022年)

米CDC、サル痘に「レベル2」の渡航勧告 注意強化を呼びかけ CNN(2022年)

サル痘患者、千人超す 29カ国、死者なしとWHO 共同通信(2022年)

「サル痘」警戒強化、入国増加に備え…29か国・地域で1200人感染 読売新聞(2022年)

サル痘 世界29カ国1000人以上に拡大 テレ朝news(2022年)

サル痘感染1000人超に WHO、流行の恐れ警告 AFP BB News(2022年)

ドイツ駐留の米軍要員、サル痘に感染 米軍で初の症例 CNN(2022年)

米の首都も…サル痘の感染増加 感染経路不明の患者も テレ朝news(2022年)

米CDC、サル痘検査能力を民間試験所含めて拡大を模索 ロイター(2022年)

サル痘の空気感染例「報告なし」 米CDC CNN(2022年)

「サル痘」感染、2千人超す 欧米中心に拡大続く 共同通信(2022年)

サル痘の濃厚接触者に接種可能に 天然痘ワクチン、研究開始 東京新聞(2022年)

サル痘に天然痘ワクチン 政府、接種研究へ 中日新聞(2022年)

サル痘の注意点 感染力や国内への流入は 症状の進み方など詳しく NHK(2022年)

チリで最初のサル痘感染確認、欧州渡航歴ある若年男性 ロイター(2022年)

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。