急成長する「フェムテック市場」~女性が声をあげる時代へ~

この記事は約 6 分で読むことができます。

変革していく女性の時代「フェムテック」

発売13年目にして注目されている生理用品があります。

なぜ、今になって注目されることになったのか。それは女性自身が、生理や生理用品について、声をだして話せるような風潮になってきたからだと思います。

女性特有の悩みや、性に対して声をあげやすい社会、「フェムテック」が、汲み取りやすい時代へと変わりつつあるのかもしれません。

フェムテックとは

FemTech(フェムテック)とは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語。女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決できる商品(製品)やサービスのことを指す。

たとえば、海外のスタートアップでは生理痛の改善や月経周期の予測、妊娠中のQOL向上、不妊対策、更年期障害の改善、セクシャルヘルス(セックストイなど)、女性特有の病気などのケアが取り組まれている。日本でも生理予測・妊娠サポートをするアプリ「ルナルナ」は、実はフェムテックに当てはまるものだ。一方、デジタルなテクノロジーではない製品は「フェムケア」と呼ばれる。

アメリカのリサーチファームFrost&Sullivanの2018年の調査によると、Femtechは2025年までに5兆円規模の市場になると予測されており、いま注目の分野である。

引用:Femtechとは・意味 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン

進化している生理用品

発売13年目にして注目されている生理用品があります。

このように、この生理用品がおすすめです!と声をあげやすくなったことが、13年目にして注目されている理由かもしれません。

様々なフェムテック製品がある中でも、私がスポットライトを当てたいのは、「生理用品」になります。

男性には、関係ないと思われがちな生理事情ですが、ぜひ男性に知ってほしい情報でもあります。

吸収ショーツ

吸収ショーツ

画像引用:あの【GU】が低価格のフェムケア商品を発売!吸水ショーツは1490円 – 【ftn】fashion trend news|ファッショントレンドニュースマガジン|すべての人におしゃれする楽しさを (ftnews.jp)

生理中のアイテムとしてなじみがある、紙ナプキン、布ナプキン、タンポン、月経カップ。 そこに新たに加わる生理用品として今注目を集めているのが「吸収ショーツ」です。

 吸水性や防水性を備えた布を何層にも重ねて1枚のパンツにしたものになります。

引用:吸収ショーツ「8ブランド17種類」を比較してみた! 選び方・使い方・お手入れ方法

今では、ナプキンが不要のサニタリーショーツもできています。

最大、110㎖まで経血を吸収してくれるショーツもありますが、たとえばおなじみのGUからは、肌に触れるクロッチ部分が「防水シート」「吸収シート」「さらさらシート」の三層構造になっており、約 15 ㎖~20 ㎖の水分を吸収する吸収ショーツが発売。クロッチ部分には抗菌防臭機能付き。そのままはくのはもちろん、ナプキンを併用したり、普段使いにもおすすめです。

参考:吸収ショーツ「8ブランド17種類」を比較してみた! 選び方・使い方・お手入れ方法

 あの【GU】が低価格のフェムケア商品を発売!吸水ショーツは1490円 – 【ftn】fashion trend news|ファッショントレンドニュースマガジン|すべての人におしゃれする楽しさを (ftnews.jp)

 

月経カップ

月経カップ

 

私自身が、注目している生理用品があります。それが「月経カップ」です。

月経カップ(げっけいカップ)とは、ナプキン、タンポンに替わる生理用品である。生理カップともいわれる。英語ではMenstrual cup(メンストラルカップ)と呼ばれる。ここ数十年で日本に月経カップも伝わっていっているが、主にアメリカ、イギリス、カナダなどの英語圏で製造・販売されている。鈴の形をしていて、タンポンと同じように膣の中に入れて使用する。天然ゴム(ラバー)などの天然樹脂や、医療用シリコーンなどの合成樹脂素材で作られる。そのほとんどが再利用可能で10年以上使用できる。

引用:月経カップ – Wikipedia

繰り返し使用できる点が、エコでとても惹かれました。

女性の悩みを声を出していい時代に

Femtechは、これまでタブー視されてきた女性の「性」の課題に真っ向から取り組み、解決してくれるものだということが大きいでしょう。

生理の話やセックスの話など、多くの人が悩みを抱えているにも関わらず、なんとなく他人には共有しづらかった女性特有の悩みや問題が、近年は少しずつ可視化されるようになった社会。それをさらに「個人差があるから仕方ない」で片付けるのではなく「解決しよう」としてくれるビジネスは、悩みを抱える女性にとっての救いとなるはずです。

参考:Femtechとは・意味 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン

今までは、生理痛や性のことを相談する場所も、相談できる人も限られていました。それは、生理や性についてのことは、タブー視されてきたからです。

しかし、フェムテックという市場は、女性特有の悩みを解決できる場所となるのです。これからは、女性の悩みを声に出していい時代が訪れることでしょう。

 

 

参考サイト

トイレに流せる!“第3の生理用品”が人気。発売13年でやっと注目のワケ | 女子SPA! | ページ 3 (joshi-spa.jp)

あの【GU】が低価格のフェムケア商品を発売!吸水ショーツは1490円 – 【ftn】fashion trend news|ファッショントレンドニュースマガジン|すべての人におしゃれする楽しさを (ftnews.jp)

ホーム | Nopra(ノプラ)月経カップ公式

Femtechとは・意味 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン

「生理」「妊娠・不妊」「更年期」の悩み解決で2兆円の経済効果も 急成長の「フェムテック」市場 期待と課題(ABEMA TIMES) – Yahoo!ニュース

ナプキンがいらない生理用パンツ!? 話題沸騰のおすすめ吸水ショーツブランド12選

月経カップのおすすめ人気ランキング7選【メリットもデメリットも解説】 | mybest (my-best.com)

 

おすすめ記事の紹介

 

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

TANOSHIKAライター。うつ病、AC(アダルトチルドレン)、機能不全家族育ち。現代詩を勉強中です。セクシャルマイノリティ当事者。読みやすい、わかりやすいをモットーに様々な記事を書いていきます。