悪質なドライバーが増えている現代の日本

救急車と人

この記事は約 6 分で読むことができます。

こんにちは、金次郎です。

 今年の誕生日は、運転免許更新の年でした。
 運転免許証は、高校生の時に原付免許を取得してからですから、運転免許証の所持は40年以上になります。
 今だから告白しますが、若い頃は血気盛んですからスピード違反で結構捕まっていましたが、1994年に導入されたゴールド免許制度以降、ここ25年は交通違反も無く運転免許証もずっとゴールド免許証です。
 3年前に「障害者手帳」が交付されてからは、車の運転も控えておりまして、今働いている障害者作業所までは電車通勤です。
 それで、自宅から最寄り駅あるいは、作業所からの最寄り駅までの行き帰りの徒歩中に歩道を歩いていると「荒っぽい運転のドライバーが、昔より増えたなぁ~」なんて感じています。 

 信号が無い交差点の横断歩道で歩行者の為に一時停止する車は?

 JAF(日本自動車連盟)が今年の8月15日(水)~9月13日(木)に、各都道府県2ヶ所づつ合計94ヶ所の「信号機が設置されていない横断歩道がある交差点を通過する自動車(1万1019台)の車を対象にした調査」を行ったところ、歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止した車は、わずか948台(8.6%)と言う結果になったそうです。


 2016年の調査開始以来、一時停止率が高い長野県は今年の調査でも、58.6%と一番高かったそうです。

・都道府県別「一時停止率」ピックアップ

・日本地図で見る都道府県別「一時停止率」

 JAFが去年6月に「ドライバーが一時停止をしない(出来ない)と考えられる理由」と言うインターネットを使ったアンケート調査での上位3つの理由です。
・自車が停車しても、対向車が停止せず危ないから(44.9%)
・後続車が来ておらず、自車が通り過ぎれば歩行者は渡れると思うから(41.1%)
・横断歩道に歩行者が居ても、渡るかどうか分からないから(38.4%)

救急車が来ても一時停止せず路肩に寄せない車も

 子育て情報サイト「ママ・スタジアム」http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3405071 の掲示板に「救急車が後ろからきているのに、どかないやつ」と題したスレッドがあり、スレ主が「いるよね、あれって気づいていないのか、わざとなのか?」と疑問を呈しています。
 これに対して、続々とコメントが寄せられ「救急車来たからハザードつけて止まったら、お爺さん運転の車が、私の車を追い越して前にでた。救急車通れなくなったけど、お爺さんの車はどかなかった」とか「わざとどかない人って、そのせいで人が1人死ぬかもしれないって事分かってやっているのかな」等々。

上記2件の妨害行為それぞれの罰則

 1・横断歩行者等の妨害
   違反点数 2点 反則金(普通自動車) 9000円
 2・緊急車等の妨害
   違反点数 1点 反則金(普通自動車) 6000円

 緊急車には、救急車消防車パトカーだけではなく、電力会社やガス会社の車も含まれており、それらの車がサイレンを鳴らして赤色灯を回転させながら走っている場合には、それらの車の走行を妨害してはいけません。
 もし反則金を払わないと、罰金5万円以下の刑事処分を受ける可能性があります。

障害者の運転免許更新

 一番最初に書いた通り、今年の誕生日は運転免許更新の年でしたが、障害者手帳が交付されてから初めての免許更新でしたので「免許更新のお知らせハガキ」と共に「障害者手帳」も持って所轄の警察署の交通課に行って「免許更新できますでしょうか?」と尋ねました。
 最初に対応した婦人警官は、上司に私の障害者手帳を見せながら何やら話し合いをした後に、私にむかって「今から、あなたの背後で手を叩きますので、何回叩いたか答えて下さい」と言われましたので、聞こえた回数を言うと「聞こえてます大丈夫です、免許更新出来ますよ」と言われました。
 それで「免許証の備考欄に【眼鏡等】みたいに【補聴器等】などと何か書かれるのでしょうか?」と追加の質問をすると「特に何も書かないです」との事で、無事に今回も免許更新できました。

終わりに

 交通心理士の新潟大学の長塚康弘名誉教授によりますと「自動車教習所で運転免許を取得するために勉強した後は、あらためて交通ルールを復習する機会が少ない」と指摘します。
 運転免許取得後、実際に車を運転してみると横断歩道手前で止まる他車が少ないため、その状況に慣れてしまい、自分も同じ様な運転をする様になってしまうとの事です。
 その一方、歩行者にも「できることがある」と言います。
 ただ手を上げるだけでなく、上下左右に大きく手を振り自動車に気がついてもらう努力をする必要があると言います。
 しっかりと「横断歩道を渡りますよ」と意思表示を示して、ドライバーに認知させましょうとの事です。
 今年の「秋の全国交通安全運動」は9月21日(土)~30日(月)に行われましたが、交通安全運動が終わっても引き続き警察は交通違反をしている車を見張っていますよ。
 皆さんも、キチンと交通ルールを守って車やバイクに乗りましょうね。

参考

・あれれ、一時停止は? 横断歩道の歩行者無視220台(朝日新聞デジタル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000014-asahi-soci

・横断歩道で9割が止まらない それはヘンだよ、日本人!(佐川健太郎モーターサイクルジャーナリスト)

https://news.yahoo.co.jp/byline/sagawakentaro/20190923-00143791/

・MoToManiacs co.,Ltd.(佐川健太郎さんのオフィシャルサイトのプロフィール欄)

http://www.motomaniacs.jp/profile.html

・救急車が来ても、どかない! 迷惑車は法的に問題ない?(弁護士ドットコムニュース)

https://www.bengo4.com/c_2/n_10187/

・信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査(2018年調査結果) (JAF「日本自動車連盟」)

https://jaf.or.jp/common/safety-drive/library/survey-report/2018-crosswalk

・障害者制度集10.自動車免許の取得(NPO法人 日本せきずい基金)

http://www.jscf.org/jscf/SIRYOU/s-seido/s10.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です